2019年12月30日

2019年

平成が終わり新しい時代になった2019年。改めて色んな事があったなぁと
しみじみしています。例年もう少し早く書いてますがどうも気が進まず、
こんな暮れも押し迫った時期になってしまいました。

今年一番自分の中で大きかった出来事は父を失ったこと。3年以上かな?
父は長く老健に居たので家では暮らしてなかったのですが1年前に視力
を完全に失いそこから5月末に脳梗塞で倒れ2か月後息を引き取りました。
父のことは大好きでしたし仲の良い親子だったと思います。車に乗って
居た頃は送り迎えも良くしてくれて車の中で色んな話をしました。
真面目で穏やかで意志を貫く強さを持つ優しく自分に厳しい人でした。
全てではありませんが私も少し受継いでいるところはある思います。
近くに住んでいたので出来る限りのことはしたつもりです。後悔はない
です。ただ後悔はなくとも時折もう会えないと思う喪失感に襲われる
ことがあります。自分もいい年になり親だけでなく順番に大切な人を
失う経験をしやがては自身も朽ちていく。大切な人には意地を張らずに
出来るだけのことをしよう、気持ちは後悔のなきようきちんと伝えよう
と意を改にした次第です。今の気持ちは穏やかで晴れやかです。

仕事のこと。めいっぱい頑張りました。自分に出来ることとそれ以上に
課せられた任務もきちんと果たせたと思います。会社の状況も悪くなく
今後3年で売上は倍になる計画です。潮目を迎えていると思います。
来年も海外子会社の設立、M&A等課題も山積しています。全ての事象に
関して経理の責任者として業務に当たって行かないといけないので若干
重い気もしますが現在の仕事は後輩に委ね私は新たな仕事に着手します。
やったことのないダイナミックな仕事がしたいです。その為の研鑽を今後
も惜しむことなく謙虚に続けていきたいと思います。

家族のこと。娘が小学校生活最後の年になり精神的にも肉体的にも子供
から少しずつ少女へと脱皮をしようとしています。自分のことは自分で
考えて自分でほぼ出来るようになりました。当然反抗もしてきます。
元々子供を支配し思い通りにしようとは思っていません。生まれた時から
彼女は別の人格であり私のお腹を借りてこの世に生まれたに過ぎない。
母親の私に出来ることは衣食住を整えてめいっぱい愛してあげることだけ。
後は環境を整え、沢山の人達との出会いの中で自分が何を思い何を目指すか。
混沌とした社会の中で自分の頭でしっかり考えて行動していって欲しいです。
来年1月に中学校を受験しますが新たな出会いの中で新たな刺激を沢山受け
どんどん成長していくことでしょう。どんな人と出会うかはその人の一生を
左右する。特に過敏な成長期の出会いは得るところも大きいでしょう。
母は後ろから見守っていくだけです。頑張ってね。
夫にはとても感謝しています。私の仕事に理解を示しいつも邪魔せず支えて
くれた。また娘のよき相談相手になり元教師として勉強の指導もしてくれて
います。近所に住む義母のお世話も毎日のことなので大変と思いますがやる
といったからには寡黙に一生懸命愛を注いで行ってる彼を本当に尊敬します。
また自分が生涯心から尊敬できる人と共に生きている現実に感謝します。

アートのこと。私の生きる上での原動力になっているライブ観戦。それから
その風景を捉えて何らかの形に残すことは最早ライフワークになってます。
ライブ自体はずっと前から見てるし大好きな25年追いかけているバンドも
変わらず愛しているしその活動を今でも見続けることが出来ること、本当に
感謝の思いでいっぱいです。アーティストの方もステージ降りればタダの人
で仕事や生活や重たい課題も私達と同様に抱えておられるはず。でもその上で
何かを創造しステージで閃光を放つアーティストの方々が眩しくて仕方がない。
そしてその力を受け取った側もまた新たな力を得てコミュニティを生成して
色んなものを生み出しバンドさんに還元していくことが出来たらと思います。
ライブハウスは愛の詰まった場所です。その愛ある場所で今後も好きなバンド
の光り輝く姿を沢山の人と共有していきたいと思うし、自分自身も新たな刺激
を求めて掘っていきたいと思っています。
年末にアジアンドキュメンタリーズの年間契約をしました。映画館や美術館へ
は生きる上での感受性やインスピレーションを上げるために良く行きますが、
定額で良質のドキュメンタリーをスマホで寝ながら見れるサービスは良いと
思います。今生きている自分が関わっている世界だけでなく広く知ることは
とても大事で世界で何が起こっているのかその上で自分はどう生きるのかを
自問自答していきたいと思っています。年末年始も何本か見ると思います。

着付のこと。腕が落ちない程度に練習しているだけで去年から1年経って何の
進歩もありません。先生も80歳を超えてご高齢ですしそろそろ自分の着付師
としての身の振り方も考えないととは思っていますが行動に移せていません。
また先生から依頼を受けている和小物のショップも時間が足らずに立上げる
ことができていません。優先順位も大切ですし子供の受験が終わって落着い
たら少しずつ形にするべく計画を練っていきたいと思います。着物に関わる
時間が少なくなって段々着物に対する情熱が薄れて行っているのを感じるので
来年は無理やり関わっていくような何かを模索したいです。

40代も後半に差し掛かり来年の誕生日で46歳になります。総感として不思議
ですが年を取るごとに自分は精神的に自由になっていくように感じています。
若さに固執する必要もなく今まで自分の生きてきた道の上に自信を持って、
私はこういう人間だと自然な形で生きていられる。加齢に伴う変化も同年代
皆が経験することで笑ってその対処法を探っていくことも面白い。
50代になったら子育ての手も離れて30代で離れて行った友人ともまた一緒に
お酒を飲んだりできるかもしれない。旅行にだって行けるかもしれないと
思うと新たなディケイドにワクワクしかないです。今後も大きな愛を持って
関わる人と一緒にしあわせを感じながら良い風を運べる人で在れるように
努力し続けたいと思います。

2019年、私に関わってくださった皆様、本当にありがとうございました。
沢山の方と出会い同じ時間を共有する中で自分自身がとても豊かになれた
と感じます。来年も皆様にとって素敵な一年でありますように祈念します。
良いお年をお迎えください。
posted by menchan at 22:55| Comment(0) | 雑記