2017年11月11日

音楽参観

小学4年生の娘の音楽参観に行ってきました。学校全体で毎年行われている
行事なのですが毎年ド平日の真昼間に行われており我々ワーママは有休を
取っていくのか、はたまた御免なさいと子供に謝るかの選択を強いられる
こと3年。私も1年生の時は参加しましたが2-3年は仕事を休めず行くことが
出来ませんでした。学級懇談の際にワーママ達が声を上げてくれたらしく、
今年から土曜参観に音楽参観を組み込もうという流れになったと聞きました。
有り難い限りです。まだまだ小学校は「お母さんは一日家にいること」を
前提にスケジュールが組まれていて子供が保育園から小学生になった時に
平日に学校から呼び出される回数に辟易したことを思い出しました。
よくいう「小1の壁」というやつです。このせいで仕事を辞めるお母さんも
います。まだまだ日本は働く母に優しくないなと今でも実感していますが
声を上げ続けることによって少しずつ社会は変化していく。子供が小学生
になってからの4年間で変化したことも沢山ありそのことを実感してます。
そんな勇士のおかげで実現した土曜日の音楽参観がまた素晴らしいものでした。
全学年通しで見るのは初めてだったのですがどの学年も素晴らしかった。
学年に応じた成熟度にほんの少しプラスアルファの難しさを加えた先生方の
選曲と指導力に大変感謝です。娘の通う学校はマンモスで一学年200人ほど
いるのですが200人のハモリも入れた合唱の大迫力と言ったらない。
体育館いっぱいの空気を震わせ波動を伝えてくるような感じで震えました。
子供のひたむきさと懸命さには常に涙腺崩壊しっぱなしの私ですが今回は
そのエネルギーに圧倒されて小学生侮れないなと思った次第です。
子供自身も高学年の良質な音楽に触れることで来年のなりたい自分像を
膨らませているようで「5年生の合奏凄かったなーカッコよかったなー」と
興奮気味に話していました。フックト・オン・クラシックスの合奏は圧巻。
200人もいると迫力あります。よくこんな難しいの持ってきたなぁって、
でもそれをやり切る5年生たちとやり切った後の達成感に満ちた美しい顔。
この子たちはまた次の達成感を味わうために頑張るのかなと思い見てました。
沢山の煌めきが散りばめられた小学生の音楽会。全編見ることができて感謝。
posted by menchan at 21:58| Comment(0) | 育児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: