2016年07月30日

1か月そして1年1か月

引き継ぎもないまま産休に入る子の業務を引き継いで1か月が経ちました。
なんせ業務量が多いので分からないことをしないといけない上に量がある。
しかも納期のあるもので。6月半ばから7月半ばは半分死んでました。
もともとそんなに仕事人間ではないので仕事ばっかりになるとしんどいです。
ただ事務仕事は1か月回すと大体仕事の流れが見えてきて、2か月目には
ちょっと落ち着いてきて、この頃はこうやったほうがいいよなーと改善策も
浮かんで来たりでちょっと余裕がでてきました。
また休暇に入っている若い子を気遣う心のゆとりも生まれてきて、経産婦
らしい心遣いも出来るようになってきていると思います。やった。
お産はもちろん無事に生まれるまでが大変ですが働く母にとってはむしろ、
生まれて復帰してからの方が大変ですのでその辺サポートしていけたらな
と考えています。伊達に年とってませんからねー。
転職して1年と1か月が経ちました、7月の初旬にはこの会社に入って初めて
(決算賞与を除く)まともに賞与をいただきました。思ったより少ないですが
どんだけ皮算用してんねんって感じでまあ前職とは比べ物にならないくらい
いただきましたので有り難い限りです。このために転職したと言っても過言
ではないので嬉しかったです。先日定期預金をし通帳を見てニヤリ( ̄▽ ̄)。
会社の方はすっかり慣れて、人にも部署にも仕事にもいい感じで来てます。
問題は山積みですが、どこの会社でも問題のない会社などないと思います。
自分自身の求められる能力を最大限に生かして励んでまいりたいと思います。
直近の課題は英語力。ちまちま勉強をしてきましたが本当に追い詰めれてます。
ここ1年くらい本気で頑張りたいと思います。
家族には色々迷惑もかけていると思います。ただ将来を見越し、自分の選択が
誤りではなかったと家族にも認めてもらえるよう結果にこだわって仕事して
いきたいなと思います。40代、うーん、色々踏ん張りどころですが、それだけ
必要とされているということ。頭も体も動くし経験もあります。私がやらんで
誰がやるねん、くらいの気持ちを持って逃げずに頑張ります。
posted by menchan at 15:32| Comment(0) | 仕事

2015年07月04日

新しい職場

7月から新しい職場で勤務しています。これまでは社員10名程度の会社で
事務全般に関わる作業を行っていましたが今回勤める会社は400名程度の
中堅企業で経理部10名という構成です。但し経理部とは名ばかりで人事・
総務業務も入ってきています。私は一応人事・総務業務の管理職として
の採用です。あとIT系の能力もかわれたようで今後色んな業務改善をして
いくことになると思います。今回の転職では安定企業へ勤めることが第一
条件だったのですが(前回がベンチャー企業だったので)その次にものを
作っている会社、つまり製造業への転職を希望していました。他にも幾つか
紹介いただいたのですが長い間ものを作り続けているそこそこ歴史のある
会社で働くことになりました。あとは株式公開をしていない点も魅力でした。
外部資本からの干渉を受けないという点では良いのではないかと思います。
今回自分の望み通りの条件で(もしくはそれ以上)転職することが出来たと
思いますがやはり犠牲にしたのは通勤時間とたまの土曜出勤です。まあこれ
は慣れですからこんなもんだと思えばいいでしょう。
新しい職場で勤めて3日になりますが、はっきり言って楽しいです。私は
今まで一人で淡々と色んな業務をこなしてきたので気楽でしたが孤独でした。
今は一緒に業務に取り組める若い子がいますし上司にあたる方も同い年で
色々と協力して仕事に取り組めそうな環境ですのでとてもいいと思います。
まずはその会社の風土や業務にいち早く慣れることですが、中途採用で外部
からの風をどんどん入れている風通しのよい会社なので改善していける所は
多々あるのではないかと思っています。ITを活用することで事務作業は随分
楽になります。楽になった分新たな仕事を生み出すことができると思います。
中間管理職としての経験がないのでこれから慣れていかないといけませんが
どの職場でも「?」な問題点はあるのでこれまでの経験を踏まえて今後も
もっと足らない部分は勉強して会社の利益に貢献する人間でありたいです。
朝早く起きて娘が学校へ行く前に会社へ行き、帰りは娘を迎えに行ける時間
に帰ることはできません。主人や娘に色々お願いする事も多くなり家族には
負担をかけることになります。その分お給金でしっかり返していきたい
と思います。頑張りますよー。
posted by menchan at 20:14| Comment(0) | 仕事

2015年06月21日

退職に向けて

今の職場もあと一週間足らずの出社となりました。結婚後自宅に近いこと
から勤め始めた会社ですが気がついたら13年目になっていました。早いな。
そして私の社会人人生の中でもっとも長く勤めた会社でもあります。
今の会社では30代の10年すべてを過ごしました。その間に子供が生まれて
育児休暇もいただき、住居も購入し、ローンも完済し、子供も保育園を
卒業し、小学校に入学しと家庭生活の基盤を作った10年でもありました。
子供を身籠もっても働くという選択をしたとき、今の会社で良かったなと
思いました。私は今の会社での育児休暇取得第一号で厚生省から助成金も
いただきました。これまで実績のなかった育児休暇を快く取得させてもら
えたこと、上司にはとても感謝しています。また復帰してからも子供の
病気や保育園の行事等で色々ご迷惑をかけても快く許していただきました。
年度末の保育園のお休み時には子供を会社へ連れて行ったりしてました。
アットホームな職場で本当に助かりました。子供の成長は常に会社と共に
ありました。また比較的業務時間にゆとりのある会社だったので色々な
資格取得の勉強もさせていただきました。自分で勉強するのは勿論のこと、
セミナーに参加させてもらったりしてその内容を業務にフィードバックし、
仕事で返していくなどして自らはとても成長できた13年だったと思います。
精神的には大変なことも沢山ありましたが振り返って見るとやはりいい会社
だったなという印象が強いです。でないと13年も続かないですよね。
退職理由は色々ありますが、ここには記しません。もうすぐ13年勤めた会社
を去るとなったときやはりこの会社で経験したことが今の私を作っている
のだと思うと感謝しかないです。尊敬する上司にも出会えましたし、最後に
素敵な方に業務を引き継ぐことが出来て自分は恵まれているなと思います。
41歳での転職ですからそれなりに会社に求められることもあると思います。
またこれから行く会社で転職は最後にしたいと思っています。お給金とは
我慢料やと私は思います。これまで自分がやってきたことを糧にして、
新しい職場で必要な能力を磨きつつ自己研鑚して頑張って行きたいです。
posted by menchan at 21:10| Comment(0) | 仕事