2017年08月30日

ユマニチュードと回想法

義母が8月中旬から近くに一人暮らしをすることになり彼女の生活を
私達家族がサポートすることになりました。まず86歳まで元気で居て
くれたことにお礼を言いたいです。新居は団地の一階なので家の中の
ことは一人で出来ますが外に出たりご飯を作ったり等は出来ないので
私達がサポートして行くことになります。8月は予行演習期間ですね。
義母を受け入れるにあたって私が気を付けたいと思ったことが2点。
1点目「ここにきて良かったと思ってもらうこと」これは彼女に
「私は大切にされているんだ」という自己肯定感を持ってもらうこと
を目標にしています。その際にとても参考になった考え方がフランス
生まれのユマニチュードでして今日本で認知症患者のケアの方法として
認知され始めています。「わたしはここに生きている」と相手に思って
もらうように相手に接することです。中々難しいですが意識するのと
しないのとでは相手に対しての態度が全く違ってきます。
私達の世代は所謂働き盛りで家のこと・子供のこと・仕事のこと等あり
毎日忙しくバタバタと過ごしていますがその目線で彼女の生活リズム
を考えると絶対に上手くいきません。私達にはどうでもいいことでも
彼女にとっては大変重要なことであり、大切な問題であることもある。
そういった日常のちょっとしたことを相手とのコミュニケーションから
察知し相手のことを大切に思い丁寧に接するように心がけています。
2点目は「彼女の歩いて来た道を尊重すること」です。これは回想法と
いう概念を知らなければ中々思いを巡らせることが出来ませんでした。
お年寄りは昔の話を何十回・何百回とします。回想法といってこうした
話を繰り返し行うことでお年寄りは自分をしっかり保っているのです。
興味があろうとなかろうと、何百回と聞いた話でなかろうとフンフンと
耳を傾け彼女の歩いて来た道を肯定することで彼女自身を肯定すること
を目的としています。彼女がこちらに越してきて丁度2週間になりますが
今のところ穏やかに楽しく暮らしているように思います。
ユマニチュードの本を読んで受けた衝撃「80-90歳のお年寄りにとって
今日が何月何日何曜日か知らなくてもさほど生活に影響はない」
これは目から鱗でした。極端な話、私のことを認識できなくなっても
ケアしてくれる人として私のことを受け入れてくれるのならば暴言や
徘徊等がなければ適切なサポートをうけつつ高齢者は一人で住めます。
彼女との暮らしが始まることで日々勉強させてもらっています。
私自身が今まで気づかなかったことが沢山あります。介護保険の認定
についても介護状態になってから受けるのではなく介護状態にならない
ように予防ケア的に受けた方が良いだとか60歳以上のお友達に色々と
教えてもらってます。幸い義母はとても良い人で可愛いいお婆ちゃんです。
長男の嫁だからやってもらうのは当たり前的な態度をとることもないです。
私も長男の嫁だから義理でやってやってるんだという態度ではなく、
彼女の人間性をリスペクトし彼女を大切に思う気持ちを伝えて彼女の
残りの人生を一緒に楽しみたいと思っています。
posted by menchan at 00:06| Comment(0) | 雑記

2017年08月11日

達成感

今日義母の新居に家電製品が一式納品されました。思えば2月に義母が
インフルエンザで倒れて入院してから進めてきた計画で約半年です。
2月に府営団地の申し込みをし落選→再抽選で見事当選してから入居
準備に4か月、7月末に鍵を貰ってバタバタバタと事を運んできました。
色んな思いもしましたが結果私達の自宅から徒歩4分の3Kを月12500円
の破格の家賃で借りれたこと、そして若干の出費もありましたが、
綺麗な気持ちの良い形で義母に入居してもらえることに達成感を感じて
います。とは言えこれからが始まりなんですけどねー。
別居とは言え義母は高齢なので私達家族が今後はサポートしていかない
といけません。なるべく彼女自身の尊厳を大切にしながらこちらに
越してきて良かったなと思ってもらえるようにしたいと思います。
今日も家電製品の搬入で部屋を覗きましたがめちゃ快適です。きっと
満足してもらえるんじゃないかと思います。義母はとても頑張ってきた
人なので「私は大切にされている」と思いながら穏やかな余生を送って
欲しいと思ってます。勿論今後は介護も必要になってくるでしょう。
その辺りは父の時に色々予行演習をさせてもらっていますし、高齢者
プールの友人達(ほぼ60歳以上の方ばかり)が力になってくれます。
また実家の母も近いので時々覗きに来て暇なときはお茶を飲んだり
したいと言ってくれています。何もかも必要なものが近くにあり、
情報も収集でき、費用もそれほど掛からない状態で義母のお世話を
できること、大変恵まれていると思います。勿論息子である主人に
中心になってやってもらうつもりではいますが私も娘も家族一緒に
義母の新しい生活をサポートしていきたいと思います。娘も勉強です。
手作りで義母の家の表札を作ってくれたり色々荷物を運んでくれたり
娘も一生懸命手伝ってくれていて感謝しています。エエ子や。そんで
私、結構影ながら良き嫁や。引越は16日。準備は万端です。
posted by menchan at 22:40| Comment(0) | 雑記

2017年08月10日

メアリと魔女の花を見てきました。

8月1日映画の日に娘と一緒に「メアリと魔女の花」を見てきました。
毎回娘と行く映画は全然期待してないなどと書いておきながら今回も
めっちゃ良かったです。年とともに純真さを取り戻しているのか、私。
あらすじ自体は別に大した話ではないのですが、魔力を持てるという
魔女の花「夜間飛行」を巡る劣勢コンプレックスを持つ少女のお話。
「夜間飛行」は人によっては富であり、名誉であり、成功であり・・・
とにかくその花を持つことによる万能感に魔女や人間が踊らされる。
その花さえ持てば、世界を変えれる、自分は変われる正に魔法の花。
メアリーも赤毛のくせ毛に悩んでいる平凡な女の子です。自分でも
変わりたいと思っている、自分に劣勢コンプレックスがあります。
けれど「夜間飛行」を得ることで一時的にではありますが魔力を得て
魔女大学の学長等にチヤホヤされその能力があたかも自分の実力で
あるかのように錯覚してしまう。大人でもよくある話やなと思って
見てました。自分自身が凄いわけではないのに、主人がー子供がー
とか言う人いますよね。あと勤めてる会社とか持ってるものとか、
そういうことであたかも自分が凄くなったかのように振舞う人も。
「夜間飛行」は人間の欲望であり虚栄心であり万能薬でもあり、
誰もがそれを追い求めますがそんなものはまやかしで丸裸の貴方は
一体どうなの?「夜間飛行」を得ても何にも変わらないのです。
地道に今を懸命に生きるしかない、そんな魔法は存在しない。
魔法は魔法、いつか儚く消えてしまうものです。中々良くできた
映画だったと思います。9歳の娘は何を感じたでしょうか。
私自身は地に足つけてしっかり土踏んで歩いて来た道こそ全てやな
と思いました。誰かに寄りかかって得た幸せ、誰かの上に巣食った
人生は脆く儚く消えてしまうもので魔法はいつかはとけてしまう。
自分の足でしっかり立って前向いて歩いてこうと意を新にしました。
この頃ちょっとしたことでも感動屋さんになって情緒不安定か、私は。
何にせよ、子供を通して色々感動をいただいてます。感謝。
posted by menchan at 00:10| Comment(0) | 雑記