2014年02月10日

再診

先週の土曜日に先日受けた鼠径ヘルニア手術の再診を受けてきました。
当日主人が仕事だったので娘を連れてバスで病院へ行きました。朝から
降っていた雪も診察予約時間の11時になる頃には雨に変わっていて助かり
ました。関東では大荒れの天気だったようですが大阪で雪が積もることは
滅多にないのでありがたいことだなと思います。大阪は住みやすいです。
10分くらい待たされて執刀医の先生に鼠蹊部と接合部を診てもらいました。
術後鼠蹊部に水が溜る「漿液腫」という合併症が出ており、診察時も少し
出てたんですが特に問題はないとのこと。1か月にもしないうちに身体に
吸収されるでしょうと言われました。あまりに長く吸収されずに違和感が
続くなら針を刺して水を抜くそうですが感染症の問題もあるので特に処置
せずに様子をみることにしているそうです。まあ確かに違和感はありますが
時々水が移動するような感覚がある程度で痛くも痒くもないので執刀医の
指示に従うのみですね。その後週明けに驚いたことに膨らみは全くでなく
なっていました。徐々に吸収というより突然なんだ!吃驚です。
術後約2週間たったので接合部のテープも剥がれ傷もほとんど目立ちません。
自転車にも乗れるし日常生活に全く支障がないのですがひとつだけ難点が。
なんと腹筋は3か月厳禁だそうです。えー困るよ。もうすぐ3段腹になりかか
っているというのにこのまま3段腹になったらどうしよー。ひえー。
保険会社に請求する証明書を書いてもらおうと持って行ったんですがすぐに
出してくれないんですねぇ。営業日ベースで10日はかかるとのこと。4200円。
次回の再診は一か月後3月8日です。おそらく漿液腫を診るんでしょうけど
今の状態だと問題なさそうですね。今回思い切って手術して良かったです。
麻酔科医の先生に言わせるとタイヤのパンクを治すようなものだとのこと。
まあ再三経験したくはないですが、身体に異変があるなら早く見つけてさっさ
と治した方がいいなと今回の手術を経験して思いました。受ける前はちょっと
ビビってたんですけどね。身体も元に戻ったので今日から本来の日常生活の
開始。今年の目標は語学なのでちょっとずつ頑張っていきますよー。
posted by menchan at 12:16| Comment(0) | 鼠径ヘルニア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: