2019年11月22日

いい夫婦の日に思うこと。

壇蜜と安藤ナツがいい夫婦の日に結婚したのでいい夫婦の日に思うことを。
私が夫と結婚したのは私が28歳の時、夫46歳、年の差18歳あれからもう17年
になる。結婚を決めた時夫は無職で思えば私の彼と一緒に居たい気持ち
しかなかった。46歳の彼が18歳年下の私にプロポーズするにはあまりにも
大変かと思ったので私が「一緒に居たい、結婚して欲しい」と言ったら彼は
「はい」と言ったんやっけな。普通の親なら猛反対するかもしれない。
18歳も年上の無職の男性に娘を嫁がせて幸せになれるかと思うかもしれない。
でも彼が両親に挨拶に行った時両親は二つ返事でオッケー。後で理由を聞い
てみると結婚は子供がするもの、親が口出しするものではない大人の二人が
決めたことで娘の選んだ人を信用しているとのこと、泣いた。
子供は一人で育てていくことになるかもしれないし当時は考えてなかった。
夫に先立たれて一人で育てていく自信もなかった。でも32歳で偶々身籠った
子供がダメだった時自分の中の母性が無性に生みたいと望み翌年有難い事に
娘を授かることができた。夫、51歳。私は既に自立してて不安はなかった。
娘が出来たと判った日も娘が生まれた日のことも忘れられない。夫はいつも
私の不安を和らげ自分のことのように指示するでもなく命令するでもなく
ただ寄り添って彼に出来る最大の努力をしてくれた。
私は良き妻でも良き母でもないし今後頑張っても余所の奥さんみたいには
到底なれないと思う。ただ自分が出来ないことも多くあるけど多少なりとも
得意なこと出来ることもあるので夫と娘のために最大限頑張りたいと思ってる。
こんな私を家族はとても良く理解してくれて本当に感謝している。
生涯婚姻率が低下する一方やと聞く。独身で自由を謳歌するもいいと思う。
何にも縛られず好きなことが出来る独身は幾つになっても最高かも知れない。
親戚づきあいは煩わしい、子育てはお金がかかる、何より他人と暮らすことは
異文化交流や。けど私はやっぱりあの時夫とずっと一緒に居たい一心で結婚
して欲しいと懇願して良かったと思う。好きな人とずっと一緒に居たいという
ただそれだけの単純な気持ちやったけど自分のその気持ちを信じてここまで
来たし紆余曲折あったけれどそれなりにしあわせと言える。夫はいつも私の
邪魔をせず危なっかしいと思いながらも暖かく見守ってくれた。感謝してる。
仕事も家族がいるからこれまで頑張れたしこれからもやるしかないと思てる。
他人と長く暮らして得るものは自分にとっては思いの外多かった。寡黙な人
なので彼がどう思ってるかは知らない。でも私は本当に感謝してもしきれない
しこれからも良ければよろしくお願いしたいと思う。本当にありがとう。
posted by menchan at 20:49| Comment(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: