2018年09月02日

入試説明会など

娘が受験する予定の中学校で行われた入試説明会に行ってきました。
5年生で実際受験するまでは時間があるので早いかなと思いつつ参加。
彼女の中学受験は彼女が生まれた時から夫に言われていて私は教育の
ことはよく分かりませんがとにかく資金面担当で準備してきました。
一人娘で低所得者層ながらも共働きで安い分譲団地住まいで車も家も
ローンのない気楽な感じなので出来ることやとは思てます。
高校は受験して自由に選ぶことが出来ますが中学は通常私学を受験
しないと近所の公立に通うしか選択肢がない。その公立が荒れていた
場合の対策として中学受験は十分に視野に入れておかないとアカンの
で資金面はきちんとしておくようにと夫には言われていました。
夫は私よりずっと賢い人なのでまあ私はお金を貯めるだけです。
財政面は職業柄夫より私の方が優れています。
教育のことはよく分かりませんが私が一つだけ思うことは出会う人に
よって人生が変わるので彼女がインスピレーションを感じる人に出会
える環境はお金を出してでも購入しないとダメや言うことです。
彼女は結婚するかも知れないし、一人でいるかもしれない。そやけど
必ず人とは出会うし誰かと一緒にいるでしょう。どんな人と出会うか
によって彼女の人生も考え方も生き方も大きく違ったものになる。
良い悪いは後に彼女の判断に委ねられると思いますが彼女が面白いと
興味を持つ人と出会って彼女自身が何かを感じて行動してほしいです。
その行動の素養となるものはやはり教育なのかなとは思います。
私自身遅ればせながら社会に出てから大学に入って人生変わりました。
人間学歴が全てではないですが教養は大事です。本当に大切です。
学校選考はなんとなく私が行いました。超難関校ではなく普通に努力
して頑張ったら入れて伸び伸びと学校生活を送り高校受験指導をして
くれる3年コースのある学校。選択の余地はあまりなかったのですが、
通える距離に運よくありましたのでほぼそちらに絞っています。
受験組は4年から塾に通って勉強する子が多いのですがそんなに早い
時期からではなくある程度のほほんとした小学生時代も満喫して欲しい。
そんな時間はあまり長くはないのですから。そうは言ってもあまり
のんびりしていられないので秋頃から通塾を考えています。ちょうど
学童も休みがちになってきたところでたまたま学童の費用と同額の
塾が近所にありそちらに通ってもらおうかと思っています。
3万-4万円もするような高額なレベルの高い塾に通わす経済的な余裕は
ありませんので月額7,000円のアットホームな塾でその程度で十分です。
入学金も授業料も正直安くはありません。特待生制度があると言ったら
娘さん「お金くれるんやったら特待生目指してもいい」と言出しました。
それ何の意味があるねん?入試説明会はぼんやりとした部分がクリアに
なってとても良かったと思います。英検合格者には加点があるなどの
制度も知らなかったし学校の雰囲気も学生の態度も知れて有意義でした。
娘は数学の体験授業を受け中々難しい問題をさせられていたみたいで、
ちょっと興奮気味で帰ってきました。帰りに誕生日の準備品を買うため
京橋のイオンに寄ったのですが色々回らされて思いの外疲れました。
とりあえず親子共1月の英検に向けて秋からボチボチ勉強開始です。
そして再来年の1月の娘の受験に向けて私も1月にFP1級受験します。
一緒に頑張ろうぜ。
posted by menchan at 18:27| Comment(0) | 育児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: