2017年05月21日

無職はダメ!お金が減る!と泣かれた一夜

仕事を辞めることは主人には相談して合意してたんですが娘にもその話をしました。
「お母さん、7月15日で仕事辞めんねん。16日から無職やから一緒におれるでー」
と娘に言ったところ、喜んでくれるかと思いきや涙目になり、こう言われました。
娘「無職はダメ!お金が減る!ママは仕事してないとダメぇぇぇぇ!」→号泣。
私「でも世の中には仕事してないお母さんもいっぱいいるやん、お母さんも休みたい」
娘「ちょっとやったらいいけど半年とかダメ!貯金が減ったら清子の夢が壊れる」
と叱咤激励されました。あーこんな風に思ってるんや。子供は私が思うほど一緒に
いて欲しいとか思ってないんや!すでに「しっかり稼いでこい」って思ってるんや!
私「でもな、職業訓練校受かったら16万くらいは毎月お金入ってくるねんで」
娘「でも今より給料減ると貯金あまりできなくなるやん!→(激高)」
私「そやけどな・・・・・・(無言)」
まあ考えたらその教えって私が今まで子供に聞かせてきたことそのまんまなんですね。
しっかり受け継いでるやん。ということで私の無職期間のリミットは失業後3か月だ
そうでそれ以上は恐らく認められないみたいです(泣)
自分の棚卸とか、職業訓練通いながら足らないスキルを埋めるべく勉強するとか色々
考えてたんですが、とにかく甘いことは許されないようで就職活動頑張りまっす!
キビシー!!しかし子供からの愛の鞭ですな。
posted by menchan at 10:38| Comment(0) | 仕事

2017年05月20日

仕事を辞めることにしました。

7月1で仕事を辞めることにしました。月曜日に上司には辞意を
伝えようと思っています。理由は色々ありますが完全に擦り切れて
しまって頑張ろうという意欲が全く沸かず一度自分をきちんと
リセットしたいと思いました。もしかしたら辞めないという
選択肢もあったかもしれないし、私の我慢が足らないかもしれない。
少し前に頼りにしていた人が退職した際も「いい加減な時期に!」
憤慨していたのも事実です。今はもう憤慨する気力もありません。
色んなことが重なって心が折れてしまいました。
この先人生まだ半分あるとしてやはり自分の納得のいく仕事をしたい
という意識が強い。高校を卒業してから働かなかったことはほぼない
ですが、一度時間を取って自分を見つめ直し自分の棚卸もしたいです。
ボロボロになった私に主人が「もう辞めといで、月曜に辞表出し。」
と優しく行ってくれた時は涙が出そうになりました。→泣いてません!
娘といる時間を削って一生懸命働いているのにその仕事が自分の納得
出来ない仕事で尊敬できない人の下で働いてるのが虚しくなりました。
甘いかも知れないし仕事なんてそんなものかも知れませんがダメなもの
はダメでした。収入がないと困るのでもちろん仕事は探していきますが
職業訓練でも受けながら少しゆっくり探そうと思っています。
転職活動はもう始めていて、景気が良くなってるのか色々オファーも
いただいていますが自分がこれと思える仕事に出会えるまで活動して
いきたいと思います。これまで頑張ってきたし少し休んでもいいよね。
posted by menchan at 21:24| Comment(0) | 仕事

2017年04月22日

飛ぶ鳥後を濁さず

決算期を迎え連日残業続きです。8-9時など宵の口かも知れませんが
私にとっては帰るのが10時回るなんてことが連日続くとキツイです。
一応母親で奥さんでもあるので帰ってから家のことをしてお風呂に
入って就寝は12時回ることもあるので身体が悲鳴を上げています。
そんなくらいやってる人いっぱいいるわという声もありそうですが
あくまで個人比レベルなのでダメなものはダメで仕事にそれだけ労力
を取られるのは自分にとってはマイナスしかないです。
ただ期間があることなので終わったら長期の有給でも取るつもりです。
今回なぜこんなに決算がキツイのか。理由のひとつにキーパーソンが
4月末で退職することが挙げられます。異動の自由は否定できません。
私も2年前他社から異動してきた身なので人のことは言えません。
ただなー経理という仕事をしている以上辞める時期はナーバスになる
ものだと思ってたので申告書を出す1か月前の4月末に退職日を持って
くるというのは如何なものかと思っています。中途半端な!!
退職する本人にとってはもう新しい職場のことで頭が一杯なのでしょう。
そんなことはどうでもいいのかも知れません。でもそれ、アカンで!
嫌やったら辞める、逃げる、時にはそんなこともあると思いますが、
やはり仕事に応じた時期というものがあります。基本去る者は追わず
ですし辞めていく人は残ったものに何も出来ないですがせめて一言。
「やることちゃんとやってから辞めろ」と言いたい意外と真面目な私です。
自分自身は偉そうなことは言えないかもしれませんが少なくとも決算期
終わってからの転職には気を付けていたように思います。それが経理職
に着いたものの責任だと勝手に思っていた私はカルチャーショックです。
変なところが生真面目なのでババばかり引いてる自分も嫌になりますが、
そういう風にしか生きてこなかったしそんな器用に立ち回れません。
日本には飛ぶ鳥後を濁さずという諺がありますが、もし自分がいつか
今の職場を去ることがあったとしてもやるべきことはキチンとして、
それなりの成果を上げてからにしたいと思います。行くとこ、行くとこ
で諸所の難問にぶち当たりますが人生は苦行やと思っています。
重ねた末に一筋の光が見えてくることを信じ(エライ宗教じみてるなぁ)
目の前のことを丁寧にやっていきます。ファイト!
posted by menchan at 09:21| Comment(0) | 仕事