2020年07月23日

2020年7月19日「Sengoku Beefheart」@戦国大統領へ行ってきました。

DSC09984.jpg

2020年7月19日に戦国大統領で行われた「Sengoku Beefheart」へ行きました。
発表出た時から楽しみにしていた企画。6つのうち4つがどれも好きなバンドで
後の2つも良さげな予感しかしない。特に予習はしていなかかったんですが私
が長年アングラ街道を歩んできた野生の勘と申しますか嗅覚が教えてくれます。
イマイチそうだなぁと思う企画には行きませんのでね。このところ100戦練磨で
選択した夜がしょうもなかったことがないです。自分の好きな夜に行くので
当然と言えば当然なのですが。ライブ前にもうひとつ嬉しいことが!なんと、
FIFHTNEWHEAVYのヨシさんとDRAWINTODISORDERのヒデさんがインディペンデント
レーベルを立ち上げたとのこと!すごーい!というかヨシさんは遅かれ早かれ
レーベルはやらはるやろなとは思てまして逆に自分としてはまだやったのか?
って思ってしまうくらいまぁ精力的に活動してはりますよねー。アングラ街道
を歩くようになってからCDはインディー界隈のものを買うことがほとんどで、
音楽レーベルと言えばインディペンデントになってる私にとって推しバンド
のフロントマンがレーベルやらはるとは嬉しい限りです。自分が痺れたのは
関西のインディーズバンドに海外への扉を開こうと思っているみたいな文句で
これはもうレベルが違いますね。私も40代後半になって自分のこともまま
ならないことが多いですが日々それだけでええんかと思てます。私が若い頃に
先輩や上司にしていただいたこと、人生も後半戦に差し掛かった身としては
次の世代のために何が出来るかを考えて生きることはある意味使命と思います。
育児かもしれないし仕事かもしれないしライフワークかも知れませんがええ年
でいつまでも楽しけりゃええと自分のことばかり言うてたんではアカンかなと。
前置きが長くなりましたが勝手に感銘を受けて自分のお尻もパンパンした次第
であります。アーテイストの活動はファンにとっては次への力となるものです。
この状況で敢えてくだらん言訳も戯言も言わんと進む姿勢は称賛に値します。
なんやねん!とこれで〆れそうな勢いですがこの辺りにして本編を書きますw
日曜日に6つも入れてきてそれも全部きつそうなのばかりで相変らず素晴らしい
戦国大統領、アイシテル。今日はスタートも早い目18時半なので家の用事して
たら戦国着いたらほぼオンタイムでしたー。速攻ステージフロアへ移動・・・
1つ目「GottaNealExperiment」今日も酔いました。コロナ禍以降結構な割合で
見ていてすっかりメロメロにさせられてますが今日はシンセの音に釘付けでした。
方々から聞こえる絶妙の心地ええeroticな音に身も心も溶けてそうになりました。
いやー本当に素晴らしいんで多くの人に聞いてほしい思てます。もっと布教せな。
音の面白さがまさにゴッタ煮なんですがあらゆるリズムや音を消化して自分達の
オリジナリティを生み出した最高にセクシーなバンド。ホントに大好きです。
2つ目、ピアノガール(ソロ)、秋さんのソロも戦国で3回目です。今日はエレキ
の弾き語りでした。一音一音撫でるように緩やかで心地いい音、そこに乗る刺さる
ストレートな歌詞。ホント好き。ゴッタ煮の次に持ってきてまた深酔させられた。
ソロが良すぎてバンドどんなやったか忘れてしまったので次はバンドで見たいです。
3つ目「霜降り猫」初見。SHOWさんがドラムで名前だけは知ってて見たかったので
今回みれて嬉しいです。様々な初期衝動を思い出させてくれるめちゃええバンド。
ベースめちゃええと思たら何のことないNihonAlpusの人でした。なるほどー通りで。
SHOWさんのドラムは色んな所で聞いてますがこのバンドめちゃ合うなぁと思います。
4つ目「NUKE」福井のバンドで初見。ヌークやと思てたんやけどヌケなんですねー。
ブロンドニューハーフと親和性があるなと思いました。一緒にイベントされたりも
してるみたいですね。何とも言えないポップなヌケ感と面白い音の繰り返しが癖に
なります。心地良くてとにかく音のセンスがええバンドでめっちゃ楽しかったです。
暴走族の歌?かっこよかったな。また大阪に来て欲しいです。
5つ目「FIFTHNEWHEAVY」見るたびに強くなるし音デカくなるしもう存在が圧巻です。
今日は久々にお会いする方のヘドバンもバッチリ見れましたねーあと最近お見掛け
するようになった若いカワイ子ちゃんも最初は遠慮がちに下がって見てはりました
がライブが加速するにつれ最前で踊りまくってはりましたwいいなぁそういう壊れ
ていく感じ。自分も含めなのですがオーディエンスをあれだけ狂わせて昇華させる
ことができるライブバンドはそうないと思います。なのでまたイソイソと見に出掛
けて行ってしまうんですねー。次和歌山遠征ですわーどないしましょ!
6つ目「BLONDnewHALF」今日も只管走り続けるエイトビートに揺られ続けました。
ブロンニューハーフのベースがやっぱり好きなんです。あと浮遊するギターも、
アップビートで打ち付ける太鼓も→結局全部好きwアンコールは亡くなった友人に
捧げる一曲で泣きました。なんなんでしょうね、追悼とか湿っぽいことではなくて
もう姿は会えなくても音でちゃんと繋がってる気がしました。心が熱かったです。
それほど懇意でなかった故人に対して何かものを申し上げるのは差し出がましい
気がするのですが去年のモリモリさんのトリビュートライブを思い出しました。
湿っぽくなくて彼を知らない人も彼のために一緒に泣きながら楽しめるライブで
もしかしたらそんな感じでまた楽しみながら故人を思って音楽を紡いで歌っていく
のかなと思うと音楽が繋ぐ縁と共有した時間は素晴らしいなと思いました。
今回は古いカメラのRX100一郎を引っ張り出してきて撮ったのですが五郎よりも
オートフォーカスが早くて合わせやすくて必ずしも新しいものが全て良い訳では
ないなと思った次第です。一郎はやはり中々の名機。お蔵入りにするのは勿体ない
のでメンテに出してもう一度使ってみようと思います。アーティストの皆様、今宵
も素晴らしい演奏をありがとうございました。そして家族の皆様、もう呆れられて
いますがいつも大変感謝しております。明日も宜しくお願申し上げます。
posted by menchan at 00:17| Comment(0) | ライブ