2019年03月09日

フォニックス教室発表会

少し前にフォニックス教室がくれたもの、いうポストを投稿したんですが、
今日娘のフォニックス教室の発表会がありました。娘は小学2年生の頃に
1年間英語の音を学ぶフォニックス教室に通っていて、3-4年はダンス教室
を選択し5年に改めてまたこのフォニックス教室に舞い戻ってきました。
グラスルーツの池亀先生に徹底的に叩き込まれたものはA-Zの音で、これは
外国人の先生に習うより日本人の先生に習った方がいいと私は判断しました。
小学生のうちに身に着けることができて良かったと思っています。
そして英語の音はオマケみたいなもんで池亀先生が娘にくれたものは自分で
考え仲間と共に自分達で決定し自分達で学んでいく姿勢でした。
これは中々公教育でもお稽古事でも難しいんですよねー。特に今の時代は
何でも用意されていて与えるばかりで子供はどうしても受動的になりがち。
指示されたことをこなすことが上手くできると「良い子」と思われるけど
いざ社会に出たら「良い子」だけでは生きていけないですよねー人生の荒波
が特に私らが社会に出た時よりも強烈な荒波が彼女たちを待ってる訳でして。
障害物取り除いて何でもかんでも大人が先回りして解決して、問題提起も
しないで、こうしてればいい、こうしてれば間違いないみたいな答えを示し
続けることなんてもう出来なくなっている。私らが当たり前に思ってきたこと
私達が大切にしてきた価値観が子供達が大人になるころには変わっている
かも知れない。その時にいきなり自分で考えろぉ言われてもキツイ訳で。
池亀先生が教えてくれたのはその思考の訓練と実行することの大切さやと
思っています。こんなこと教えてくれる先生はあまりいないと思う。
発表会自体は4クラスに分かれて日頃の学習の成果を子供達で話し合って
作り上げるというスタイルで即興性もあり中々面白かったです。
娘も自分以外ほぼ低学年と言うモンスタークラスを頼りにされながら上手く
纏めていたなと思います。どのクラスも最後に1年間で自分達が得たものを
スピーチするのですが皆声を揃え「自分で考え決め行動する力がついた」
言うてたんは圧巻でした。小学生ですよ?大人でも出来ない人多いのに!
きっとこの一年間は子供達のこれからの財産になるんやないかなと思います。
残念ながら池亀先生のクラスは今年でお仕舞で外国人講師の英語村にシフト
されます。中々良さを理解してもらえなかった親御さんも多かったみたいで
娘の友達も途中で辞めました。私は娘に自分で考え行動する力への入り口を
与えていただいたこととても感謝しています。彼女の血肉にもなってるはず。
娘も最後までよく頑張りました。5年間と長らくお世話になったエスポワール
も今年で卒業です。習字、英語、ダンスと毛色の違うお稽古を破格で教えて
いただき、得たものも大きかったと思います。スタッフの方にも大きくなった
なぁ成長したなぁと言うてもらって母ももらい泣き、胸が熱くなりました。
本当にお世話になりありがとうございました。娘はん、これからも色々と
一緒に頑張っていきまっしょい!負けないよー。
posted by menchan at 18:39| Comment(0) | 育児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: