2017年04月09日

「SING」を見てきました。

春休みも最後の週末、土曜日に映画「SING」を見てきました。
子供と一緒に見れる映画ということで色々候補はあったんですが
「ドラえもん」は嫌やし「モアナ」も気が進まなかったんで
下調べもなしになんか動物が歌うって面白そうと思いチョイス。
娘はあらかじめyoutubeなどで見てたみたいで斎藤さんがどうこう
言ってましたが特に過度な期待はせずに映画館へ。プリキュアの
ように親子券とかあるといいんですけど、前売も買ってないので
きっちり2800円払いました。しかし最近はネットで予約できるので
シアターに着いてからが楽でいいですね。
特に期待はしてなかったんですが予想を裏切る面白さでした!!
動物に人間の代わりをさせるってのがまずいいし、コアラが
ショーの冒頭で「すべての生き物たちに捧ぐ」っていうのがいい!
ストーリは単純で「お金より自己実現、歌を通して見つける自分」
みたいな内容なんですが、スピード感もあるし、往年の名曲も沢山。
何より動物たちが生き生き描かれていてキャラクター設定もいいし、
ちょっと唐突過ぎるストーリーも動物だしありなんじゃないかと
思えるから不思議。人間だと生々しくなる描写も動物アニメという
ことでサラッと楽しめます。私は子供と見たので吹き替え版を見たの
ですが歌はなんといってもMISIAの圧巻でした。特に前予習もしては
いなかったので誰が象のミーナの役をしているか知りませんでしたが
あれだけ歌えるのはたぶん日本の女性ミュージシャンはMISIAやろな
と思ったら案の定ビンゴでしたね。吹き替えも上手だったし声優と
しても一流でいやーなんでもできるんやなと感心しました。
そしてもう一人。女優長澤まさみが歌も一流やったということ!!
もちろん女優さんなので舞台に立つこともあるやろうしトレーニング
は受けてるでしょうが下手なシンガーソングライターより上手い!
あとSINGには往年の名曲が60曲出てくるのですがほぼ英語圏の曲で
日本の曲は皆無かと思いきや!きゃりーの曲が3曲使用されてました!
きゃりー強い!英語圏では英語以外の曲が受け入れられにくいと聞いた
ことがありセリーヌディオンもそのために夫のレネから英語をマスター
するように勧められたそうですが、言葉の壁とか関係ないきゃりーは
ホントのホントにワールドワイドなんやと思いました。好き嫌いは
ともかく(私はどちらかというと苦手です)日本の音楽と言えば、
もしかしたら初音ミクときゃりーぱみゅぱみゅとBABY METALなのかも
知れないなと思ったりしました。
夢は叶うぅとか、追いかけてるだけじゃダメ掴むものよぉみたいな、
ドリーミングな映画に素直に感動するには年を取り過ぎているので
一人で見に行くにはまずチョイスしない映画ですが、子供と一緒に
行くにはお勧めです。親子で純粋に楽しくホロッとくる場面もあります。
当の娘はとても楽しかったようで春休みの母のミッションは完了です。
再来週は一人で「攻殻機動隊」を見に行こうと思います(^^)
posted by menchan at 20:42| Comment(0) | 雑記

マティスとルオー展を見てきました。

4月4日からあべのハルカス美術館で始まったマティスとルオー展に
家族で行ってきました。考えたら娘は春休みで毎日学童なもんで親は
そんなに休みを意識しないんですが何処へも連れて行ってないなと
いうことになり、平日の主人の休みに合わせて私も無理やり有給を
取り(とったもん勝ちです)家族で行ってきました。
休日でも良かったんですが主人が新地のつるとんたんという饂飩屋に
どうしても娘を連れていきたかったらしく平日になりました。
つるとんたん、私は初めて行ったのですがたかが饂飩屋されど饂飩屋。
中々話題になるのは分かるなといった感じでした。娘は蕨餅にご満悦
だったようです。二人はジュンク堂へ本を見に行き、一旦私と別行動
になり、私は定期をしたり、親戚の子供の入学祝を送ったりと平日に
しかできない用事を済ませて再び二人と合流してあべのハルカスへ。
私は一度食事をしに来たことがありますが、二人は初ハルカスです。
当初は上まで登るつもりでいましたが大人1500円とか高過ぎ!!
16階の美術館前にテラスがあり動物園も通天閣も見下ろしいっかと
なりました。さてさて肝心のマティスとルオー展ですが・・・
ルオーは好きな画家で汐留の美術館でルオー展を既に見てたのですが
マティスと交流があったのはあまり知りませんでした。二人ともモロー
が恩師だったのですね。これもまた知りませんでした。無学すぎ。
ルオーの絵が多いように感じましたがマティスの切り絵が気になり
色々帰って調べていると彼は癌に侵され絵を思うように描けなくなって
はさみを片手に色々な切り絵を描くようになったのだそうです。
晩年の彼の作品が好きです。ウォーホールはマティスになりたかった
そうですが、絵筆を自由に操れなくなっても表現することは出来るん
ですね。そしてその作品がまた素晴らしい。シンプルな中に伝わる
メッセージがあるというか、シンプルにすればするほど本質が透けて
見えるような気がしてバーンズ財団の壁画「ダンス2」とか好きですね。
見てみたいなー。晩年の作品をまた調べてみようと思います。
ハルカス美術館の土産物屋でムンクの「叫び」の木製首振人形をゲット!
リビングのテレビ台の上で叫んでます。マティスとルオーの絵に娘は
何を感じたかな。ちょっとした旅行気分を味わった平日の休日でした。
posted by menchan at 19:38| Comment(0) | 雑記

桜花2017

DSC05956.JPG

DSC05955.JPG

DSC05954.JPG

DSC05961.JPG

DSC05964.JPG

DSC05965.JPG
posted by menchan at 19:14| Comment(0) | 写真