2019年06月17日

2019年6月4日NEMU presents「The Fragile」@SocoreFactoryへ行ってきました。

DSC03334.jpg

2019年6月4日SororeFactoryのNEMU presents「The Fragile」へ行きました。
この日はFIFTHNEWHEAVYの3rdアルバム全国リリース前夜祭いうことで対バンは京都の
EATにTSUKAさんのThe ProbesにNEMU(主催者です。)イカン手はないでしょう?
というか5月3日にFIFTHの3rdアルバムを入手してその盤の出来の良さにドはまりして
5月17日のライブで1stを手に入れてこれまた深みに、また更にこの日2ndを手に入れて
もう沼から這い上がれなくなるんですけどね。それについてはまた後程別の劇場にて。
20時スタートと遅めなので折角のリリパやし私マイホビーのブルーローズを求めて京橋
を徘徊してたんですけど地元では1輪500円で売ってるのに予約で3000円もすると言われ
あっさり玉砕、ごめんよ涙。まぁ勝手に生花送られても迷惑やろうし、ええか?
と自分を言い聞かせてやってきたのさソーコアファクトリー!最初に来たのは結構
キツいイベントやってリキッドバタフライを見に来たんですが顔がないとか盆と正月
とかなかなか面白い顔ぶれやったな。ええブッキング当ててくるなと思った記憶があり
そんでステージがめちゃくちゃ高い!見上げてごらんソーコアのステージを、首痛なるわ。
いやいやフロアで一体化するライブ最高に好きですけどこの高いステージで照明ガンガン
に浴びながら押しを拝み倒す至福と言ったらない!音もいいし好きなんですよーソーコア。
鰻の寝床みたいな縦長の箱でDJブースが真ん中にあり結構独特な作りなんですよね。
1バンド目「The Probes」ノラ一味のTSUKAさんのバンドで外国の人がギターボーカルで
ドラムはTSUKAMAROの人でベースが女性。つーかTSUKAMAROいてる!前回アトランで
TSUKAMAROにハートをぶち抜かれまたしても本日The ProbesでTSUKAさんに釘付け。
もうねー何から何まで好きなんですよ。フワフワの髪の毛やらギターの弾き方やら出立ち
やら音に関してはもうギター神か?いう位申分なし!サウンドもご機嫌で堪能しました。
2バンド目「EAT」前から見たいと思ってたんですよね。京都には時々妖怪みたいなバンド
が居てて自分の中では「不祀」もそうなんですけど案の定EATもそやった。とにかく凄い
音圧。もう機材が半端ないし地鳴りのするような音。そんで視界先が50センチも見えない
位のスモーク。トイレ行かれへんやんっ先行っといてヨカタ!好き嫌いハッキリ分かれる
と思いますが私は音が襲ってくるようなこの感じ、めっちゃ好き。また感じたいです。
3バンド目「FIFTHNEWHEAVY」初見ではただカッコいいバンドやなーくらいしか思って
なかったのに・・・音源死ぬほど聞いてライブに向かうとホンマに隅々までカッコいい。
完全に音惚れから始まって沼なんですがFIFTHの何が好きって音楽に対する姿勢なんです
よねー。作品に対する徹底的な拘り、自らで映像編集くらい出来るやろうに変態映像作家
に制限なしでMV制作を依頼する化学反応を楽しんでるかのような余裕と潔さ、洗練された
アートワーク、貪欲な取りに行く姿勢、そんで何よりもブレと媚のなさに殺られました。
ロックってそういうアティチュードなんやないかなと私自身は思っていてええ音楽やって
ても中々そこまでブレずに貫き通すって大変やと思います。それは生き方の問題でもある。
曲げなアカンこととか唇噛んで我慢せなアカンこととか生きてたらいっぱいあるんですが
それでも自分はこれだけは譲れんいうプライドみたいなん。ギラッギラにFIFTHにはある。
まあ私中身オッサンなんでそういうとこに堪らなく惹かれるし男女問わずFIFTHカッコいい
ってなる理由があるんやと思てます。勿論音は一音漏らさずカッコいいのですが!
ライブはEATのスモークの残骸が濃く残っててそれが照明に照らされたFIFTHのシルエット
を美しく映し出し映画を見てるみたいでした。唸るベース音に歪みまくりのギター、
若干曇りがあるものの通る楽器音みたいなボーカル畳みかけるように攻めてくるリズム。
高いステージから飛び散る汗が最高のエロス。こぶし振り上げて狂う観客。最高でした。
終始音と交わってるエクスタシーを感じてもう何がなんやら分らんくなって昇天!!
ええ思いさせてもらいました。もうFIFTH沼から死ぬまで抜けられそうにありません・・・
次回21日の火影はフロアライブなのでぐちゃぐちゃになること必須で出来るだけ沢山の
人とFIFTHの音宙を泳ぎたいなぁとぼんやり妄想してます。→行くんかいっ行きますとも。
4バンド目「NEMU」お初にお目にかかりますがお名前は以前から存じ上げていて見たいな
と思ってたんで今回見れて良かった!最初は「ん?」って感じやったんですが段々と上げて
来てベースボーカルの方の気怠い歌も印象的でサイケで浮遊する感じなんやけど底知れぬ
闇に落とされていくような暗さもありかなり好みです。気持ちいいしカッコいい!
アンコールも大変心地よく楽しませていただきました。企画有難うございます。
いやー楽しかったなソーコアファクトリー!演者の皆さま、素晴らしい演奏を本当に
有難うございます!そして夜ノコノコお出かけする自由をくれる家族の皆様には本当に
感謝しております。今後もしっかり働くからライブ行かせてください、宜しく。

※写真は燃滾るFIFTHNEWHEAVY。もうシルエットだけで魅せるシルエットロマンスや。
現場の人間も燃えました・・・現場からは以上です。
posted by menchan at 23:16| Comment(0) | ライブ

2019年06月03日

2019年5月26日面黒楼卍企画@難波BEARSへ行ってきました。

DSC03248.jpg

2019年5月26日面黒楼卍企画@難波BEARSへ行ってきました。面黒さんの鉄板企画。
自分が行った中では外したことなくてノラ一味もリキバタもバビロンブレーカーズ
も持田桐さんも全部面黒さんの企画で知りました。彼女の音に対する審美眼は信用
していてというより私は彼女が単に好きなだけなのかもしれないですけど。
初めて面黒楼卍という文字の書かれたフライヤーを見た時ビビッとくるものがあり
ワタシ結構バンド名だけで検索して良いの悪いの嗅ぎ分けてライブに行ったりする
ことあるんですけど絶望的な鍵盤の美しさに引きちぎるような声、そして私が見た
ころは白塗りで武装をしていて強烈なインパクトで、でもまた見たくて仕方が
なかった。のちに面黒さんが元苺楽団の方と知り、丸木はま子さんであったことを
知り益々彼女の世界観に惹かれていくようになりました。あの時あの場所で見た人
やん!世間は狭いですね。繋がっている・・・丸木はま子さんは私の大好きな
ハマモーさんと一緒にユニットで演奏されていた時期もありハマモーさんのアルバム
では一緒に作品を作られています。これがもう名盤。恐らく後にも先にもこんな
絶妙な息の合ったアルバムは出ないんじゃないかと言うくらいに美しいです。
と面黒さんのことを語るとキリがないのでこのくらいにしときますけどもこの企画
の後しばらく休養されると聞いていたので絶対お休みする訳にはイカンと5月一番に
予定を入れていました。とんでもない夜を企画しているとの噂は聞いてたんですが
発表出た時ビックリしました。面黒さんの戦友?であるユーテロさんに世界を股に
かける轟音ツーピースMOJA、そして大好物のBIRUSHANAHに後藤まりこさん!
場所は私のライブデビューの聖地難波ベアーズ。面白いブッキングはベアーズにあり。
今でこそ新しい楽しい箱も沢山ありますが私はやっぱりベアーズに戻ってきてしまう。
今後も移転とかなしに末永く続けて行ってほしい大事な大事なライブハウスです。
さてさてスタート18時半と早めやったんですがどうせベアーズやしオシオシで始まる
んやろうと油断して5分お遅刻で乗り込んだら面黒さん、もう始まっとるやないの!
人も多くてあれやったんですがすり抜けすり抜けドセンキープ!いつもすみません。
少し前に髪を切った面黒さん、白塗り武装もやめて心のタカを外してとても良い
表情で相も変わらず絶望的に美しい狂った鍵盤と歌唱をあのベアーズの闇に轟かせ
てくれました。色んな箱で面黒さんみたけどベアーズで見るん初めてか?似合う!!
ワタシを見つけてニッコリ微笑んでくださり、なんつー有難きしあわせ!気のせい?
まぁいいんですよ、気のせいでも!絶望の中にある光言うんかなーそういう音楽が
好きでハチャメチャに明るいのもいいんでしょうけどたぶん根が暗いんですね、私。
歪んだノイズとかうねりとか実生活では割と排除して生きやなアカンこというんかな、
そやけど人には多かれ少なかれそういうところがあると思うんですよ。自分の中に
あるそういうもん肯定してくれる音やったり表現やったりしてくれる人が好きです。
言うまでもなく今夜も面黒さんは私のどす黒い渦にドンピシャやったんですけども
それでもとても穏やかに本当に自分の作りたいものを作って表現している自信に
溢れているように思えてやっぱり美しかったです。
2番目「MOJA」面黒さんからとにかくすごいバンドやと聞いており、私今回初見です
が目ん玉飛び出ました。平たく言うとベースとドラムの轟音ツーピースなんですけど
なにあれーいう機材で特にベースの人どこをどうとってどんな風に音出してるのか、
全然わかんない!アグレッシブな別嬪さんのドラムももの凄くてこれ何処でやっても
万国共通無条件に楽しいわ。ツーピースと音の可能性を追求した感じで何よりも
技術云々じゃなく(勿論技術は凄いと思います)観客が感じて楽しい音を出してくる。
東京のバンドやと言うことで中々見れんのですがまた機会があったら見たいです。
3番目「UTEROZZZAAA」ユーテロさんも面黒さんの企画で知ってもう何回見たかなぁ。
とにかく持ってくる音ひとつひとつが好きなんですよねー。初めて見た時夜想やった
と思いますが隣にいた外国の人が「あんまり」いうてはったんですけど私全力で
その言葉を否定しました。自分もライブハウスにはバンドの演奏を聞きに行っている
のでDJのかける音楽とか正直あまり興味がなかったし、デジタル音パキパキ流さはる
みたいなん苦手やったんですけどそれはその流している音が苦手なだけであって、
好きな音やったらバンドサウンドでなくてもそこに音があれば何でもいいんやと
いうことをユーテロさんが教えてくれたんですよね。無条件に音と共にアホになれる。
→すいません。とにかく楽しい。蘊蓄など要らない。サイバーパンク最高です!
4番目「BIRUSHANAH」前回2月にDISGUNDERが火影に来た時に初めて見たんですが
のっけから尺八でロングセットで入ってこられて和楽器好きな私はもう撃ち抜かれた。
今回は尺八なしの編成やったんですけど佐野さんの金属太古マジで凄いわ。
金属太古とドラムと唸りまくるギターのスリーピースなんですけど原始太古の音に
アクセルするかのような感じで言葉が意味を持つ前の音・踊り・祝い・祈りとか、
上手く言えないんですけどビンビンに感じてしまってあきませんでした。
唸りまくるギターもエレクトロなのに何故か人間らしい熱をガンガンに発してて
1曲1曲めちゃ長いんですけどもっとやって欲しかった。気持ち良すぎる。
5番目の後藤まりこさんはワタクシ途中でお暇したんですけれどもドア付近で面黒
さんにご挨拶させてもらって少しお話し出来ました。とにかく良い夜やったいうこと
としつこくお待ちしてますいうことをお伝えしてベアーズを後にしました。
お久しぶりにお会いする人、大好きな人、顔と名前がやっと一致した人、色んな人
と素敵な夜を共有出来て本当に良かったです。転換でリキバタの1stがかかりまくって
たのも面黒さんのリスペクトが感じられて良かった。きっと京都に届いたと思います。
演者の皆さま、素敵な夜を本当にありがとうございました。そしていつも夜出かける
自由をくれる家族の皆様には頭が上がりません。明日も宜しくお願いします。
posted by menchan at 21:10| Comment(0) | ライブ

2019年06月02日

小学校生活最後の運動会

今日娘の小学校生活最後の運動会がありました。6学年全体で1000人超えの
マンモス校でいつも団演くらいしか見に行かないので小学校の運動会は
この5年間でそんなに思い入れがないのですが(スマン)今年は凄かった。
組体操も騎馬戦も中止になる中で20分以上にも及ぶ団体演技構成が凄い。
考えはったのは娘のクラスの担任の先生でこの先生には彼女が2年生の頃に
一度担任を持っていただいているのですがめちゃイケメンの熱血女教師。
超体育会系で真直ぐな誠実な先生です。お母さん方にもカッコいいと人気。
演劇をされているそうで誤魔化さない姿勢に子供達にも人気があります。
1年生の頃から6年間娘の学年を指導していただいているのでほぼ主任と
いっても過言ではないかな。学校に入学した当初は若々しいフレッシュな
感じだった先生もすっかり中堅のベテラン先生に。そりゃ私も初老なるで。
赤色の襟を差し色にした黒い長い法被を羽織った6年生が総勢210人出てきた
だけで迫力があり鳥肌もんやったのに1-5年生の頃の団演の簡単な振り返り
プチロードムービー的な編集となんちゃって組体操は技術は高くはないけど
魅せる構成が考えられていてそれだけでも見応え十分なのにそこからの
ソーラン節。腰を低く落としてキレッキレの演技をする子供達。迫力のある
掛け声。舞い上がり振られるクラスの大漁旗。ゾワゾワしてなんか1本の
ショートムービーを見ているようでした。なんなん?これ???
何より一人一人の子供が一生懸命に懸ける姿に心が動かされました。熱い。
娘のクラスの大漁旗は娘のデザインが採用されており彼女も嬉しかった
みたいです。小さい事なんですけどちょっとした成功や一生懸命頑張った
ことの積み重ねってめっちゃ大事やと思うんですよね。結局ことを成すって
そういうことの積み重ねなんちゃうかなと感じます。生まれて保育園時代
からそうやったんですけど娘の学年全体がなんとなく前向いて頑張ってこう
みたいな空気感の漂う学年で、これまで子育てをしてきてあまりややこしい
揉め事がありませんでした。まあ彼女本人にしたら細かい小さい悩み事は
沢山あるみたいですけど母は割とおおらかに構えて学校や先生を信頼して
彼女自身が色々考えて解決できるよう見守っていく姿勢できました。
友達との揉め事も相談は受けたことは幾度かありますが学校で当事者と
先生を交えて話し合いの場を設けてもらい解決してきたようです。
私のお腹の中から産声を上げてもうすぐ12年になる娘。生まれた時から彼女
の人格を尊重し私は単なるお世話係として彼女の成長を邪魔しないように
だけをモットーに子育てしてきました。彼女の世界もどんどん広がりを
みせており、近いうち親から巣立っていくのでしょう。成人まであと少し。
私自身も大人としてしっかり彼女と対峙できるよう一緒に成長したいです。
一生懸命に皆で頑張る姿がとてもキラキラしていて眩しかった。いつも
ご指導ご鞭撻をいただいている先生方に感謝、そして頑張った子供達に拍手
を贈りたいと思います。お疲れさん。
posted by menchan at 19:30| Comment(0) | 育児