2019年02月16日

児童虐待死に思うこと

重いテーマなので簡単に書けないとは思ってたんですが先般の野田市
小学4年生女子児童虐待死について辛く悲しくまたその気持ちだけでは
なく今後子供の未来を大人が奪ってしまわないために何をすべきなのか
考えたくて記しておこうと思いました。

@DVは病気でそう簡単には治らない
DVは病気です。そう簡単には治りません。幾ら愛する人だと言っても
命には代えられません。まして相手が自分のことを本当に愛している
ならば愛している人に手を挙げたりはしないと思います。
もしパートナーに身体的に手を挙げられるようなことがあれば相手と
離れることを検討した方がいいです。何度もあるなら即逃れるべき。

Aパートナーに経済的・肉体的・精神的に依存しない
今回の事件では母親も夫からDVを受けており経済的にも精神的にも夫
に支配されて結果自らの子を殺める手助けをしてしまったと思います。
大切な人を守るには自分が自立している必要があります。この人から
離れたら私は生きて行けるのだろうかという不安がDV男から離れられ
なくし支配されていくのでしょう。そのような男などいなくても大切
な子供を周囲の協力を得つつ守り抜く覚悟を持つこと。そのためには
やはり自分が自分の脚で立ってないと厳しいと思いました。

B困ったとき自分はどんな支援を受けれるのか知っておく
国の制度は申請性です。声を上げないと誰も助けてくれないどころか
どんどん落ちていきます。本当に困ったときに自分がどんな支援を
受けることが出来るのか?何処へ行けばいいのか?誰に相談するのか?
全ては知らなくともトリガーとなる機関は押さえておくべきです。
無知では子供を守れません。

C暴力には被害届を出す
家庭で起こった暴力は虐待・DVという言葉で歪められがちですが傷害
という立派な犯罪です。いじめも然り。身内から受けたものであっても
暴力には被害届を出すべきです。虐待ではなく傷害致死罪です。

D血縁を絶対視しない
家庭の問題と家庭内で起こる暴力は踏み込んで介入し辛い場合があると
言います。たとえ血縁があろうとも暴力親は犯罪者です。子供の安全と
今後の育成を第一に考えて暴力親から子供を守らないといけません。

E自分には関係のないことだからと見過ごさない
以前私の周囲でも似たような事象があり児童相談所に通報したことが
ありました。その際は地域でも連携し見守りをながら結果的に良い方向
へ向かいました。少しでもおかしいと思ったら自分に直接関係はなかった
としても見過ごさないことが大事やと思います。一人一人の意識や行動で
救える子供の未来があります。

私にも小学5年生の娘が居ます。亡くなった娘さんと同じくらいの年です。
全ての大人に絶望し10年足らずの短い人生を終えたと思うと本当につらい。
輝かしい未来も沢山あっただろうに。同じ大人として恥ずかしい思いです。
本当に申し訳ない。私に出来ることは少ないとは思いますが関係ないと
無関心で居ないことと子供や若者が未来を楽しみに生きれるような一端を
少しでも担える大人であれるよう尽力します。
posted by menchan at 22:48| Comment(0) | 育児