2017年10月09日

ケアが必要な人がいるということ

8月半ばに義母が近所に越してきてもうすぐ2か月になります。
8月は引越等で大変でしたが日々の生活のリズムには慣れてきました。
夫は毎日義母の食べるものを作って持って行ってます。よく頑張って
いると思います。頭が下がる思いです。私は平日はほぼ仕事で頭の中
が埋め尽くされてしまって義母のことを考える心のゆとりがないため
(ホントにすみません)せめて週末だけはと夫が出来ない話し相手や
買い物に付き合うこと、それから諸所の事務手続等行っています。
仕事は土日休みがあるわけですが何処かで義母との時間を取るように
し買い物に付き合ったり散歩をしたり一緒に食事をしながら世間話を
したりしています。2-3時間のことですが義母は楽しんでいるようです。
ケアが必要な人がいるということは子供であれ親であれ兄弟であれ
いつもその人のことを心に留めなければならないと改めて思います。
そして相手を不安にさせないような関係性を相手と築くことが大切
で些細なことでも何度でも何度でも相手に伝えなければなりません。
私にとっては仕事の休みのうちのたかが2-3時間のことかもしれません
が彼女にとっては人と繋がる楽しい時間なようで沢山話をし沢山お願い
もしてきます。全て完璧にこなすことは出来ませんが無理のない範囲で
彼女のケアをしていきたいと思います。色んな諸先輩方からケアに
ついての話をお聞きしますが先人は本当にすごい。私より一日でも長く
生きている人、1回でも多くご飯を食べている人、その人々それぞれに
事実は小説より奇なりのドラマがあります。尊敬します。
posted by menchan at 21:25| Comment(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: