2018年12月12日

「色とりどりの親子」を見てきました。

先週の土曜日に「色とりどりの親子」を見てきました。12月1日いうことで
毎月1日は映画の日やし土曜やし折角なんで娘と一緒にデートしようとなり、
スカイビルまで行ってきました。シネリーブル一人ではしょっちゅう行って
ますが娘と一緒に行くのは初めてかな。シネコンでやってるような映画しか
今までは一緒に見てこなかったんですがマイノリティの子を持つ親と子を
描いた話やいうことで字幕やけどもう理解できるかもと思て無理やり連行。
分かりやすい映画もいいですが分かり辛くとも一場面でも覚えていて後で
何やったろうと振り返るシーンがあるなら見に行った価値あるかな思います。
いい映画いうより私がもう感じすぎてしまってしばらく放心状態だったん
ですが今はちょっと落ち着いていいドキュメンタリー撮ってもらい感謝です。
6組の親子どれもそれぞれに感じることがあって上手く記録できないのですが。
LGBTの著者から思うこと、私は最近正直、性も結婚も嫡出子もどうでも良い
と思っていて大事なのは人を好きになることで好きな人と一緒に居たいと思う
ことで、ともに命を育んでいくことなのでそれが必ずしも生物学上の異性で
ある必要もないし、絶対籍を入れる必要もないし、結婚した異性から生まれて
こなくてもそれはそれでいいんじゃないかと思っています。自分も夫と結婚
した頃、かなりの年の差があって外野に色々と言われました。子供を身籠った
時も何もしてくれない人たちが心配した振りをして心無い事を言ってきたり
しました。家族のカタチもそれぞれでこうでなければならないはもうあまり
意味をなさないんじゃないかなと思ったりしています。逆にこれまでの形に
ハマった家族のカタチだから幸せというものでもないですし。そんなことを
ずっと考えていたので著者が同姓と結婚し代理母に子供を産んでもらって、
好きな人とその子供を育てているいう場面にいたく感動しました。
こうでなければ結婚したらダメとか結婚してないと子供を産んだらダメとか
そういうのもうなくなっていくといいんじゃないかと思っています。
どんな状況でも愛する人と一緒に生きて幸せでどんな状況でも生まれてきた子
が嫡出子じゃなくても愛に溢れた環境で育っていくといいなぁと願います。
低身長症のカップルが結婚して子供を身籠るんですが母親が低身長症の子が
遺伝的に生まれる可能性についておびえたり心配してたり全くしてなくて
寧ろその方が良いとインタビューで言っているのに清々しい強さを感じました。
私達は五体満足で生まれてくるのが一番幸せだと勝手に決めつけている。
でもどんな状況で生まれてきても結局その後どんな環境でどう育つかの方が
大事なんであって自分達の子供である以上大事に育てて愛し抜いていくという
自信を感じました。その強さにウルウル。
自閉症を育てている母親にも感じるものがありました。身近に自閉児がいる環境
で育ったので親の苦悩も分かるしあの時こうだったら良かったんではないか、
とか思うことも沢山ありましたがそれは誰にも分からない。最良の答えなんて
周りが決めれることでもないのかもしれない。ただ自閉児が自閉児同士言葉は
出来なくともパネルやパソコンを使ってコミュニケーションを取り意思疎通して
友達になっている様には驚きました。健常児ではないことは事実で現実ですが、
それならば何も出来ないかというとそうじゃないしその可能性を光を探り続けて
いく両親には同じ親目線でグッとくるものがありました。
ダウン症の子を持つ母親の「限界を感じている」にも胸に迫るものがありました。
夫が学校でダウン症の子を受け持っていたことがありよく聞いてたのですが彼らの
優しさ、純真さ、優れた面々には本当に心洗われるものがあり親は育てているうち
にその子がかけがえない存在になると。それは子供を持つ親が皆感じる感情と同じ
かあるいは大変なこともある分それ以上なのでしょう。映画で出てきた親子は、
ダウン症だからといってこれだけのことが出来るんだという可能性を突き詰めて
行く感じがあり子供もそれに答えているようでしたが限界を感じた時に改めて、
障害を持っているという事実を拒否してきた現実に向き合うのかもしれないと
思いました。これは本当に難しいと思います。
いずれにしてもこうであるべきとかこうに違いないとか勝手な想像や思い込みで
自らの価値観押し付けて決めつけるのは何か違うと思うし息苦しさを感じます。
マジョリティやろうとマイノリティやろうと人の幸せは人の数だけあってその人
自身が感じることで誰かが勝手に決めることでも同情されることでもない。
映画が終わって同ビルの空中庭園へ娘と一緒に行って世界ビールを飲み大阪の街を
見下ろしながらそんなことを私自身は感じていたのですが、娘はどやったかな。
割と重たい内容ですがお涙頂戴でもなく淡々と描いた良質の作品やと思います。
posted by menchan at 22:17| Comment(0) | 雑記

2018年12月09日

2018年12月2日「RING TWO PEOPLE-参加者全員2人の狂喜乱舞」@尼崎toraに行ってきました。

tora.jpg

2018年12月2日に尼崎toraで行われた「RING TWO PEOPLE-参加者全員2人の狂喜乱舞」
に行ってきました。ずっと気になってて行きたかった箱で、しかも阪神尼崎って!
めっちゃディープなところにあるやん!なおかつ2ピースバンドばかり8バンド集めた
変態企画ってそれだけで飽き足らず全バンドフロアライブて!正気の沙汰とは思えん。
2ピースのバンドさんが最近面白いなと思ってて自分が好きなところではレザニモヲが
代表選手なんですがヒミツノコウドウとか気になってるバンドも2ピース多いので、
めっちゃ楽しみにしてました。2ピースの手を抜けないバチバチ感、良いですよねー。
今回は8バンドのうちkangaroo noteとMerry Ghosts以外は初見のバンドさんばかりで
なんとなんとその中にタイセイさんの新バンド「THE BEANIES」が!というよりこの
復活祭を密かにお祝いするためにわざわざ阪神電車に乗ってやってきたのさ尼崎へ!
時間あれば競艇にでもよろうかと思ってましたが→嘘です、ギャンブルはしませんW
開始時間早めで家の用事してたら結構ギリギリの時間になってしまい土地勘ないし
競艇は諦めました。阪神尼崎!最高やな!商店街ブチ上がります!100円のヒョウ柄
ズボンとか売ってる!ただし試着できないW「冬のソナタ」いう謎の服屋とか、何?
ほんでパチンコ屋の前がなんか臭い。これだよ、これ。下町の商店街は臭いのや!
長い長い中央商店街を抜けてさらにディープな三和商店街いうところのど真ん中に
toraはありました。うっそこんなところにライブハウスあるんいうところですよ。
飲み物は入口の前で販売していて皆さん演奏が終わったら外に出て入口のところで
飲み食いする感じ、なんやねん、これ?いいなぁー。
そしてフロアに着くともうフロアにドドーンとドラムセットが用意されて着座など
許されない感じなんやろうと思ってたんですがなんと皆さんステージから上から目線
で座ってる、いや立ってる人もいるWこのシチュエーション中々ないですよっ
いうわけで始まりましたー狂乱企画。1バンド目「KTB」さん。初見でしたがトップに
相応しいエネルギー溢れるステージが良かった。どうも自分がどこで見たらいいか
ポジショニングに困ってまう感じやったんですがやっぱり演者が近いのは良いです!
2バンド目「Merry Ghosts」さん。以前ヰタセクとの対バンで拝見してカッコええな
思てて今回また見れて嬉しいです。やっぱりステージが近いせいか以前見た時より
迫力が3倍増しくらいになってましたね。女性ドラマーがたまらなくセクシー。
ガン見→ほぼオッサン目線ですみません。お綺麗な方やのにめっちゃカッコいいです。
3バンド目「SMITHMISS」さん。お名前は存じ上げてましたが今回初見です。とにかく
面白い。100円落としたけど気にしてないみたいな歌とか、ディープインパクトがどう
とかいう競馬の歌とかもう最高ですね。ほんで喋りが長いけど面白いんですよー。
4バンド目「吉見拓哉とつゆ知らず」さん。こちらもお名前だけ存じ上げ初見組です。
めっちゃ好き。すごい迫力、エモい。固定ファンの方も結構いらっしゃるみたいで
分かります、分かります。845とかでお名前は良くお見掛けするのでまた見たいなぁ。
5バンド目「kangaroo note」さん。こちらは2回目。8月4日のイベントで拝見しました。
前回もいいなと思てたんですがもう前回とは全然違って別バンドみたいやった。
なんやろ?近いからかなー。静と動のバランスが素晴らしく、もう美しいですねー。
特にドラム。めちゃ好きな音を出さはる。生きた音や。叩いてはる様も本当にカッコいい。
このバンドがめちゃ好きや言う人とお話をしてたんですがこの方も8月4日のイベントに
来られていたらしくなんとなんとその時に私と同じようにTHE CONIESを見て脳天カチ
割られるくらいの衝撃を受け音源「BLUE」を買い求めそして同じようにタイセイさんの
脱退にショックを受け、またタイセイさんの音が聞きたくてこの場にいるという正に
私の同士ともいえる存在!いやいやでもヲタク度では私の方が勝ってますけどね。
この間のパラダイスでのセッションがホンマにヤバかった話なんかもマシンガントーク
して大変盛り上がりました→私だけwwwでその人が大好きなバンドを見つめる眼差し
とライブが終わった後の高揚した顔がなんかとても良くてライブってホンマにええなぁ
とちょっとウルウル感動してしまったんですよね。自分もめっちゃその気持ちわかるし。
人にそんな感動与えるバンドさんってホンマに凄いですね!
6バンド目「Cream can.」さん。和歌山の男女のユニットでとにかく勢いが凄まじかった。
割と好きな人も多いみたいで私も嫌いではないですね。若さほとばしる感じが眩しい。
7バンド目「THE BEANIES」さん。噂の噂のタイセイさんの新バンドです。ドラムにthan
のtaroさんを迎えての新バンド絶対間違いないと確信していました。というか11月20日
のリズムセッションでそのことは確証済みやしなーあとは実際コンファームするだけ。
もう始まってもいないのにのっけから音出しから殺られました。もうアンプに繋いだ
瞬間からアカン。お漏らししそう。ブルブル震える。イントロのインスト曲、OPテーマ
みたいなん、後で聞いたら即興らしいですがなんやねん、おかしいやろーエゲつないわ。
タイセイさん、普段は寡黙な好青年なのですがステージで魅せるめっちゃ冷たい表情が
堪らなくカッコいい。それがまたエゲつない音とリンクしてて絶妙なんやわ!
割と激しいアクションしはるし無駄に動き回ることはないけど音を良く知ってて自然に
出る感じなんやろうなと思います。天性のものやな。taroさんの感情のこもったドラム
と息もピッタリで3曲ほど書下ろしの曲を演らはったんですがその場の全ての空気を呑み
込んでしまうようなそんなとんでもない音でした。私は過呼吸なりながらガン見するのみ。
全体重めの感じでやっぱり声も凄くいい!ほかには居ない天賦の才。お顔もハンサムで
カッコいいですが、カッコいいとか好きとかそういうレベルの言葉で片付けられるような
そんな次元のものではなく脳天カチ割られるような強烈な音です。そやけど心地いい。
またすぐ欲しくなる。欲しくて欲しくてたまらない。その場にいた人もみんなそう思って
たと思います。ご本人至って好青年なのでいつも感謝しまくらはるんですがそのギャップ
にヲタクの私は萌えるんですよねー気持ち悪くて申し訳ございません。
8バンド目「頷けば灰」こちらもお名前は存じ上げてますが初見組。朗読なんかもあり、
表現の仕方が面白いなと思いました。心の深いところをつねるような感じ。良いです。
全体的にめちゃいい雰囲気で今回は特にタイセイさんの復活ライブや言うこともあって
お仲間のタイセイさんに対する愛がフロアいっぱいに感じられいい空間やな思いました。
色んな思いもあったと察しますがタイセイさんも終始楽しそうにしてはってその様子を
電信柱の影から見守っていた私もヲタク冥利に尽きるといったとこで私得な一日でした。
沢山のバンドを見たのですが終始いい雰囲気やったので全く疲れもありませんでした。
ゴスイベントなんかやとお腹いっぱいでヘロヘロになるレベルのバンド数やと思いますが
なんやろなー激しくもあったんですが非常に心地よい空間でtoraのもつ箱の暖かさと
其処に集う人たちのなんやろ「愛」かなと思いましたね。ありがとうございます。
今宵も夜ノコノコ出歩く自由を与えてくれる家族に感謝。またよろしくお願いいたします。
posted by menchan at 23:16| Comment(0) | ライブ

2018/11/25ヰタセクライブ@難波ベアーズ

DSC00580.JPG

DSC00604.JPG

DSC00605.JPG

DSC00611.JPG

DSC00612.JPG

DSC00623.JPG

DSC00618.JPG

DSC00630.JPG

2018年11月25日に難波ベアーズにて行われたヰタセクスアリスのライブに行きました。
VAMPIRE!のレコ発ライブ大阪編は勿論ギューンのアジトのベアーズでwVAMPIRE!大好き
なバンドですが京都で見ることが多いのでまた違った箱で特に大好きなベアーズで見れる
のをめっちゃ楽しみしていました。きっと似合うと思ってたんですよねぇ。ビンゴでした!
ギューンカセットの25周年ということもありこの日はギューンゆかりの方々が勢ぞろい。
1バンド目「Music Start Against Young Assault Again」長くされているバンドさん
やと思うんですがどっかで見たことあるかも知れないんですが恐らく初めて?なんつーか
オルタナティブロック言うんですかね?あまり表現する言葉を持たないんですがめっちゃ
良かったです。機会があったらまた見たいなぁ。
2バンド目「ヰタセクスアリス」出番3番目が多いんですけど今回2番手。いやーもうこの日
のセトリが最高過ぎて!マンダレイソングから始まってメランコリックなんとかいう新曲で
繋ぎ、ドラフラにレーゾンデイトルにティアドロップのギター来て最後は「幻想のリリー」
もうセトリ凄すぎ。好きな曲いっぱいあってやって欲しい曲だらけで毎回その希望は
いい意味で裏切られるんですがこの日は待望の「幻想のリリー」が聞けた!長らくご無沙汰
してたんでホンマに嬉しいしやっぱり名曲やと思うしVITAの中では一番ヰタセクのこれや
いうところを魅せつける曲やと思うし、この5人でしかできないと思うし、胸アツでした。
「幻想のリリー」はヰタセクが6年の休止期間を経て復活して行った次のライブで聞いた、
新曲で(復活ライブは私は参戦してません→悔し泣き!)その時はドラムは確か伴野さん
やったと思うんですが復活後すぐに新曲描いてくるなんて流石や思たん覚えてます。
「風のダンデライオン」もですよねー。けど初っ端聞いた時なんや難しいそうな曲やなー
いう印象やったんですよね。それがライブを重ねるごとにブラッシュアップされていって
アルバムテイク時にはもうグワングワンのゆらんゆらんで物凄いことになってました。
そんで久しぶりに聞いたリリーはまた新鮮で新曲みたいやった。無礼人さん演劇的なセンス
もあるし「遅れてきた男」と「幻想のリリー」と「天井桟敷のように」はそのセンスが存分
に生かされた名曲やと思うんです。ホンマ好き。
マンダレイソングのカバーは前回のライブでもやってはったんですが「らぶひるたぁ」で
色々実験的?にやってはることもドンドンぶっこんできて、その上このタイミングで新曲
とか凄すぎて笑います。以前お聞きしたんですがヰタセクはガンガン曲を描いて描いて
描きまくるらしくてバンドサイドでお蔵入りになることも多く、けど出来る方達ですから
サラサラーとアレンジしてライブでは仕上げてきはる。でこれまたライブを通じて洗練
されていくのは流石です。その過程をやっぱりずっと見たいと思う稀有なバンド。
また「らぶひるたぁ」ではヰタセクの曲でも私の宇宙のアコースティックとか聞けたりして
皆さん色んな活動から色んな相乗効果を得て集結した時に最大のパワーを発する、すごい。
いつも挑戦的で新しくて面白い、ヰタセクスアリスが本当に好きです。
3バンド目「ソープ嬢変死」さん。こちらは少し前に拝見したんですがその時は2人体制で
今回はギターの方も入ってスリーピースで。このギターの方が中々良かった。すごく土着
的な感じでちょっとお祭りっぽさもあり呪術的な感じもする。余所にちょっとないですね。
私ちょっと次のVAMPIRE!に備えて体力温存のために着座鑑賞。
4バンド目「VAMPIRE!」のっけから飛ばす飛ばす。和田さん今日はウシみたいなシャツが
めっちゃオシャレで可愛い。キャラがなんともキュートでいいんですよねーみんな大好き。
そしてそして栗本さんのベースがともかく素晴らしい。音は当然のこともう所作が本当に
美しくて聞き惚れ見とれてしまうほどでした。雅楽とかそういった類の音楽されてはった
んかな思うくらい所作が本当に美しい。ドセンでガン見で本当に申し訳ございません。
レコ発パーティーいうことでもうフロアもガンガンに踊りまくり。ベアーズでこんな踊るん
結構珍しくないか?いうくらい皆暴れてましたし私もヲタ芸を披露。というかそんなつもり
は毛頭なかったんですがAYAさんに「OTsanヲタ芸後ろから見たらウケる」と嬉しいお言葉
を頂戴いたしまして嗚呼私って無意識にヲタ芸してたんやって再認識しました→可笑しい。
いい音楽を前にするとライブ中は相当頭おかしくなるので仕方がないです。脳内麻薬出捲り
のVAMPIRE!の音前にしてやし許してください。2ndも無事ゲットしました!
ヰタセクの年内のライブはこれで終了で無事に残月俺カレンダーもGETいたしました!!
今年はちょっと一風変わったデザインでええ感じです。毎年毎年作って皆さんに配布して、
ライブに来れない人には発送とかしてはると聞いてます。脱帽。師匠本当に尊敬します。
ヰタセク新年の一発目は久々の夜想で1月19日対バンもまたVAMPIRE!にあなぞらにvice!
これはすごい夜になる!来年のこと言うたら鬼が笑いますが心待ちにしたいと思てます。
演者の皆さま、今宵も素晴らしい演奏をありがとうございます。そして今宵も夜フラフラ
出掛ける自由をくれる家族には本当に感謝しています。今後ともよろしく!
posted by menchan at 20:58| Comment(0) | ヰタセク