2017年05月28日

置かれた場所で咲かない

少し前に購入したヤマザキマリさんの「男性論」を読んでいます。
転職を決めた自分に刺さる言葉がありました。

「置かれた場所で咲かない」

私は転職回数が結構多いので活動においてはマイナスに取れれる
こともあります。でもそれぞれただ嫌だから辞めたわけではなく
それなりの理由があったのでまた新しい場所へ向かうことに躊躇
はありません。「置かれた場所で咲きなさい」というフレーズは
少し前に流行ったように思いますがそれとは真逆の考え方。
やっぱり好きだなーヤマザキマリさん。置かれた場所って何なの?
自分の居場所は自分で探しに行く、それしかないんちゃうの?
自分の咲く場所は自分で決めるし!決めた場所がアカンかったら
異動したらいいやん!狩猟民族的な考え方ですねー。
家族もいるし、子供が成長するのにまだ10年あるし、お金もいるし
そりゃ安定も欲しい。けど自分の心を殺して働くのは無理でした。
人には「置かれた場所で咲きなさい」的に今いる場所で踏ん張って
何かをつかむ人と「置かれた場所で咲かずに咲く場所を見つける」
二通りがあって、今の私はどちらかというと後者だと思います。
今回の転職事由は会社の会計コンプライアンス意識の低さの強要に
恐怖を感じたからですが(会計の仕事はお手が回ることもあるので)
その中でコツコツと我慢して頑張っておられる方も当然いる訳です。
彼らは夜明けを待っているのでしょう。或いは定年を待っているの
かも知れません。でも私には長すぎる。そんな時間はない。
置かれた場所で努力してもその場所が自分に不適合なら咲く保証も
ないわけで、食物だって環境によって実をつけることが出来ない訳で
私はこれからの長い職業人生を考えた時、保証もない場所に居続ける
のはとてもリスキーに思えました。43歳の転職は色々凹むこともあり
ますが不思議と二年前の転職に比べ自分が欲しいものが明確化してる
ので不安はありません。ダンデライオンのように咲ける場所を求め
頑張りたいと思います。
posted by menchan at 11:56| Comment(0) | 仕事

2017年05月21日

世の中の男性は辛い、と思う。

昨日娘に「無職はダメ!お金なくなる!」と言われて休むことも許されん
のかー稼いでこない自分に存在価値がないのか、自分のレーゾンデートルは
如何に?と凹んでた私ですが、考えたら世の中の結婚している男性って無言の
圧力で奥さんからこういうこと言われてたり思われてたりするんですよね。
我が家は共働きなので片方の収入が一時期失業保険のみになったとしても
それほど影響はないのですが片働きの場合はまあ奥さんの立場からすると
不安だし「明日から収入なくなったらどうすんのよ!」となるんでしょうが
旦那さんの立場からしたら小休止する間もなくずーっと働き続けないと
いけないって結構辛いですよねー。頑張ってきたんやし休みたい時もある、
でもそんなん言えない、たぶん認めてもらえない的な・・・やっぱり辛い。
今は人生長いので就業年も非常に長くなってきます。70もしくは80位まで
働かないといけない。しかも健康で。となったときに自分を見つめる時間
今後自分は何を強化していかなければならないのかとかどんなスキルが
必要なのかなどを考え立ち止まって考え、新たなスキルを身に着ける時間
が必要だと自分も含め思っています。今いる職場を通じてそういうプラン
が描けて尚且つ実践出来たら良いんですがそうでない場合、作業や業務で
擦り切れてしまって時だけが経っていくみたいな場合は一度自分をリセット
することも必要かなと思います。私はどちらかというと世の中の旦那さん
の立場なのでもし主人に「辞めるなんて認めない、明日からどうするんや
俺たち食べていけるのか?」的なことを言われたらキツイなー辛いなと
思います。主人は「失業保険もらえるし、すぐに食べるの困らんし、
貯金もある程度あるんやし、ちょっとゆっくりしたら?」と言ってくれて
本当に救われました。なのでそういうことを許容してもらえない男性は
とても辛くて生きにくいんじゃないやろかと感じてます。
そやから失業中なのを隠して弁当持って公園でスーツ姿で食べたり、
月曜日に電車に飛び込んだり、鬱で会社に行けなくなったりするんですかね。
女性は女性で子育てを一人で担ったりして結構しんどい部分もありますが
子供はじきに大きくなって手を離れていきます。本当にしんどいのは数年。
でも男性はエンドレスですからねー。お互いがお互いに一つのことを投げて
責任を押し付けるのではなく夫婦単位、或いは家族単位で見てオッケーなら
いいじゃないかってことで助け合って生きたいなと、私は今回主人に助けて
もらったので思いました。(→子供には厳しく言われてますが・・・)
posted by menchan at 21:19| Comment(0) | 仕事

無職はダメ!お金が減る!と泣かれた一夜

仕事を辞めることは主人には相談して合意してたんですが娘にもその話をしました。
「お母さん、7月15日で仕事辞めんねん。16日から無職やから一緒におれるでー」
と娘に言ったところ、喜んでくれるかと思いきや涙目になり、こう言われました。
娘「無職はダメ!お金が減る!ママは仕事してないとダメぇぇぇぇ!」→号泣。
私「でも世の中には仕事してないお母さんもいっぱいいるやん、お母さんも休みたい」
娘「ちょっとやったらいいけど半年とかダメ!貯金が減ったら清子の夢が壊れる」
と叱咤激励されました。あーこんな風に思ってるんや。子供は私が思うほど一緒に
いて欲しいとか思ってないんや!すでに「しっかり稼いでこい」って思ってるんや!
私「でもな、職業訓練校受かったら16万くらいは毎月お金入ってくるねんで」
娘「でも今より給料減ると貯金あまりできなくなるやん!→(激高)」
私「そやけどな・・・・・・(無言)」
まあ考えたらその教えって私が今まで子供に聞かせてきたことそのまんまなんですね。
しっかり受け継いでるやん。ということで私の無職期間のリミットは失業後3か月だ
そうでそれ以上は恐らく認められないみたいです(泣)
自分の棚卸とか、職業訓練通いながら足らないスキルを埋めるべく勉強するとか色々
考えてたんですが、とにかく甘いことは許されないようで就職活動頑張りまっす!
キビシー!!しかし子供からの愛の鞭ですな。
posted by menchan at 10:38| Comment(0) | 仕事