2019年02月11日

2019年2月9日難波Mele×Creamcan. 共同企画「UNDER THE RADAR vol.2」に行ってきました。

DSC01550.JPG

2019年2月9日に難波Meleで行われた「UNDER THE RADAR vol.2」に行ってきました。
meleとCreamcan.の共同企画言うことで6バンド出演で半分ずつ呼んできはった
いう感じでしょうかね?Creamcan.は少し前に尼崎のtoraで見たことがありますが
それ以外はほぼ初見。で何故に私がこの日この場所に居てたかというとそんなん
決まってるやないですか!タイセィさんの新バンドthe booing buttle of bounds
略してthe b.b.b.を見るためです!しかし長いバンド名。もう3Bでもええんちゃう?
鉛筆か?と思てたらドラムのぐっさんが略しているのを発見。メンバーも長い思た
んですねー。綴り間違ってもアレなんで私は単語登録しておきますね。
前回toraでもタイセィさんとtaroさんのユニットは見たんですがバンド名を変えて
パートナーも変えはってここからスタートのそのスタートをしかと目撃しに!
その場に私が居ないなんてあり得へんでしょ?という訳で1年以上ぶりにやってきた
のさーmeleへ!前回は去年の1月に味園で怪奇大作戦みてからとおぼえのライブを
見に来たんですがその時は千日前からGoogle先生に教えてもらって来たんでねー。
覚えてるか思たら案の定忘れてました。とりあえず28番出口目指してゴーゴーで
なんとかインすることが出来ました。出る前に娘から「バンドの人に渡しといて」
と謎の友チョコ渡しのミッションを与えられ入口付近で無事ミッションコンプリート。
後は楽しむのみ・・・んな訳で始まりましたー「UNDER THE RADER Vol.2」
meleは何回か来たことがありますが照明が綺麗で音も良く、ステージが高台にあり
押しのスター感が拝めるので好きな箱です。顔出しパネルがあったように思いますが
撤去されてた?恒例の顔出しパネル写真撮影できませんでしたやん。
5分位お遅刻でインしたのですがちょうど最初のバンドが始まる前で良かったです。
1バンド目「The Guilty Neons」さん。私ちょっとだけ予習してていい感じやと
思ってたんですが見た映像はドラムも居て、MCでドラム居なくなりましたいうて
はって今回はドラムレスの編成。いやーしかしカッコ良かったです!トップにこの
クオリティやと今宵はきっと良い夜になる予感大。ギターの方が脚でとるリズムが
独特でカッコ良かった!バンド編成でも見てみたいです。
2バンド目「the booing buttle of bounds」タイセィさんとぐっさんのユニット!
もうめちゃ楽しみにしていました。ぐっさんは大好きな怪我童子でも叩いてはって
かなり強烈なパワードラマーなのでタイセィさんとめちゃええ感じに張るやろうと
思ってたんですが、ぐっさんの音出しの瞬間からもうアカン「ヤバ味」しかない。
最高の確信しかない。初っ端の曲はたぶん12月にtoraで演らはった曲と同じかなと
思いますがこれがねー痺れるくらいカッコいいですよ!もうお漏らししてもゴメン
いう感じで・・・骨盤底筋鍛えてるから辛うじてセーフですけどね。ほんでセトリ
を私事前にちょっとカンニングしたんですが、なんとコニーズでされていた曲が
いっぱいある(泣)もうライブで聞くことは諦めていたのに。なんという計らい。
なんやねん?私のこと泣かそうと思ってるやろ?大好きなtankerとかshredderとか
演ってくれはって、それがshredderなんかはリズムもマイナーチェンジされてて
めっちゃカッコよく2019年版にアップデートされとるやない?しかも大好きな
Rainfallまであってそれがタイセィさん病み上がりでちょっと声出てなくてそこも
またセクシーで(何でもええんかいっ)私は失神しそうになりました。
自分のホンマに私感でしかないんですがタイセィさん強烈やので普通のバンドでは
ちょっとやりづらいというか中々組む人も選ぶというか難しいと思うのですよ。
そしてタイセィさんの強烈さと差しで勝負できるドラマーも中々いないと思います。
まさにぐっさん、ドビンゴで相性最高やないですか!ツーピースならではのバチバチ
感。君らホンマに二人なの?いうあの手を抜けない緊張感がたまらん。素晴らしい。
ほんでタイセィさんあんなにカッコいい演奏したくせにグダグダのMC好きだなぁもう。
「えっと、ライブ久しぶりなんですごく緊張しています・・・」ちょっと震え気味で
キンチョールなんがめっちゃ伝わるwすかさずぐっさんの僕らシャイボーイwウケる。
MCでも助けてはる感じがなんかホッコりしました。ええ感じですねー。
そやのにまた演奏戻ったらなんとステージから飛び出してくるアクション。もう私
即死しました。チーン!まあゾンビなんですぐ生き返りますけど。控え目に申し上げ
ましても最高の最高でした。ライブ終了後もひたすら感謝しまくってはったタイセィ
さんですがそんなんあんなえげつないライブする人他の人がほっとくわけないでしょ。
3月も2本決まってるみたいでそのうち1本私所用により逝けませんで嘆いてたんですが
あとのいかがわしい場所にある方の1本は平日調整して逝けそうです。ヤッタ\(^_^)/
いかがわしい場所の方が私には合ってるしw the b.b.b今後の期待しかないです。
3バンド目「paradogbox」さん。これがまた良かった。メロウな感じの本格派バンド。
曲も美しくて良いんですが声がとてもいいのでめちゃ気持ちよく堪能しました。そんで
ベースがすこぶる良いんですよねー。ベースの良いバンドは外さないという私の法則は
やはりここでも生かされていました。また見たいなぁ。
4バンド目「AYM with 小堀努」さん。インストとVJで聞かせる魅せる。小堀さんが映像
なんですかね?音もベアーズに居てはりそうな感じで私は好きやなぁ不思議な世界に
誘ってもらって最高に心地よかったです。また体感したい。
5バンド目和歌山の「DRAW INTO DISORDER」さん。和歌山の雄、♂、押忍!漢の音。
グランジ?いうジャンルらしいのですが私そういうの疎くて全然知らんしまあ分かろう
と努力する気もサラサラないんですがとにかく強烈に恰好良かった!自分らがどう動いた
ら良いか、音だけやなくてステージングも魅せ尽くす感じが最高ですね。
6バンド目「Creamcan.」さん。こちらは以前も見てて自分的には良くも悪くもなんです
が若さ溢れるエネルギッシュな感じが良かったな。ブルージーな曲も良いですね。
しかしこの頃には私1滴も残ってないくらい滓々になっておりまして少々お疲れモード。
加齢には勝てませぬ・・・そやけど総じて楽しい夜で満喫しました!堪能しました!
終演後、和歌山のバンドの方とお話ししてたんですが自分はmeleのごった煮感が好きで
同じようなバンドが集まる仲良しイベントもそれはまあそれでいいんですが色々混ざり
あう感じの方が化学反応起きて面白い夜になる確率は高いような気がするみたいな話を
してましたら「和歌山は絶対数が少ないので混ぜるしかない」言うてはってなんやねん
混ぜるな危険のサンポールか?って危険なくらいキレッキレの演奏魅せられてホンマに
面白い音や演奏はそういうとこから生まれるんやと妙に納得した次第です。
この夜が楽しすぎてつい先ほど写真集を作ってしまうオタッキーぶりに自分でも萎える。
演者の皆さま、今宵も素晴らしい演奏をありがとうございました。そして夜ノコノコ
出掛ける阿呆な私を快く送り出してくれる家族にはホンマに感謝してます。
頑張って働くから今後ともヨロシクねー。
posted by menchan at 21:58| Comment(0) | ライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: