2018年09月08日

THE CONIES「BLUE」

DlasNbmUwAAYEPw.jpg

THE CONIESの「BLUE」8月4日のライブで購入して200回以上は聞いたと思います。
ライブに1度しかいけず知るのが遅すぎた。簡単に言うとドラムとベースの2ピース
オルタナティブロックバンド言うことになるんでしょうけどそんな一言で言って
しまえるものではなかった。ハッキリ言って2人の出す音と違います。大きなロック
フェスで海外の大物バンドがゲストでやってきたみたいな感じの迫力→知らんけど。
ドラムもめちゃいいんですがこのバンドの肝はやはりベース!普通のベースとは
ちゃいます。ドラムと一緒にリズム隊に徹しているそんなベースとは違います。
リードギターならぬリードベース、しかししっかりリズム隊としての機能もある。
なんなん?そして時折聞こえるグシャグシャのファズギターみたいな音、歪んでる。
と思たらベースの方元々ギターを弾いてはったそうで、まあそういう人多いですね。
それにしても最高やなーベースでここまで殺られたらベース好きの私はもうアカン。
1曲1曲はいたってシンプルなリフの繰り返しですし歌詞も基本そんな感じです。
がそのリフのセンスがすこぶるカッコいい!歌詞も何コレ?短すぎなんですけども
もう音が強烈にカッコいいので正直歌詞にそないに意味なくて良くよくないか?
ってなっています。基本私は日本語の歌詞がきちんとした歌モノが好きなんですが
本物を前にしたら自分の好みなどもうどうでも良くなるというかひれ伏します。
で1曲1曲が3分に満たない位の短さなのもまた良い。通勤時間のピッタリサイズです。
名盤です!

1.Shark man
イントロがもう凶悪そのもの。なんか良くないもん呼び出してしまったんちゃうか
言うくらい不気味です。ミドルテンポで重たいリフの繰り返し。そこに乗る気怠い
ボーカル。雄たけんでるのにそう感じさせないのはボーカルの声質かな。
アルバムの初っ端に持ってくるとは!やりおるのっです!

2.TANKER
Youtubeで映像もありますが文句なし笑うくらいカッコいいです。映像の再生回数
ほとんど私やろ?言うくらい毎日見るのが日課になっています。少し早めのテンポ
ですが早すぎないのがいい。ドラムの方も、歌えるので迫力のある咆哮も入って
曲の重みと深みが増してます。しかしリードボーカルのなんつー気怠さ。この曲
なんかはかなり爽やかに歌い上げている方やと思いますが気怠さがセクシーですね。
イヤホンで爆音で聞くとホンマにいっろんな音が入ってて実際ライブもそうやった
んでホンマにどうなってるの?な変態編成です。

3.Hide & Seek
ハッキリ言うと以前の自分やったら絶対聞かなかったような音楽やと思います。
そやけど音楽ってカテゴリやのうて自分がそのバンドの出す音が好きか否かなんや
って思わせてくれた曲。1音1音出す音のセンスがいちいち最高にカッコいいです。
雄たけび対決もお二人の声質が違って持ってきかたもいちいちセンスがいいです。

4.Sadiction
Blueの中では長めの曲なのかな。疾走感バリっバリの3分半ですが転換が痺れる
くらいカッコいいです。基本曲メロもシンプルでそんなに転換もないのですが、
なんなんやろなーSadictionは特に自分の中では昇天系の曲という位置づけで、
仕事帰りに聞いてると2分に1回は逝ってしまいます。細かいリズムの取り方も
上手いなぁ思いますね。そないに洗練された曲いう感じでもないんやけどな。
どの曲も基本的に贅肉そぎ落としたシンプルな感じなのでそれやのにこんなに
カッコいいっていうのはもう美しささえ感じる。Sadiction大好きです。

5.RainFall
Blueの中ではちょっと異色な曲。こういう曲も描くなんてそんで5曲目にしれっと
入れてくるあたりが憎いです。降雨ですからそのまんまなんやけど亜熱帯で会う
スコールのイメージでショートフィルムでも取りたいわいう気になる爽やかな曲。
そやのに転換で突然入るグシャグシャのギターみたいな音w最高です。
ボーカルは只管甘くて気怠くて可愛い声です。なんやねん?これ?メロメロか?
朝聞いてたら会社行くの嫌になってそのまま熱帯安楽椅子したくなるので注意です。

6.24 hedgehog
ドラムとベースが音だけでなくボーカルでも対決。声質が違うのでホンマに面白い。
太棹から入って気怠い依れた感じにつなぐ→サビでドッキングみたいな。声質も
違うんですけど潰しあう感じはなくお互いクリアに聞こえるんで不思議。相性が
いいのかな。

7.BLASTER
曲者ぞろいのBlueの中では割と素通りして聞いてしまう曲なんですが入りと繋ぎが
めちゃカッコ良くて気に入っています。要らないものは徹底的に除いて、要るものは
徹底的に入れていく、但しそんなにキッチリせず緩い遊びみたいなもんも残してく
上手く言えんのですがその辺りが曲に表れてて抜きと差しが分かってるなぁ思います。

8.Shredder
入りがとにかくめちゃ好き。そんでその旋律がままサビに表れるからたまりません。
間奏のベースも結構きっつい重い音出してはるんですけどガチガチにハメて決める
音じゃないし揺れてるんですよねー語彙力があまりなくてうまく伝わらない。一種の
揺らぎみたいなんがあるから轟音でも爆音でも聞いてて疲れない。むしろ心地いい。
Shredderはそのバランスが絶妙な曲。

こんなに聞いたアルバムはヰタセクの2nd以来かも知れません。純粋に音だけで聞き
まくったというなら高校生の時ハマったDeepPerpleの「Perfect Stranger」以来かも?
重たい音ですがシンプルでホントにカッコいいので疲れないです。1曲1曲も短くて
とても聞きやすい。で聞けば聞くほど色んな発見が!青沼、下半期の事件です。
posted by menchan at 12:37| Comment(0) | 雑記

2018年09月02日

入試説明会など

娘が受験する予定の中学校で行われた入試説明会に行ってきました。
5年生で実際受験するまでは時間があるので早いかなと思いつつ参加。
彼女の中学受験は彼女が生まれた時から夫に言われていて私は教育の
ことはよく分かりませんがとにかく資金面担当で準備してきました。
一人娘で低所得者層ながらも共働きで安い分譲団地住まいで車も家も
ローンのない気楽な感じなので出来ることやとは思てます。
高校は受験して自由に選ぶことが出来ますが中学は通常私学を受験
しないと近所の公立に通うしか選択肢がない。その公立が荒れていた
場合の対策として中学受験は十分に視野に入れておかないとアカンの
で資金面はきちんとしておくようにと夫には言われていました。
夫は私よりずっと賢い人なのでまあ私はお金を貯めるだけです。
財政面は職業柄夫より私の方が優れています。
教育のことはよく分かりませんが私が一つだけ思うことは出会う人に
よって人生が変わるので彼女がインスピレーションを感じる人に出会
える環境はお金を出してでも購入しないとダメや言うことです。
彼女は結婚するかも知れないし、一人でいるかもしれない。そやけど
必ず人とは出会うし誰かと一緒にいるでしょう。どんな人と出会うか
によって彼女の人生も考え方も生き方も大きく違ったものになる。
良い悪いは後に彼女の判断に委ねられると思いますが彼女が面白いと
興味を持つ人と出会って彼女自身が何かを感じて行動してほしいです。
その行動の素養となるものはやはり教育なのかなとは思います。
私自身遅ればせながら社会に出てから大学に入って人生変わりました。
人間学歴が全てではないですが教養は大事です。本当に大切です。
学校選考はなんとなく私が行いました。超難関校ではなく普通に努力
して頑張ったら入れて伸び伸びと学校生活を送り高校受験指導をして
くれる3年コースのある学校。選択の余地はあまりなかったのですが、
通える距離に運よくありましたのでほぼそちらに絞っています。
受験組は4年から塾に通って勉強する子が多いのですがそんなに早い
時期からではなくある程度のほほんとした小学生時代も満喫して欲しい。
そんな時間はあまり長くはないのですから。そうは言ってもあまり
のんびりしていられないので秋頃から通塾を考えています。ちょうど
学童も休みがちになってきたところでたまたま学童の費用と同額の
塾が近所にありそちらに通ってもらおうかと思っています。
3万-4万円もするような高額なレベルの高い塾に通わす経済的な余裕は
ありませんので月額7,000円のアットホームな塾でその程度で十分です。
入学金も授業料も正直安くはありません。特待生制度があると言ったら
娘さん「お金くれるんやったら特待生目指してもいい」と言出しました。
それ何の意味があるねん?入試説明会はぼんやりとした部分がクリアに
なってとても良かったと思います。英検合格者には加点があるなどの
制度も知らなかったし学校の雰囲気も学生の態度も知れて有意義でした。
娘は数学の体験授業を受け中々難しい問題をさせられていたみたいで、
ちょっと興奮気味で帰ってきました。帰りに誕生日の準備品を買うため
京橋のイオンに寄ったのですが色々回らされて思いの外疲れました。
とりあえず親子共1月の英検に向けて秋からボチボチ勉強開始です。
そして再来年の1月の娘の受験に向けて私も1月にFP1級受験します。
一緒に頑張ろうぜ。
posted by menchan at 18:27| Comment(0) | 育児

そして1年

40代で2回目の転職をして1年が経ちました。41歳で収入を追い求めて
転職した職場で失敗し2年で挫折。43歳でもう一度再就職活動でした。
正直きつかったですが自分が思っているほど仕事がないわけでもなく
また40歳という年齢のハードルも思てたより高くはなかったです。
3社内定をもらったうちの一番返事が早かったところに決めました。
天秤にかけて比べるというのが苦手です。仕事は縁やと思てます。
片手では数えきれないほど転職しているので移動することに恐れは
ないのですが縁がない職場はやはり長続きしないと思います。
そして私の場合ですが一緒に働く人を好きになれない会社はダメな
ようです。気の合わない上司と上手く付き合う術みたいな文章をよく
見かけるのですが努力してもダメなものはダメだし相手はそう簡単に
変わりません。職場の環境も然り。努力はしても苦労や我慢ばできない
性分なのでそうなったときに自分がいつでも移れるスキルは最低限
身に着けておかないと食べていけないなと実感しています。
今の会社に転職して1年。色々本当に大変なこともありましたが結局
経営者と上司と一緒に働く仲間に恵まれて私のことを大事に思って
一緒に仕事をしてきてくれたので頑張れたと思います。そして今まで
自分がやってこなかった仕事も沢山経験させてもらいました。とても
成長したと思います。その山を越えれるか不安で仕方なかった時も
ありましたが越えれなかったとしても命まではとらない、そう思って
やってきて結果自分の血肉になっているので良かったです。
1年でマイナスをゼロに戻した程度で、これからやらなければならない
ことは山ほどありますが、自分に足らない知識をもっと勉強しつつ、
一歩一歩乗り越えていけたらなと思っています。頑張ります。
泥んこ人生ですが思てるほど悪くない。人は何度でもやり直せます。
posted by menchan at 17:48| Comment(0) | 仕事