2020年01月20日

2020年1月13日『追憶のファンダンゴ vol.4』@堺ファンダンゴへ行ってきました。

DSC08964.jpg

2020年1月13日『追憶のファンダンゴ vol.4』@堺ファンダンゴへ行きました。
本年度のライブ2発目は堺へ移動して新しくなったファンダンゴへ!鐵板の
ミライノスサンボさんの企画です。堺って広いんですねー遠いんですねー。
堺やし偶然情報を得た堺市のミュシャ美術館へライブ前に行こうと思って
調べて見るとミュシャ美術館はJRの堺市にありファンダンゴは南海の堺にある。
同じ堺なんやし歩いて行けるんちゃうのぉ思たら大間違いで!なんとバスで
20分くらいはかかるという。マジですか?流石政令指定都市!堺県。独立特区。
で先にミュシャ美術館へ行ってバスで移動してファンダンゴへ行くという計画
やったのですがワタクシまたしてもやらかしました。なんと反対方向のバスに
ライドンしてしまい何故か河内松原を目指してしまったのです・・・トホホ。
#わたしあるあるwそしてまた堺市までバスで引き返しそこから堺を目指して
案の定オチコク・・・で最初の月想さんが見れず。今年も変わらんドンくささ。
ファンダンゴ着いたら終わってた(泣)
それにつけてもファンダンゴよ!中に入ってビックリしました。これなぁまんま
十三のファンダンゴやん!ステージバックの壁は若干サイケ色が強めに出てたの
ですがやっぱりそのまんま十三やし、階段もまんまやし、少し下がってバーカン
からステージを見る雰囲気とか十三のまんまなんだよなーここまで再現できる?
みんなの愛したファンダンゴがそこには確かにありました。
で企画の首謀者サンボさんにご挨拶。いつも底抜けに明るくてファンキーで
大好き。ほんでサンボさんの企画は外さんのですよねーめちゃめちゃ楽しい!
ヰタセクのフロントのお二人とも親交が深いのでサンボさんの企画にヰタセク
呼んでいただけるん本当にうれしいです。今回も強烈な面子!そして2時半から
開催と言うことでフードもある!奥様お手製のミライノ食堂はなんと朝6時から
奥様は起床で色々作って来てくれはったそうで肉まんしか食べてなかった私は
ついて早々腹ごしらえ。価格もお安くて愛を感じる。本当に有難うございます。
2バンド目「ザ・スリーバント」音を素直に聞ける正統派のロックンロール。
最近轟音とか爆音ライブに行くことが多くて逆に新鮮に感じてめっちゃ良かった。
3バンド目「ニコラス」。2回目かな。ハードレインの店長さんのバンドで
サックスの音が色っぽくてカッコ良かった。自分的には可もなく不可もなくかな。
心地よく聞いてられる言う感じです。柔らかい感じで始まってよかった。
4バンド目「桜川春子とかんのとしこ」桜川春子とレミーマルタンから出たDUO?
いやー赤犬と桜川春子さんは大阪の秘宝なので今回も最高に笑かしてくれました。
前半はシャンソンっぽいノリで。後半はなんか女優デビューするからその歌を。
みたいな編成やったかな。トークも曲作りも全てが天才的に面白い春子さんですが
歌めっちゃうまいんですよね。いやー最高。またレミーマルタンも見たくなった。
5バンド目「ヰタ・セクアリス」去年はライブ4回しか見れんかったからなぁ。
メンバーさんも個々の活動で忙しいのもあるやろうけどやっぱりもう少し見たい。
せめて2か月に1回は見ないと干からびてしまうよ。そんでファンダンゴで見る
ヰタセクはやっぱりいいなぁ。映える。セトリも良かったなー幻想のリリー、
マジックショー、地獄の季節、風のダンデライオン、ロシアンルーレット、
セブンティーンって最高か。自分にとってヰタ・セクスアリスはずっと見てきた
特別なバンドでどんな曲やってもヰタセクだけは妄信に近いけどやっぱり
サイケデリックトリップな「幻想のリリー」は本領発揮やなと思う。あと演劇
チックな要素もある「遅れてきた男」とか。マルチにできちゃう人達なので何
やってもOKなんやけど!「風のダンデライオン」を「懐かしい曲」と紹介して
しまうあたり4thアルバム出てからの年月を物語る。そろそろ次のアルバム欲しい。
ライブでやってて音源ない曲いっぱいあるもんなぁ。遠目・・・
6バンド目「ROCA'66」いい音鳴らしてたなー理屈抜きでめちゃめちゃカッコいい
ロックンロールなんよな!片山さんの描く曲めちゃ良いし伊藤さんのベースアクト
大好きやし、赤井さんのギターはもう失神する・・・ロックがロールしてて最高に
転がしてる感じやった。新曲も良かった。
7バンド目ラスト「ミライノス」めちゃめちゃ好きなバンドでミライノスはこう
何聞いてもどこか切ない感じがあるんよな。サンボさん、底抜けに明るい人やのに
曲は結構ウエットなのな。それでいて吹き抜ける風が爽やかっていうか。
やっぱええ曲描く!それに尽きるし、赤井さんのギターはやっぱり失神する。
ダブルヘッダ―お疲れ様です。ジャズマスターめちゃ良い音鳴らしてました!
いやー楽しかったな。なんというか場所が変わっても人も魂もそして音楽が好きと
いう気持ちが十三から引き継がれている感じがして加藤さんも変わらないしええな
と思いました。少し前からライブハウスは移転や閉店が相次いでますがライブハウス
いう素晴らしい文化を大人の社交場をずっと守って生きたいなと強く感じました。
お金と時間は限られてるけど感動やエナジーを沢山もらっているライブハウスに
今年も出来るだけ足を運びたいと思います。家族の皆さまよろしくお願いします。
posted by menchan at 00:31| Comment(0) | ヰタセク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: