2020年12月29日

2020年12月20日反骨音楽祭@戦国大統領へ行ってきました。

DSC04610.jpg

2020年12月20日戦国大統領で行われた反骨音楽祭に行ってきました。
前日REBELSファイナルで当日娘の十三参りを入れていたのですがねー
どうしても行きたくなってしまってまた来てしまいました、戦国。
フライヤーいただいてからずっと気になってて連続はキツいかなと
思いつつまぁ京都から帰ってきて仮眠すりゃなんとかなるやろといざ!
いやー行って良かった!本当に良かったです。こういう夜があるから
ライブハウス行くの絶対やめられへんねんわー
戦国着いたらマイアイドル由美さんがぁぁぁ!ティンちゃんがぁぁぁ!
由美さんに「来てくれて嬉しい黄ハート」と言われて私有頂天になってもて
こりゃキャバクラに通い詰めるオッサンの気持ちがめっちゃわかる。
1つ目「320さん」バーフロアでトップと聞いてたのでオンタイムで間に
合うように17時30分着を目指しました。好きなんだよな〜歌も歌唱も
ハープもギターもキャラも。理屈じゃなくてソウルやから魂揺さぶられる。
熱い歌唱と対する繊細なギターとハープ。320の日のレコ発が待たれます。
2つ目「五臓六腑」9月から色々重なってて見れなくてやっぱり見ないと
年越せん思て見に来ました。もー由美さんの全てが好き。カッコいい!
フロントの欲しいもの全部ある。あんなボーカリストおらんと思います。
ティンさんベースも天才的。今日は森田さんギターでめちゃ良かったです。
3つ目「CriticalThinking」2回目かな?前見たときはそんなに印象には
残らんかったのですがなんでしょ?今日はめっちゃビビッときました!!
ギターナニアレ?ジミヘンか?ワウ使いがえげつない!そやのに足元は
めちゃスッキリしてる。たまらんリフの応酬でビリッビリに痺れました。
4つ目「TSUKAMARO」毎回最高すぎますが特に新曲の2曲が素晴らしい出来。
なんというかTSUKAMAROの曲にはロックというより演歌の魂を感じますねー。
演歌言うとロックやってる人は馬鹿にするかも知れませんが情とか自然とか
それは人生みたいなもんです。でもやってることバリバリのハードロックで
まぁもう文句なしに痺れますね。今月TSUKAさん5回目wもう追っかけですw
最近はMARO先生のプレイが熱くてドラム叩きながらの咆哮に殺られてます。
5つ目「爆弾クラブ」初見。清々しいくらい癖のない正統派のロックンロール。
こんなん聞いたん久しぶりかも?シンプルに感動しました。サントスさんが
最前で子供のように狂っていて大好きが伝わりじーんとしてしまいました。
6つ目「THE★わたる」初見。バーフロアでエレキの弾き語り。和歌山の方
らしいです。身の回りにある人生のやるせなさなんかを熱くストレートに
語る感じがとても心に沁みました。優しいパンクスですね。
7つ目「bEERPIGs(from岐阜)」初見。ハンコッツが競演はしたことないけど
ライブを見て惚れて呼んだ強者。めちゃめちゃ良かったです。只のパンクス
に非ずで魅せ方がとんでもなく上手い。強い。鮮やか。楽しい。最高過ぎる。
同じパンクでも消化試合みたいな音垂れ流すバンドとの違いが分かりませんが
とにかく全身滾った!また来て欲しいし機会があれば岐阜に行きたいです。
ラスト、みんな大好きザ・ハンコッツ!いやー素晴らしいライブでした。
モッシュ除けで下がって見てたんですが演者と観客の一体になる姿が美しくて
泣いてしまった。ラストはTSUKAさんもギターで入りーの、観客もステージに
上がりーので幸せしかなかったですね。今回初めて引きでの写真を撮ってみて
載せてるのはハンコッツやとあんまり分からないのですが私の好きなライブの
戦国大統領の姿が全て写っててて最前も良いけど引きもフロア全体の熱量が
感じれて良いなと改めて思った次第です。
華タコスも具沢山でめちゃ美味しかったです。華ちゃん食堂は毎回思いますが
本格的な料理なんですよねー。一つ一つが丁寧で美味しくてボリュームあって
リーズナブルで皆の胃袋を幸せにしてくれて愛しかないです。ご馳走様でした。
音楽が好きで音楽を演奏する人と音楽を浴びに来る人がシンプルに集う場
戦国大統領で大好きな人達と最高に楽しい時間を過ごすことが出来て幸せしか
なくて今も写真を見返して泣いてしまっています→アホか?
反骨音楽祭、素晴らしい時間を作ってくれて本当にありがとうございました!
そして連日イソイソとライブに出かけることを快諾してくれる家族の皆様には
本当に感謝しております。また来年もよろしくお願いいたします。
posted by menchan at 00:00| Comment(0) | ライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: