2018年12月12日

「色とりどりの親子」を見てきました。

先週の土曜日に「色とりどりの親子」を見てきました。12月1日いうことで
毎月1日は映画の日やし土曜やし折角なんで娘と一緒にデートしようとなり、
スカイビルまで行ってきました。シネリーブル一人ではしょっちゅう行って
ますが娘と一緒に行くのは初めてかな。シネコンでやってるような映画しか
今までは一緒に見てこなかったんですがマイノリティの子を持つ親と子を
描いた話やいうことで字幕やけどもう理解できるかもと思て無理やり連行。
分かりやすい映画もいいですが分かり辛くとも一場面でも覚えていて後で
何やったろうと振り返るシーンがあるなら見に行った価値あるかな思います。
いい映画いうより私がもう感じすぎてしまってしばらく放心状態だったん
ですが今はちょっと落ち着いていいドキュメンタリー撮ってもらい感謝です。
6組の親子どれもそれぞれに感じることがあって上手く記録できないのですが。
LGBTの著者から思うこと、私は最近正直、性も結婚も嫡出子もどうでも良い
と思っていて大事なのは人を好きになることで好きな人と一緒に居たいと思う
ことで、ともに命を育んでいくことなのでそれが必ずしも生物学上の異性で
ある必要もないし、絶対籍を入れる必要もないし、結婚した異性から生まれて
こなくてもそれはそれでいいんじゃないかと思っています。自分も夫と結婚
した頃、かなりの年の差があって外野に色々と言われました。子供を身籠った
時も何もしてくれない人たちが心配した振りをして心無い事を言ってきたり
しました。家族のカタチもそれぞれでこうでなければならないはもうあまり
意味をなさないんじゃないかなと思ったりしています。逆にこれまでの形に
ハマった家族のカタチだから幸せというものでもないですし。そんなことを
ずっと考えていたので著者が同姓と結婚し代理母に子供を産んでもらって、
好きな人とその子供を育てているいう場面にいたく感動しました。
こうでなければ結婚したらダメとか結婚してないと子供を産んだらダメとか
そういうのもうなくなっていくといいんじゃないかと思っています。
どんな状況でも愛する人と一緒に生きて幸せでどんな状況でも生まれてきた子
が嫡出子じゃなくても愛に溢れた環境で育っていくといいなぁと願います。
低身長症のカップルが結婚して子供を身籠るんですが母親が低身長症の子が
遺伝的に生まれる可能性についておびえたり心配してたり全くしてなくて
寧ろその方が良いとインタビューで言っているのに清々しい強さを感じました。
私達は五体満足で生まれてくるのが一番幸せだと勝手に決めつけている。
でもどんな状況で生まれてきても結局その後どんな環境でどう育つかの方が
大事なんであって自分達の子供である以上大事に育てて愛し抜いていくという
自信を感じました。その強さにウルウル。
自閉症を育てている母親にも感じるものがありました。身近に自閉児がいる環境
で育ったので親の苦悩も分かるしあの時こうだったら良かったんではないか、
とか思うことも沢山ありましたがそれは誰にも分からない。最良の答えなんて
周りが決めれることでもないのかもしれない。ただ自閉児が自閉児同士言葉は
出来なくともパネルやパソコンを使ってコミュニケーションを取り意思疎通して
友達になっている様には驚きました。健常児ではないことは事実で現実ですが、
それならば何も出来ないかというとそうじゃないしその可能性を光を探り続けて
いく両親には同じ親目線でグッとくるものがありました。
ダウン症の子を持つ母親の「限界を感じている」にも胸に迫るものがありました。
夫が学校でダウン症の子を受け持っていたことがありよく聞いてたのですが彼らの
優しさ、純真さ、優れた面々には本当に心洗われるものがあり親は育てているうち
にその子がかけがえない存在になると。それは子供を持つ親が皆感じる感情と同じ
かあるいは大変なこともある分それ以上なのでしょう。映画で出てきた親子は、
ダウン症だからといってこれだけのことが出来るんだという可能性を突き詰めて
行く感じがあり子供もそれに答えているようでしたが限界を感じた時に改めて、
障害を持っているという事実を拒否してきた現実に向き合うのかもしれないと
思いました。これは本当に難しいと思います。
いずれにしてもこうであるべきとかこうに違いないとか勝手な想像や思い込みで
自らの価値観押し付けて決めつけるのは何か違うと思うし息苦しさを感じます。
マジョリティやろうとマイノリティやろうと人の幸せは人の数だけあってその人
自身が感じることで誰かが勝手に決めることでも同情されることでもない。
映画が終わって同ビルの空中庭園へ娘と一緒に行って世界ビールを飲み大阪の街を
見下ろしながらそんなことを私自身は感じていたのですが、娘はどやったかな。
割と重たい内容ですがお涙頂戴でもなく淡々と描いた良質の作品やと思います。
posted by menchan at 22:17| Comment(0) | 雑記

2018年10月16日

THE CONIES 「RED」

red.png

コニーズの赤い奴、入手しました。流通に乗ってないと仰るので直々にお願いして入手。
BLUEを入手した時に赤い奴持ってはるなぁと思ってたんですがそん時はいつでも買える
と思ってたんですねー。まさに一期一会。バンドさんとは二度と会えないかも知れない
し音源は二度と手に入らないかもしれない。欲しいと思たら金銭的な問題はあれども
即その場で入手しなアカンなと思いました。ご厚意で無事に手に入れることが出来て、
なんとライブ一発どり音源まで(泣)なんて誠実なお方なんだ。いい音楽やってはる人
は人間性も素晴らしいという私の中の法則はやはり間違っていない。
ではでは15分足らずの赤い奴、参ります。一日6-10回は回してるなーwww

1.RED
わずか38秒の赤い衝撃。雄たけびから始まって早めの展開ややゆっくり目のテンポになり
あっという間なんですがもう倒れるくらいカッコいいです。これライブでやられたら一発
で逝ってしまうからライブ見なくて良かったかも・・・

2.Brain Dead
先にyoutubeでBrain Killerいう仮おきのタイトルの曲が上がってたんですがこちらの方が
完成度高いです。朝聞いたらラリリます。いい感じであっちの世界に連れてってくれます。
BLUEではベースギターボーカルの衝撃とそのクオリティの高さに終始やられっぱなしで、
またタイセイさん脱退の喪失感みたいなんからそっちに傾聴しっぱなしやったんですが、
REDは割と冷静に聞けて、太鼓が恐ろしく良いです。出したい音、叩きたい音がとても
よく分かる。そしてここでこれハメたら最高に気持ちいいいうところで絶妙の音ハメてくる。
好きですねー。

3.Solid Black
最初はそれほどでもなかったんですが100周超えたあたりから自分の中で急上昇してきた
これまたヤバい曲早いリズムからややゆっくり目のテンポに変わる転調のセンスが最高。
太鼓とベースのバチバチ感もめっちゃいいです。短い曲でシンプルなんですがシンプルな
中にソリッドなカッコよさを詰めてくるって中々出来ないと思います。冗長過ぎてもアカン
し基本同じフレーズの繰り返しで転調も1回くらいなのにこの出来は恐ろしいセンスです。

4.Jukai
REDでは一番好きな曲。ほんまに好きすぎて1時間こればっかり聞いてたくらい→アホか?
ミディアムテンポで重たいフレーズ。そやけど諄い感じは全くなく徐々に上げて行く感じ
がホンマに好き。3分18秒とREDの中では一番長い曲でこういう曲描けるって強さやなと
思いますねー。

5.Stinger
Jukaiの次に好きな曲でテンポがすごくいい。この曲の太鼓が好きで好きで太鼓をこんなに
聞いた曲はたぶん初めてやと思います。ベースリフも痺れるくらいカッコいいし、声もいい。
一音一音漏らさず聞いたらホンマに新たな発見がなんぼでも出てくるし、もしかしたら
作られたご本人達より私の方がこの曲を知ってるかもしれんいう自負はあります!

6.Rainfall Unpluged
もう参りました。BLUEでしこたま聞いたRainfallをアンプラグドで入れてこられるとは
夢にも思ってなかったんで、完全に堕ちました。しゃーないです。これは堕ちるなという
方が無理です!しかもしかも繋いでる時と違って囁くような甘い声やないですかー。
1回目と2回目の歌い方をまったく違う表情で変えてきはる辺りも策士や思いました!
楽器の音が少ないとこんなにクリアにええ声聞こえるんやー。もうフレーズから声から
吸う息、吐く息の音まで好きすぎる。ずっとイヤホンで聞いてましたがホテルでイヤホン
忘れてスマホから垂れ流してたんですがもうラジオから聞こえるクラプトンのアンプラグド
みたいや!いやこっちの方がいいやんか!ベースの弾き語りってめっちゃ難しいらしい
ですがタイセイさん、声がめっちゃいいので是非やって欲しいです!強く所望!
コニーズで初めてボーカル取らはったらしいですが、絶対歌うべき人です。頼みます!

ベースギターでボーカルやったタイセイさんが抜けはったというのに今度はコニーズの
赤い沼に嵌り抜けられなくなってしまいました。あんまり言いたかないけどこの体制で
ライブ聞けないのはホンマに惜しいですが、作品が素晴らしいという事実に変わりはない。
作品はずっと残っていくもんやし、イヤホンつけてボタンを押せば作品を感じることは
出来るんでねー今後も聞き続けると思います。そしてお二人の別々の新たなる活躍が、
楽しみでなりません。同じものはないと思うけどきっと超えてくるとREDで確信しました。

BLUEよりもやや攻撃的な感じのREDですが二つ聞いたことでコニーズいうバンドをとても
よく分かったような気がしました。同じことばかり書いてますが一音一音出してくる音の
センスが半端なくいい。好きやから言う盲目な贔屓目やのうてホンマにそう思います。
それから何回聞いても飽きのこないシンプルさもいい。バンドは生き物やしメンバーも
出す音も変わっていくしそれはそれで仕方のないことやと思います。ひとところに留まれ
なくなったらそれは成長の証かもしれない。ただ自分は良い作品残してくれてありがとう
とだけ言いたいです。お互いこれからもきっと良いもん作っていかはると思てます。
posted by menchan at 21:32| Comment(0) | 雑記

2018年09月08日

THE CONIES「BLUE」

DlasNbmUwAAYEPw.jpg

THE CONIESの「BLUE」8月4日のライブで購入して200回以上は聞いたと思います。
ライブに1度しかいけず知るのが遅すぎた。簡単に言うとドラムとベースの2ピース
オルタナティブロックバンド言うことになるんでしょうけどそんな一言で言って
しまえるものではなかった。ハッキリ言って2人の出す音と違います。大きなロック
フェスで海外の大物バンドがゲストでやってきたみたいな感じの迫力→知らんけど。
ドラムもめちゃいいんですがこのバンドの肝はやはりベース!普通のベースとは
ちゃいます。ドラムと一緒にリズム隊に徹しているそんなベースとは違います。
リードギターならぬリードベース、しかししっかりリズム隊としての機能もある。
なんなん?そして時折聞こえるグシャグシャのファズギターみたいな音、歪んでる。
と思たらベースの方元々ギターを弾いてはったそうで、まあそういう人多いですね。
それにしても最高やなーベースでここまで殺られたらベース好きの私はもうアカン。
1曲1曲はいたってシンプルなリフの繰り返しですし歌詞も基本そんな感じです。
がそのリフのセンスがすこぶるカッコいい!歌詞も何コレ?短すぎなんですけども
もう音が強烈にカッコいいので正直歌詞にそないに意味なくて良くよくないか?
ってなっています。基本私は日本語の歌詞がきちんとした歌モノが好きなんですが
本物を前にしたら自分の好みなどもうどうでも良くなるというかひれ伏します。
で1曲1曲が3分に満たない位の短さなのもまた良い。通勤時間のピッタリサイズです。
名盤です!

1.Shark man
イントロがもう凶悪そのもの。なんか良くないもん呼び出してしまったんちゃうか
言うくらい不気味です。ミドルテンポで重たいリフの繰り返し。そこに乗る気怠い
ボーカル。雄たけんでるのにそう感じさせないのはボーカルの声質かな。
アルバムの初っ端に持ってくるとは!やりおるのっです!

2.TANKER
Youtubeで映像もありますが文句なし笑うくらいカッコいいです。映像の再生回数
ほとんど私やろ?言うくらい毎日見るのが日課になっています。少し早めのテンポ
ですが早すぎないのがいい。ドラムの方も、歌えるので迫力のある咆哮も入って
曲の重みと深みが増してます。しかしリードボーカルのなんつー気怠さ。この曲
なんかはかなり爽やかに歌い上げている方やと思いますが気怠さがセクシーですね。
イヤホンで爆音で聞くとホンマにいっろんな音が入ってて実際ライブもそうやった
んでホンマにどうなってるの?な変態編成です。

3.Hide & Seek
ハッキリ言うと以前の自分やったら絶対聞かなかったような音楽やと思います。
そやけど音楽ってカテゴリやのうて自分がそのバンドの出す音が好きか否かなんや
って思わせてくれた曲。1音1音出す音のセンスがいちいち最高にカッコいいです。
雄たけび対決もお二人の声質が違って持ってきかたもいちいちセンスがいいです。

4.Sadiction
Blueの中では長めの曲なのかな。疾走感バリっバリの3分半ですが転換が痺れる
くらいカッコいいです。基本曲メロもシンプルでそんなに転換もないのですが、
なんなんやろなーSadictionは特に自分の中では昇天系の曲という位置づけで、
仕事帰りに聞いてると2分に1回は逝ってしまいます。細かいリズムの取り方も
上手いなぁ思いますね。そないに洗練された曲いう感じでもないんやけどな。
どの曲も基本的に贅肉そぎ落としたシンプルな感じなのでそれやのにこんなに
カッコいいっていうのはもう美しささえ感じる。Sadiction大好きです。

5.RainFall
Blueの中ではちょっと異色な曲。こういう曲も描くなんてそんで5曲目にしれっと
入れてくるあたりが憎いです。降雨ですからそのまんまなんやけど亜熱帯で会う
スコールのイメージでショートフィルムでも取りたいわいう気になる爽やかな曲。
そやのに転換で突然入るグシャグシャのギターみたいな音w最高です。
ボーカルは只管甘くて気怠くて可愛い声です。なんやねん?これ?メロメロか?
朝聞いてたら会社行くの嫌になってそのまま熱帯安楽椅子したくなるので注意です。

6.24 hedgehog
ドラムとベースが音だけでなくボーカルでも対決。声質が違うのでホンマに面白い。
太棹から入って気怠い依れた感じにつなぐ→サビでドッキングみたいな。声質も
違うんですけど潰しあう感じはなくお互いクリアに聞こえるんで不思議。相性が
いいのかな。

7.BLASTER
曲者ぞろいのBlueの中では割と素通りして聞いてしまう曲なんですが入りと繋ぎが
めちゃカッコ良くて気に入っています。要らないものは徹底的に除いて、要るものは
徹底的に入れていく、但しそんなにキッチリせず緩い遊びみたいなもんも残してく
上手く言えんのですがその辺りが曲に表れてて抜きと差しが分かってるなぁ思います。

8.Shredder
入りがとにかくめちゃ好き。そんでその旋律がままサビに表れるからたまりません。
間奏のベースも結構きっつい重い音出してはるんですけどガチガチにハメて決める
音じゃないし揺れてるんですよねー語彙力があまりなくてうまく伝わらない。一種の
揺らぎみたいなんがあるから轟音でも爆音でも聞いてて疲れない。むしろ心地いい。
Shredderはそのバランスが絶妙な曲。

こんなに聞いたアルバムはヰタセクの2nd以来かも知れません。純粋に音だけで聞き
まくったというなら高校生の時ハマったDeepPerpleの「Perfect Stranger」以来かも?
重たい音ですがシンプルでホントにカッコいいので疲れないです。1曲1曲も短くて
とても聞きやすい。で聞けば聞くほど色んな発見が!青沼、下半期の事件です。
posted by menchan at 12:37| Comment(0) | 雑記