2012年06月18日

次の目標

久々にお金の話です。住宅ローンが終わってから次は何のためにお金を
貯めようかと思ってました。私が貯金する時は必ず目標を明確にしてます。
目標設定には購入物・目標額・期間の3点が必要です。家を買うときにも
娘が小学校に上がるまでに現金一括購入が目標でしたから2年早い達成でした。
その間年利3%という金利を払ってちょっと苦い思いもしましたが少し早目
に快適な生活を得た代償やと思うようにしています。
貯金はただ収入から支出を引いた額をやみくもに貯めていたのではダメだと
思っています。というか明確な目標設定がなければ貯まりません。それに
ただ貯金額だけを積み重ねて行っても面白くありません。明確な目標を立て
それに向かってどのようにその目標をクリアすることを考えなければ貯金も
ただの節約になってしまい心が荒んでしまいます。(これ一番ダメですね。)
家計簿をつけて月に何円節約できたと喜ぶより目標にどれだけ近づけたと
考える方が同じ貯金でも達成感が違うと思います。家計簿は目標への達成が
上手く行きそうにない時や途中経過が宜しくない時に何故なのか分析する
ためのツールとして使っています。ただつけているだけではダメなのです。
またお金を手元に貯めておくのもあまり好きではなく(もちろんある程度
必要です)これは社会不安からそうさせるのかも知れませんがお金は本来
あった方がいい場所に適切な時期に適切な金額があるべきだと考えています。
お金とは使うために貯めるのであって貯めたお金を一発で使う時のことを
連想する、これは結構気持ちのいいものです。私はデカイ買い物をする
のが好きです。次の目標は教育資金。といっても子供の大学のお金です。
一応子供一人当たり600万円用意しようと思っていて、(理系なら足らんかも
知れませんが後は子供がなんとかすればいいという考えです)もう一人子供が
欲しいので1200万円は貯めなければなりません。うち700万円は子供手当
(どこまで宛てになるかわかりませんが)と子供保険(2本かけています)で
賄えそうなので500万円を貯めることになります。目標は5年。1年100万円です。
頑張れば3年ー4年で貯めれそうですが一応余裕を見て期間は5年に設定しました。
娘が小学校低学年の間に大学費用を貯めておこうと思っています。
1200万貯まったら600万円を各々子供名義の定期預金に入れて18歳になる頃に
通帳を子供に渡してやろうと考えていましたが最近は少し考え方を変えました。
大学に入る際に入学金と1年分の学費を捻出し後の3年は奨学金で自分で頑張って
もらい、無事卒業し本人が納得のいく大学生活を送れたなら奨学金を一括で
返済しようと思っています。そうでなければ社会人になってから返済させます。
卒業時に一括返済しようと思いだしたのは大学の費用が後々の生活の足かせに
なったらちょっと可哀そうだなと思う親心です。夫婦で奨学金返済だと
かなりの負担になりそうです。ただ親の金を使って行くからには大学に行く
にも明確な目標が欲しいのです。そして目標を立てたらその目標に向かって
懸命に努力して欲しい。例え職に結びつくようなものでなくても構いません。
他人から見たらくだらないものであっても夢中になれることならいいのです。
ようはその経験こそが本人の生きていく上で糧になると思うからです。
私自身大学で何を学んだかと言えば人に胸を張って言える成果があったかどうか
分かりませんが少なくとも「事が起きた時にどう対処するかの解決力」は身に
ついたのではないかと思います。本当はもっと結果が欲しかったと思った時期も
ありましたが同じ社会人大学生からの一言「働きながら自分の力で4年間学べた
そのことを褒めてやりたい」に力づけられました。自分のお金なので納得の4年間です。
でも大学自体はとても私は重要やと思っていて大学時代に習ったことが物事を深く
考えると言う点において人生を逞しく生きていくと言う点でとても役に立ってます。
大学のお金を貯めたら一応親の責任はそこまで(日々の生活は別ですが・・・)やと
思っていて塾やお稽古事は全然考えてません。自戒ありですが今の親は与え過ぎな
傾向があり過ぎると思うので何もないところから自分で考えてアクションを起こせる
子供になって欲しいと思います。「無からの創造」ですね。ただ日常生活の
中から気づきだけはちりばめておこうとは思います。あとは本人次第です。
子供の学費の次は自分達のために使えるお金を貯めます。目標は1000万円。
500万円ずつ主人と山分けです。これは10年くらいかかるかな。あと15年か。
余力があれば分譲団地をもうひとつ買ってアトリエ兼寺子屋兼文化教室みたい
にして使えればなぁと妄想の日々です。貯金は夢とリンクしていてそうなると
目標を立てて節約するのも建設的で達成感も味わえるし楽しい作業です。
posted by menchan at 12:31| Comment(0) | FP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: