2020年07月26日

2020年7月25日TASTE of UNDERGROUND@和歌山CLUB GATEへ行ってきました。

DSC00370.jpg

2020年7月25日和歌山CLUB GATEにて行われた「TASTE of UNDERGROUND」へ
行ってきました。DRAWINTODISORDER企画でごっついのばかり6つも集めてる。
そしてこれ最後まで恐らく見れんやつ、プチ遠征やし泊りはご法度やし・・
家族には「泊まって来たらええやん」と言われており特に私は夜居なくても
大丈夫みたいなのですが(それもどやねん)自分の中で遠征→宿泊までしたら
タカが外れて金銭面でも体力面でも収集つかなくなりそうで宿泊はしないと
決めてます。どんなに楽しくてもその日のうちの電車で帰るをモットーに!
欲を言えばもう少し早い時間にはじめていただいて10時くらいに終わると
ベストなんですけどねーそこは地元タイムやから押すやろなとは思てました。
私が時間押すと勿体ないなと思うのが例えば遠征で帰らないといけない人が
最後までバンドを見れないことで折角良いバンドが出てるのに体感する機会
を失ってしまうことです。見る側にとってもバンド側にとっても勿体ない。
とても勿体ない。なので色々諸事情はあるでしょうが出来るだけタイテは
守った方がみんなウルトラハッピーになれるかなと思います。→愚痴ですw
GATEは移転して新しくなったらしいのですが今日はその移転最初の営業日?
らしくてというのもコロナで延び延びになっていたみたいですねー。コロ助
のやつ。そんな記念すべき日にええイベントで来ることが出来て嬉しいです。
和歌山に来たのは去年の5月の連休以来でその時はVINTAGEだったのでJRに
乗って行きましたが地図見たらGATEは南海の方が近い感じでして新今宮から
南海チョイス。まぁどっちも微妙に遠いんですけどねぇ。自分の最寄からだと
2時間くらいはかかるので和歌山はホンマプチ旅行です。京都・奈良・神戸・
滋賀くらいまでは通箱県内ですが、和歌山・三重・名古屋はやっぱ遠いです。
新今宮でワーグナーの発車音を聞いて特急サザンに乗り込もうとしたところ
なんか特急料金要るみたいなアナウンスがあり慌てて辞めたんですがどうやら
自由席は特急料金要らんのですね。しくった!乗りそびれてしまい次の関空行
急行に乗ったらなんと泉佐野で乗り換えでそこから鈍行て。13駅もあるやん。
しかぁーし南海鈍行にはボックス席が設けられており車両はほぼ人がおらず
私の貸し切り状態でプシュー開けてしまいました。着いてないけどセルフ乾杯。
GATE着いたらギリやったんですがまだ開場してない!これ案の定開場から押す
パターンか。ラストがドロウやったんでタイテ見たらもしかしたらドロウ少し
見れるかもと淡い期待が始まる前から無残に散ってゆきましたとさ、(;´д`)
久しぶりにお会いする人にもご挨拶していやー和歌山で再会できるとは正直
思ってなかったんで嬉しいです。ライブはかなり久しぶりとのこと。そういや
コロナで全然ライブに来なくなった大好きな人達はどうしてるんやろう?仕事
とか家庭とか色々しがらみもあるんやろうなと思いつつやはり会いたいですね。
ライブ会場でしか会わないのでそこは特に連絡取ったりはしないんですけども。
ほぼ30分押しからの1つ目「ESCAPE」初見。若い和歌山のバンドでめちゃいい音
鳴らしてました。ライブは6ヶ月ぶりとか。メンバー全員が久々にライブできる
喜びを噛みしめるかのような演奏で良かったですねー。後でヒデさんに少し話
をお伺いしてたんですがヒデさんの企画は地元のバンドと他の地域から呼んだ
バンドを繋ぐような感じで組んでおられてなんて言うのかな地元のバンドに
新たな刺激と新しい風をもたらしたいと思てはるんかなと感じました。自分ら
だけ楽しかったら良かったらそんでええから抜け出た思想、カッコいいですね。
2つ目「FIFTHNEWHEAVY」こんな早い時間にFIFTHを持ってくるの和歌山ならでは!
和歌山でFIFTHを見るのも1年と3ヶ月ぶり?少し高めの光量あるステージで
爆音浴びて逝きました。熱い。クソ熱い。でもライヴってクソ熱くてなんぼと
思てます。今日も迷いのない真っ直ぐな姿勢に灼かれました。どんな好きやねん。
前述のドロウやないんですがロックはアティチュードやと思てます。FIFTHを
最初に好きになった時からその姿勢はずっと変らず寧ろ強くなる。どんな状況に
おいても自分らの信念曲げない貫き通す感じ、最高にロックで尊敬してます。
3つ目「TSUKAMARO」もしかして大阪以外で見るの初めて?音源聞きまくりなので
一音一音全部わかるし、曲もほぼソラで歌えるのですが見るたび立てなくなる
くらいの衝撃を受けます。TSUKAさんがエフェクター踏む瞬間に轟音に飲まれる
あの感覚がたまりません!「河」では何故か涙が止まりませんでした。
アルバム「萌芽」もしょっちゅう聞いてますがこれが歌詞が本当に良いのです。
TSUKAさんの歌を聞いてて実は英語やと思てたんですがwすいません。その作詞
能力の高さに驚かされました。ホンマ何やらしても天才。演奏前に居眠りこいて
体力温存してはる姿も目撃しました。連日お疲れですもんね、かわいい。
4つ目「The Disaster Points」2回目。前回戦国で見てその熱さに殺られました。
今回FIFTHとDisasterの組合せをどうしても見たくて和歌山まで来たんですよね。
曲はシンプルなロックンロールなんですがとにかくそこに賭ける情熱が熱い。
音楽が好きでたまらない初期衝動を思い出させてくれるバンドでシンプル故に
カッコいい。呼応する熱いファンも大好きでDisasterのライブが作り上げる空気
が本当に好きです。ライブって理屈抜きでいいなぁと思いますねー。
と此処まで見たところで10時になってしまい、あと2バンド残したとこで離脱。
でもめちゃ良かったです。ドローのヒデさんがFIFTHとDisasterを引き合わせた
かった言うてはってめちゃナイスやと思いました。そこにホイホイする私w
和歌山でドロー見れないのは2回目ですっかりお約束になってしまいましたが
すぐに大阪来てくれるので良しとしましょうか。ヒデさんがジャンルとかシーン
とかくだらんし和歌山ではそんなものを越えてブッキングしたい言うてはったのが
とても印象的でした。そういえばドローを初めて見た時も言うてはったと思います。
そういう心意気は見る側にとって有り難い。私はシーンとかジャンルとか仲良し
とか疎いもんであまり分かりません。ただ面白いブッキングみたいだけです。
推してるバンドはありますが距離が近すぎると純粋に良いイベントだけをチョイス
して音楽を楽しめなくなるのでアーティストさんとの距離感も大事かなと思てます。
お後は宜しいようで名残惜しかったのですが和歌山の夜、十分堪能しました。
演者の皆様、今宵も素晴らしい演奏をありがとうございました。そして家族の皆様
連日ご迷惑をお懸けいたしますが本日も楽園へ出動します、何卒よろしゅうに♪
posted by menchan at 13:36| Comment(0) | ライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: