2014年01月24日

入院前夜

鼠径ヘルニア手術の為27日の午後から入院することになりました。
27日午前中は仕事をして午後から入院になります。病院が職場から
近いので助かります。28日に手術をして30日午前中に退院予定です。
その後その足で職場へ向かう予定をしています。これも病院が職場
から近いのでなせる業です。鼠径ヘルニアの診断を受けてから手術日
をいつにしようか色々悩んでいて1月は最終週しか空いてなかった為
この日になりました。有給は3日取りました。といっても丸一日休む
のは2日だけですのでなんとか仕事に穴をあけず迷惑をかけることも
なく済みそうです。
手術・入院にあたって2回ほど検査で職場を抜けました。これも30分
から1時間で済んだのでわざわざ休暇を取るほどでもなく助かりました。
入院・手術のお金が10万を超えそうなので事前に高額医療費限度額の
事前申請をしておきました。この認定証があると窓口の負担が少なくて
済みます。あとで申請をしても良いのですが返金されるのが3か月先
になると言われたので事前に申請しておきました。
入院に際して看護記録という書類に記入するのですが、6年前娘を出産
したときに記入した看護記録と様式が変わっていて「介護」に関する
記述がかなり増えたように思います。「排せつはできるか」「清潔は
●か」「食事は自分で取れるか」「意思疎通は可能か」などなど。
時代の流れだなぁと思いました。入院中介護が必要な患者の把握が必要
なのでしょう。6年前同じ病院で娘を出産したのですがその時はそんな
記述箇所は見当たらなかったように記憶しています。
実質3泊4日で家を空けることになりますが、その間、若干家のことが
気になります。保育園の準備や、洗濯、家事、掃除、ゴミだしなど等。
保育園の送り迎えも3日間は主人にすべてお任せすることになります。
保育園の準備や娘の着替え等は日毎に準備して娘に伝えておこうと
思います。ゴミ出しも主人自身は日にちの把握をしていないので紙に
書き出しておかなくてはなりません。洗濯は1回くらいは回してくれる
でしょうが家に帰った時に溜ってるだろうなと思います。色々と考える
とキリがないのですがなるようになると思わないと仕方ないですね。
頑張ってもらいましょう。
26日入院前日の午前中に近所の成田山へお参りに行きます。娘の手術の
時もそうだったのですが祈祷をしてもらってお守りをもらっておこうと
思います。命にかかわるような手術ではありませんが念のため。
病院に居る間は携帯電話も使えないような環境になりますのでネットも
繋がりません。しばらくは世捨て人になりますがそれも又吉。休暇を
いただいたと思って悪いところをきちんと直しておこうと思います。
今回手術に踏み切るきっかけになったのは年明けの義母の怪我です。
鼠径ヘルニアは今すぐどうなる病気ではありませんが、陥頓を起こして
急に病院に運ばれるようなことになったら、いろいろな人に迷惑をかける
なと思ったので計画的に治療しておこうと思いました。自分は色々な人に
関わって生きているので突然何かあったら大変だなと実感しましたし、
なるべくそういうことがないように日頃から健康管理には気を付けたいです。
しばらくブログはお休みします。よろしくお願いします。
posted by menchan at 19:23| Comment(0) | 鼠径ヘルニア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: