2018年03月21日

2018/02/23 宮悪戦車 with 面黒楼卍ライブ@秘密倶楽部アニマアニムスへ行ってきました。

DSC07720.JPG

2018年2月23日に秘密倶楽部アニマアニムスで行われた宮悪戦車 with 面黒楼卍の
ライブへ行ってきました。面黒楼卍さんを初めて見たのは去年の4月のカレーイベント。
いやでも私その前にも面黒楼卍名義ではないけどライブ見てますね。とにかく圧倒的な
熱量で何か分からないけど揺さぶられるステージを魅せてくれる。全身全霊で歌ってる
というよりも表現してる、何もかも剥き出しにさらけ出した感じが好きでああ表現する
ってこういうことなんやなぁと思ってみてます。感じるものあるんですよねー。
でこの告知が出た時は迷わず行くと決めていました。平日ですが味園やし開演も20時から
とゆっくりめやったんで楽勝チン。18時に大阪で仕事を終え味園へ向かってもまだ19時。
でずっと行きたかった夕顔楼で一杯引っかけて行きました。昔自分が好きでよく行ってた
酒場は全部なくなってしまって、まあ仕事帰りに一杯やる時間もお金もないんですが、
たまには一人でマスターとしゃべりながら異空間でお酒を飲みたいなぁと思います。
とはいうてもお酒の蘊蓄あんまり分からんのでいつも店主のおまかせなりますけども。
で夕顔楼はtwitterでフォローしててずっと行きたい、行きたいと思っていたので、
チャーンス!アニアニと同じフロアにある夕顔楼へと先に足を運びました。
写真ではもっと天井の高いイメージを勝手に持ってたんですがめちゃこじんまりしてて
ええ感じです。あーこれ近所にあったらスナック代わりに通ってしまいそうなるなぁ。
難波で良かったよ。早い時間もあってか客も私一人。店主もめっちゃ陰気な感じの方で
店内も暗いし、ちょーいい感じ。妖しげな人形もある。お酒も豊富で蔵書もたんまり。
うわーここ好きやーバーは暗い感じがいいですね。音楽ガンガンとかは苦手かなー。
店主の方にハイボールお任せしてバナナチップと出てきたハイボールが美味かった。
カナディアンウイスキーで銘柄忘れましたがお任せしないと絶対飲まない銘柄。
少しお話をさせてもらってお酒や本の話等、訥々と話されるんですが面白かったなぁ。
居心地よすぎて仕事で疲れてたせいか途中寝そうになりましたがなんとか20時5分前に
起きてアニアニへ。秘密倶楽部アニマアニムス。「アニマ」男性の中の女性的元型。
「アニムス」女性の中の男性的元型でしたっけ?コピペママ。いいですねぇ。
丁度トップバッターのザジさんが始まる直前でした。お名前は前から存じ上げてましたが
今回初めてお目にかかります。映像と音を使ってなんやろう独特の世界を生み出してて
終演後ご本人に少しお話をお伺いしたのですがイベントによって全然違う感じなのだとか。
4月14日に面黒楼卍さんのイベントにもではるらしいので次はどんな感じか楽しみです。
2演者目「志万田さをり」さん。今回のイベントでは自分的に一番ヒットしました!
埼玉(だったと思う)から来られた弾き語りアーティストで兎に角言葉と歌声に圧倒的
な説得力を持つ。強い、強すぎる。弾き語りって最も勇気のいる表現手法やと思ってて
ピアノでもギターでもそれなりの伝えたい強い思いと覚悟がないとキツイなという気が
してるんですが私の好きな弾き語りアーティストの方みんなそんな感じです。
まず一人でやってはる訳ですし、楽器は添え物、でも下手やとアレレッてなりますし
何より伝えたい言葉に強さがないと伝わらないと思います。誤魔化し効かないというか。
志万田さをりさんの歌は結構重くてキツイテーマが多いんですがそれは彼女自身が
ライフワークとして向き合ってきたテーマを表現する手法がたまたま音楽だったと
言う感じで音楽をやりたいからという感じではないと思いました。勝手に感じただけで
間違ってたら申し訳ないですが。それくらいの強さが彼女の歌にはあったということ。
中でも「IMAGINE」のカバーは良かったなぁ権威や性差やその他の力でねじ伏せようと
する上下関係に存在する力や言葉や全ての暴力に通じそれに徹底してNOを叩きつける歌。
そして貴方は何も悪くないんだよと優しく包む柔らかさも沁みこませてくる救い。
丁度会社の絶対的な圧力に緩ーくしなやかに戦っている最中の私にはとても沁みました。
音源を買い忘れて後でネットで購入しましたがまた聞けずにいます。覚悟がいるので。
3演者目「瀉葬文幻庫」による火葬国風景。流石苺楽団の団長。ほとんど一人芝居と
いってもいい感じやったと思うんですが何人も人がいるみたいで、海野十三のあっちに
いるのかこっちにいるのか何処にいるのか私は誰なのか、何が本当で何が幻か分からない
本の世界をそのままに見てる側を連れていく。私この物語は知らなかったのですが、
見終わった後、一冊の幻想ミステリーを読み終わった気分になりました。しかも残照も
しっかり残っている。圧巻でした。
4演者目「面黒楼卍」さん。好き好き言う割にはライブはさほど見に行けてないのですが
やっぱり好きすぎてこの間写真集を買いました。ご本人にはお伝えしたんですが一寸
吃驚したんですよ。てっきり綺麗に化粧した面黒楼卍さんが多い感じなのかなと想像
してたんですが確かにそういうショットもあるんですけどスッピンとかちょっと弛んだ
お腹の肉なんかも包み隠さずそのままに表現されてるんですね。そしてそれが私には
とても潔く美しく感じたんです。色気とか美しさって若さだけに認められた特権では
決してないんだなぁと。残照さんというお方はそういうその人も良く分からないその人
のらしさというかそういうのを切り取るのがとても上手なお方やと思いました。
「おいてけ堀」買い案件です。演奏の方はまあ安定の剥き出し感で今夜も殺られました。
あの絶望的なピアノの旋律。何ですか???はよ音源欲しいですわ。
そして5演者目「宮悪戦車 with 面黒楼卍」さんのスペッシャルセッション!苺楽団の
昔の曲らしいのですが「彼岸花」いう曲がもうとにかく美しくてちょっと涙がでました。
初めて聞く歌で涙出るってなんなんやろう。二人の久々の再開とか面黒楼卍さんが、
一生懸命練習されて古巣の団長といい関係で熱の入ったセッションされてるとか、
まあ曲もとても美しかったのですがそういう姿ですかね。年なんですぐ泣くんですよ。
その日はもうとても満足でその日のその時間にあの場所に居れてあの場所に居た方々
とちょっとないレアな時間を共有出来て本当に良かったなと思いました。
良かったばっかりで語彙がなさすぎですが最近本当に良かったライブばかりですもん。
演者の皆さま、今宵も素晴らしい演奏を本当にありがとうございました。
私はまだ知らない世界が沢山あるし世の中にはまだまだ素敵な音や演者で溢れてる。
もう生きていくのが楽しくて仕方がありません。皆様のアクトが私の日々の活力。
そして毎回家族には本当に感謝してます。3月も仕事してライブ行って頑張るよー。
posted by menchan at 22:00| Comment(0) | ライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: