2018年08月16日

1年

今日で義母がこちらに引っ越してきてちょうど1年が立ちました。
去年の今頃バタバタと引越を終えて片づけをしてたと思います。
86歳と高齢の義母の今までの生活をすっかり変えてしまうことに
なるので正直不安はありました。こちらに来て良かったことも
沢山あると思いますが失ってしまったものもあると思います。
少なくとも今まで住んだ土地で築いてきた生活や人間関係とは
サヨナラしなくてはならない。高齢になればなるほど対応し辛い
と思います。また新しい生活に適応する能力も若い頃とは違うの
ではないかと色々考えて悩んだりもしました。
けれど全てを手に入れれる生活などないし何かを得ようと思えば
何かを失うこともある。限られた時間やお金や空間の中で自分ら
に出来る精一杯のことをすればいいんやと半ば開き直りできました。
こちらに来て良かったことは義母自身の年金で経済的に自活した
生活を送れるようになったことです。これは人間の尊厳という意味
で大きい。義母には「お義母さんの生活は年金でしてもらってる、
私達は経済的に何の痛手も追ってないし持ち出しもしていない。」
と伝えています。誰かのお世話になってすまないという気持ちは
ないようで気楽だと言っています。もちろん足らなければこちらが
負担しますが今のところ貯金も出来てますのでそれもなさそうです。
それから近居で別居していることも大きいと思います。お互い気兼
することなく出来ることはしてもらって頑張ってもらっています。
完全に自立という訳には行きませんがちゃんと独り暮らし出来てます。
介護保険の申請も行いました。病院に掛かってなかったので整形で
見てもらい要支援の認定を受けました。今年の6月からデイサービス
で週一回ご飯を食べてお風呂に入って体操にカルタ取りなどの頭の
体操をし、入居者や施設の方とお話をして帰ってきます。最初は
気が進まなかった様子の義母でしたが今は楽しみにしているようで
先日は誕生日を祝ってもらったとカードを見せて大喜びでした。
今まで人のお世話ばかりの人生であまり人にしてもらったことがなく
よほどうれしかったのだと思います。大切にしてもらってると言います。
足が悪い義母ですがカートがあると良く歩くので時々行きたいところへ
連れていきます。春には団地周辺一斉に咲き誇る桜を見て喜んでました。
自分の生まれたところへ行きたいと想い出を巡る旅と題して難波へも。
戦前の話ですからほとんど変わってしまって分からなかったのですが、
変わってないものもあり執念で探し当てすごいものがあるなと思いました。
日中の食事は夫が用意します。元々我が家の食事を担当しているので
朝作って義母のところへ届けているようです。毎日のこととなると中々
大変ですが本当に良く頑張っていると思います。時々一緒に食事をします。
夏場は中々難しいのですが冬は皆でよく鍋を囲みました。うどんすきを
「皆で食べると美味しいな」と言って笑顔でお代わりしてました。
日中はテレビが友達なので家で色々なテレビを見ているようです。
時代劇や旅物語、昔の歌番組などを好んで見ているようです。それはそれ
で楽しいのかなとも思います。3Kの部屋に独り暮らしなので十分ですし、
気楽だし「ここへきて良かった、ここの暮らしに満足している」と行って
くれました。嬉しかったです。私達にとってはバタバタと送っている
普通の日常の暮らしの中で生きがいとかやりがいとかもっともっと刺激的
でチャレンジングなことをしていきたいとか充実した人生を送りたいとか
思ってしまってテレビを見てただ日常を送っているだけの義母の暮らしに
果たして彼女はそれでいいのか、満足なのかと疑問に思ってたこともあり
ました。けれど彼女と私達は生きてきた時間の長さもこれから生きる時間の
早さも全く違う。そして最も違うのは人生における価値観やと思っています。
私はこうして生きてきた、こんなことがあった、あんなことがあったという
昔話を通じてそれを頷いて聞いてくれる方がいることで自分自身が肯定され
私は大切にされていると感じながら美味しいものを食べて好きなテレビ番組
を見る、そんな日常の過ごし方に彼女が満足してるならいいと思います。
こちらに来てから義母はとても楽しそうでいい笑顔を見せてくれています。
それだけで十分で自分がいいと思うことの押し付けは一番良くないしお互い
アンハッピーやなと今は思っています。引越の際は色々軋轢もありましたが
1年経過して彼女が心穏やかに楽しく過ごしてくれているならまずまずやと
思うようになりました。今後も自立を支えつつ陰ながら見守っていきたいです。
posted by menchan at 18:17| Comment(0) | 雑記

2018年05月30日

年金請求と地域包括センター

月曜日に有休を取って夫の年金請求と義母の介護プランの相談に行ってきました。
午前中は介護プランの相談で地域包括センターへ。校区内で管轄が分かれており
家の近所なので歩いてサクッと行ってきました。8月で義母もこちらへ来て一年
になります。身の回りのことは自分で出来ますが独りで外出することが難しい為
やはり週に一度くらいはリハビリ兼てデイケアに通ってもらうといいかと思います。
送迎と食事とリハビリがついたプランで組んでもらおうと思っていて次回ケアマネ
さんと義母の家で落ち合うことになりました。ケアマネさんとの話がまとまったら
施設と契約してサービスを受けることになります。送迎時も私達がついている必要
はないので仕事に影響はなさそうな感じです。有り難い。色々問題を抱えていると
言われる介護保険制度ですが私は父の時でもとてもお世話になったしもしなければ
家族の誰かが仕事を辞めて介護なんて結末になったかも知れないので本当に感謝。
新しい制度なので調整も必要かと思いますがいい制度です。
午後から主人と天満で待ち合わせしスエヒロでAランチを食した後福島年金事務所へ。
何故か休みの日やのに会社周辺をうろつくことになるとは!本当は枚方の予定で
したが枚方も守口も天満も予約でいっぱいで福島へ回されました。さぞかし混んで
るやろうと思ったらガラガラ。15時15分の予約やったのに14時半には入れました。
主人は62歳になったので老齢厚生年金の請求ができます。2階建ての上の部分ですね。
また勤めているので特段お金が必要という訳でもないのですがあるに越したことない。
年間60万円足らずですがそれでも誰かがくれるわけでもなし本当に有難いです。
65歳からは1階部分の老齢基礎年金の支給も開始されるので年間120万くらいかな。
更に私と娘の家族手当的な加給年金も加算されるので年間180万くらいはあります。
娘が成人する70歳くらいまでは働いてもらうつもりではいますがそんなに稼げない
でしょうから年金がいただけるのは有難いです。色々言われている年金制度ですが
やはり働けなくなってからの命綱は年金しかありません。自分の両親も夫の母親も
キチンと働いて年金をかけてきたからこそ経済的に子供に依存せずに自立した生活
を送ってくれています。今年金とは程遠いと思ってる若い世代の方も年金だけは
キチンと納めて欲しいと思います。子供に無心をしなければならないなんて惨め
極まりないですし自分が動けなくなって或いは親の介護をしなければならなくなって
頼りになるのは結局お金しかありません。私も安月給の割には結構引かれてますが
それでも同じ金額を会社も払っていると思うと会社員は有難いですね。
色々提出書類もテンコ盛りでしたが事前にチェックして行ったのですんなり終わり
ました。良かった。当面夫の年金を使用することはなさそうなので義母に何かあった
時の費用として貯蓄しておきたいと思います。
posted by menchan at 20:09| Comment(0) | 雑記

2018年05月13日

想い出を辿る

連休前半義母を連れてミナミへ行きました。彼女の幼少の頃育った場所
だそうで懐かしの想い出の場所を見たいとずっと行ってたので夫と私で
義母を連れて3人でミナミへ。御年今年で87歳。幼少の頃と言うたら
戦前やないですか?そんなん変わってしまってるし分からんのちゃうか?
思ってたんですけど案の定変わってしもてるもんもあり、けれどまた
変わらないものもあり、彼女の中では無限にループして同じ話を何度も
何度も聞きました。同じ話を繰り返すことは回想法といって認知症の予防
に有効らしいのでフンフン耳を傾けます。自分の過去を聞いてもらうこと
で自分の存在そのものを受け入れてくれると思うようになるんかなー。
義母はとても落ち着いて穏やかな老年期を送っていると思います。

Db6206LUwAUE_UA.jpg
黒門市場とかー外国人で大賑わいw

Db65DKUVwAA6Xyr.jpg
本店とか、ちっちゃ!

Db662QuUQAAK5c1.jpg
やっほー道具屋筋!

Db7EuQrVQAUIKhh.jpg
法善寺横丁に

Db7E0_OU0AA_TNW.jpg
夫婦善哉!

記念写真をペタリ。ミナミは歴史も深くごった煮で面白い街です。
最近行ってないけど改めて行きたいなと思いました。ありがと、お義母さん。

2018年4月30日
posted by menchan at 22:32| Comment(0) | 雑記