2016年07月31日

新校舎建設!

去年から娘の通う学童でも高学年の受け入れが始まりました。
が蓋を開けてみると希望者を十分に受け入れる体制が整わず、
高学年は学校の設備をお借りする感じのスタートになりました。
去年から「なんでやねん?」ということでやかりにやかってきて
というか散々意見を言わせていただいて、市側からはなんとか
いい方向になるように勧めさせてもらっていますと曖昧な返事
しかもらってなかったのですが、夏休みに入る前に新校舎建設
の決定通知書なるものをいただきました。やった!
娘が通う学童を取り巻く環境はこのところ好転しています。
去年から6時半から7時までに時間が延長され、高学年の受入れ
が始まり、そして来春の新校舎建設。少し前に学童を卒業して
行った子供たちは小4の壁等ありお母さん方も頭を悩ませること
が多かったと思いますが、やはり風は働く母親に良い方向で
吹いているなと感じます。有り難いです。
彼女が小学校に上がるときはまだこのような話は持上っても
いなかったので、4年生になったらどうしようと不安も抱えて
いました。兄弟も居ないし、女の子だし、何かと心配です。
また夏休みなどの長期の休みはどうやってやり過ごそうかと
色々情報収集等もしていました。来年娘は小学4年生になります。
おかげさまでそのような心配は一切要らなくなりました。
そして新しい校舎で過ごさせてもらうことができる、なんとも
有り難い話だなと思っています。夏休みといっても特別親が
してやれることは何もなく、お弁当を作って持たせるだけですが
娘は今年「夏休み実行委員」に選ばれているらしく色々計画して
お友達や下級生と楽しい夏を過ごしているようです。
先日高学年の児童は学童でお泊りをしたらしく自炊・温泉・花火
と楽しみ盛り沢山な夜を過ごしたようです。娘も高学年になるの
を楽しみにしています。お稽古事を沢山入れて放課後を埋めるの
も何か違うなと思っていて、でも子供を日中一人にしておくのも
不安だったので何の心配もなく子供を預けて働ける環境にあること
に感謝の気持ちでいっぱいです。私の住む地域は恵まれている方で
色々話を聞くとまだまだ小学4年生の壁は存在します。
働く母が安心して子供を預けて働ける環境が当たり前な世の中に
なることを願います。その環境つくりに一石投じるためにも仕事を
続けていかなければならないと思いますし、今後も学童の活動に
少しでも協力出来たらと思っています。
posted by menchan at 21:08| Comment(0) | 育児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: