2019年01月12日

フォニックス教室がくれたもの

娘は小学校2年生の頃1年間フォニックス教室に通っていました。1年間の
カリキュラムになっていて4月からクラスは始まり翌年の3月に発表会をして
終わりまた新たな年度を迎えるといったタイプのクラスやったので3-4年生は
別のお稽古を選択し5年生になり再び同じ先生のフォニックス教室にお世話に
なることになりました。年間3万円ほどの料金で発音を徹底的に学びます。
外国人の先生が教えてくれる英語村と迷いましたが2年生の時お世話になった
先生の指導法をとても信頼してたのでもう一年同じ先生にお世話になることに。
年度当初は同じ学校のお友達と一緒に参加していましたが彼女は思ってたのと
違うといって2学期で辞めてしまいました。そういえば2年生の頃一緒に行って
たお友達も途中で辞めたっけな。親の教育方針もあることですしそれはそれで
致し方ない事やと思っています。5年生は娘だけであとは低学年というクラス
になってしまいました。元々高学年が娘とお友達しかいなかったので低学年
のクラスに混ざる形で参加したのでお友達には物足りなかったと思います。
また英語の発音を習いに行っているのにグループ分をして低学年の指導等を
しなければならないことにお友達は少なからず不満を抱いていたようでした。
お金を払っているのに先生がしなくてなぜ私達がしないといけないのか?
しかもグループ責任みたいな感じで競わされることもあり娘も少し悩んでいた
時期もあったようです。今のお稽古事はもちろん何かが出来るようになる為に
その技術の取得を目的として行っていることがほとんどです。娘も塾にピアノ
を習いにいっていますが学力の向上とピアノ技術の向上を目的としてます。
それはそれでいい。しかしこのフォニックス教室の先生は発音を教えるだけ
の先生ではなく自分で考え発言し行動の出来る人間になることを教えてくれ
ます。当然出来なかったときに先生からどうすればいいかの指示はありません。
最初に先生の指導ポリシーを聞いた時この先生なら信頼できると思いました。
今の世の中与えられることが多く何も望まなくとも生まれた時から皆何もかも
持っていて言われたことだけをしてれば何となく生きて行けるようになってる。
それなのに社会に出たらやれ自分で考えろ、やれ想像的な人間になれ、やれ
仕事は自分で生み出すものやと言われます。思考し行動することを訓練して
こなかった今の子供達はいきなり大海原に放り出されて社会の洗礼を浴びて、
自分はダメだと鬱になったり、自暴自棄になったり、引きこもったり、挙句は
社会や人のせいにしたりするかもしれない。先生はそんな子供達の未来を大変
憂いていました。なので先生の授業では課題は与えるけれども自分達で考え、
自分達で行動し、自分達で答えを導き出し、最後に発表する形になってます。
2年生の頃ABCも知らなかった娘が1年間先生の指導の下簡単な英語のスピーチ
を出来るようになっていて親として子供の力にとても感動しました。
2年目で5年生の今年はそうした思考のプロセスを自分だけでなく下級生に指導
していくという経験も娘に与えて下さり、一人っ子で兄妹もいない娘にとって
とてもいい経験になったと思います。4月にはぼーっとして何も出来なかった、
下級生たちが1月になった今3月の発表会に向けて自ら思考し行動できる人間
になっている。そして自分達の思いを伝え相手の思いを聞き集団としてどう
動くか決めることが出来るようになっている。本当に良いクラスで子供達の
可能性に感動している、一度クラスを見に来てくださいと言われて私も胸が
熱くなりました。私自身は娘にお稽古事でこうしろああしろとは言わないし、
嫌ならやめるのもそれはそれでいいと思ってます。ただ自分の中でやり残した
ことや中途半端になってることがありそれが嫌なのならキリのいいところまで
やってみる、答えはそれからでもいいのではないかと娘には提案しました。
お友達が辞めたからといってその居場所で自分に与えられた使命があるらしく
下級生を残して中途半端な形でズルズル引きずられるようにその場を去るのは
嫌やと半ば意地になって3学期の学費を入金しました。久々に先生とお会いし
クラスでの娘の様子を伺うことができ、少しずつ成長していく娘の姿を思い、
私も親として胸が熱くなる思いでした。
子育てにおいては極力彼女の意思を尊重し、悪い事でなければ禁止せずに
彼女自身が考えて決めるようにしてきました。誰かに支配されるのではなく
自分の行動は自分が責任を持って自分で決める。その為に自分が何をしなくて
はならないのか?これが分からなければ本当の意味で人は自由ではありません。
私は彼女にいつも自由な人であって欲しいと思う。望めば何でも手に入る時代
です。でも誰かから与えられる人生ではなく誰かに寄りすがって生きていく
依存した生き方ではなく自分で納得して自分で決めた道を行ってほしい。
フォニックス教室ではその礎となる考え方を先生に教えてもらったと思います。
発表会まであと2か月。最後までクラスをしっかりまとめて頑張って欲しいです。
posted by menchan at 16:12| Comment(0) | 育児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: