2017年11月11日

音楽参観

小学4年生の娘の音楽参観に行ってきました。学校全体で毎年行われている
行事なのですが毎年ド平日の真昼間に行われており我々ワーママは有休を
取っていくのか、はたまた御免なさいと子供に謝るかの選択を強いられる
こと3年。私も1年生の時は参加しましたが2-3年は仕事を休めず行くことが
出来ませんでした。学級懇談の際にワーママ達が声を上げてくれたらしく、
今年から土曜参観に音楽参観を組み込もうという流れになったと聞きました。
有り難い限りです。まだまだ小学校は「お母さんは一日家にいること」を
前提にスケジュールが組まれていて子供が保育園から小学生になった時に
平日に学校から呼び出される回数に辟易したことを思い出しました。
よくいう「小1の壁」というやつです。このせいで仕事を辞めるお母さんも
います。まだまだ日本は働く母に優しくないなと今でも実感していますが
声を上げ続けることによって少しずつ社会は変化していく。子供が小学生
になってからの4年間で変化したことも沢山ありそのことを実感してます。
そんな勇士のおかげで実現した土曜日の音楽参観がまた素晴らしいものでした。
全学年通しで見るのは初めてだったのですがどの学年も素晴らしかった。
学年に応じた成熟度にほんの少しプラスアルファの難しさを加えた先生方の
選曲と指導力に大変感謝です。娘の通う学校はマンモスで一学年200人ほど
いるのですが200人のハモリも入れた合唱の大迫力と言ったらない。
体育館いっぱいの空気を震わせ波動を伝えてくるような感じで震えました。
子供のひたむきさと懸命さには常に涙腺崩壊しっぱなしの私ですが今回は
そのエネルギーに圧倒されて小学生侮れないなと思った次第です。
子供自身も高学年の良質な音楽に触れることで来年のなりたい自分像を
膨らませているようで「5年生の合奏凄かったなーカッコよかったなー」と
興奮気味に話していました。フックト・オン・クラシックスの合奏は圧巻。
200人もいると迫力あります。よくこんな難しいの持ってきたなぁって、
でもそれをやり切る5年生たちとやり切った後の達成感に満ちた美しい顔。
この子たちはまた次の達成感を味わうために頑張るのかなと思い見てました。
沢山の煌めきが散りばめられた小学生の音楽会。全編見ることができて感謝。
posted by menchan at 21:58| Comment(0) | 育児

2017年07月16日

夏休みなど

今年の夏休みは私が有給消化で休みなので少し子供と時間が取れると思います。
考えたら夏休みに子供とゆっくりなんて初めてです、仕事は盆休みだけなので。
折角時間があるのだからと色々詰め込みたい気持ちは山々ですが夏休みが1か月
と少ないんですねー。もうゆとり世代ではないので学校も結構詰め込んできます。
今の子は大変ですねー4年生になってから学校で放課後学習が始まり、6時間目が
終わった後1時間くらい勉強して帰ってきます。
普通に帰ってきても帰りは5時前になるらしくこれやと仕事と変わらんな感じです。
娘はそこから学童に行くのですが学童ではお迎えまで思い切り遊んでるようです。
放課後学習の一環で英検準備研修みたいなものもあり、タダなら何でも行っとけ
と申し込みをしたので娘は1月に英検5級を受けることになりました。
受かるか否かは別として制限時間内に緊張感を持って試験に挑むっていう経験は
今後の糧になると思うので頑張って欲しいです。まずは単語からですねー。
8月はスイミングの短期教室に申し込みしました。4回で540円と格安!おまけに
水着とリュックもいただいてホンマにええんかって感じです。せめてクロール
25メートルはこの夏に習得して泳ぎに対して達成感を得て欲しいと思います。
学童保育ではお泊り合宿があるらしく、夏休みが始まってすぐの週末に高学年
が学童で泊まるようです。仲間と一緒にご飯を作ったり銭湯に行ったり花火を
したりと楽しい日程が用意されているようでいい思い出を作って欲しいです。
家族旅行でもと思いましたがなんせ暑いのとボーナスへつられて金欠なこともあり
日帰りバスツアーに申し込みました。主人は仕事で行けないので私と娘でデート
です。夏休みは近所のお祭りも色々あってイベント盛り沢山。キラキラした思い出
に残る夏を過ごして欲しいなと思います。私も楽しみです。段々身の回りのことは
自分で出来るようになりしっかりしてきました。こうやって母親はどんどん要らなく
なるのかなと思う反面、心がどんどん成長していく過程で口を出さずにしっかり
見守って何かあった時に助言するといった姿勢が大事かなと感じます。
posted by menchan at 21:54| Comment(0) | 育児

2017年06月18日

子供の方が大人

娘と話をしていて以前から一人娘に対しての態度が気になる友達が居ました。
割と何でも私に話してくれるのですが「友達がこんなことをするのが嫌」と
いうその友達がいつも同じでしかもその嫌がらせがエスカレートしてると感じ
母は怒りに震え「何やねん、それ!お母さんが先生に言うたる!」と憤慨。
娘は泣いて「自分で解決できるから余計なことせんとって」と言いました。
私は彼女に「嫌だという気持ちをハッキリと相手に伝えること」とそれが
出来ないなら「相手から距離を置いてほかの友達と付き合うこと」を約束し
一旦様子を見ることにしました。まあ高学年になると色々と感情も複雑になり
妬みや嫉みの感情も女子なので生まれたりしてツマラナイことで自分を優位
に立たせたいがために相手を陥れるみたいな子も出てきます。娘はどうも、
そういう行動のターゲットにされやすいタイプで低学年の時も似たような事
がありました。その時も自分で解決してきたのですが今回の解決方法には
ビックリしました。なんと先生を巻き込んで自分で相手との解決のための話合
の場を持ち相手を黙らせてしまったのです。まずは先生が一人一人の意見を
聞き、その後全体で話合ということになり娘から一言「あの一件終わったから」
と報告を受けました。詳細は知りません。でも彼女の中できちんと解決したの
だからそれでいいのだろうと思います。「先生も上手く使ったらいいねん」
みたいなことも言うてたなー。ちょっと恐るべし・・・・てな感じですが。
子供の方が大人やーん、と思い母は頼もしい限りです。というか家でのナメクジ
みたいなダラダラした娘からは想像も出来ないのですが心身ともに少しずつ
成長していると感じます。自分の娘ながら天晴。これからも色々困難なことが
あるでしょうが一個ずつ乗り越えていってほしいです。
posted by menchan at 13:03| Comment(0) | 育児