2019年06月02日

小学校生活最後の運動会

今日娘の小学校生活最後の運動会がありました。6学年全体で1000人超えの
マンモス校でいつも団演くらいしか見に行かないので小学校の運動会は
この5年間でそんなに思い入れがないのですが(スマン)今年は凄かった。
組体操も騎馬戦も中止になる中で20分以上にも及ぶ団体演技構成が凄い。
考えはったのは娘のクラスの担任の先生でこの先生には彼女が2年生の頃に
一度担任を持っていただいているのですがめちゃイケメンの熱血女教師。
超体育会系で真直ぐな誠実な先生です。お母さん方にもカッコいいと人気。
演劇をされているそうで誤魔化さない姿勢に子供達にも人気があります。
1年生の頃から6年間娘の学年を指導していただいているのでほぼ主任と
いっても過言ではないかな。学校に入学した当初は若々しいフレッシュな
感じだった先生もすっかり中堅のベテラン先生に。そりゃ私も初老なるで。
赤色の襟を差し色にした黒い長い法被を羽織った6年生が総勢210人出てきた
だけで迫力があり鳥肌もんやったのに1-5年生の頃の団演の簡単な振り返り
プチロードムービー的な編集となんちゃって組体操は技術は高くはないけど
魅せる構成が考えられていてそれだけでも見応え十分なのにそこからの
ソーラン節。腰を低く落としてキレッキレの演技をする子供達。迫力のある
掛け声。舞い上がり振られるクラスの大漁旗。ゾワゾワしてなんか1本の
ショートムービーを見ているようでした。なんなん?これ???
何より一人一人の子供が一生懸命に懸ける姿に心が動かされました。熱い。
娘のクラスの大漁旗は娘のデザインが採用されており彼女も嬉しかった
みたいです。小さい事なんですけどちょっとした成功や一生懸命頑張った
ことの積み重ねってめっちゃ大事やと思うんですよね。結局ことを成すって
そういうことの積み重ねなんちゃうかなと感じます。生まれて保育園時代
からそうやったんですけど娘の学年全体がなんとなく前向いて頑張ってこう
みたいな空気感の漂う学年で、これまで子育てをしてきてあまりややこしい
揉め事がありませんでした。まあ彼女本人にしたら細かい小さい悩み事は
沢山あるみたいですけど母は割とおおらかに構えて学校や先生を信頼して
彼女自身が色々考えて解決できるよう見守っていく姿勢できました。
友達との揉め事も相談は受けたことは幾度かありますが学校で当事者と
先生を交えて話し合いの場を設けてもらい解決してきたようです。
私のお腹の中から産声を上げてもうすぐ12年になる娘。生まれた時から彼女
の人格を尊重し私は単なるお世話係として彼女の成長を邪魔しないように
だけをモットーに子育てしてきました。彼女の世界もどんどん広がりを
みせており、近いうち親から巣立っていくのでしょう。成人まであと少し。
私自身も大人としてしっかり彼女と対峙できるよう一緒に成長したいです。
一生懸命に皆で頑張る姿がとてもキラキラしていて眩しかった。いつも
ご指導ご鞭撻をいただいている先生方に感謝、そして頑張った子供達に拍手
を贈りたいと思います。お疲れさん。
posted by menchan at 19:30| Comment(0) | 育児

2019年03月09日

フォニックス教室発表会

少し前にフォニックス教室がくれたもの、いうポストを投稿したんですが、
今日娘のフォニックス教室の発表会がありました。娘は小学2年生の頃に
1年間英語の音を学ぶフォニックス教室に通っていて、3-4年はダンス教室
を選択し5年に改めてまたこのフォニックス教室に舞い戻ってきました。
グラスルーツの池亀先生に徹底的に叩き込まれたものはA-Zの音で、これは
外国人の先生に習うより日本人の先生に習った方がいいと私は判断しました。
小学生のうちに身に着けることができて良かったと思っています。
そして英語の音はオマケみたいなもんで池亀先生が娘にくれたものは自分で
考え仲間と共に自分達で決定し自分達で学んでいく姿勢でした。
これは中々公教育でもお稽古事でも難しいんですよねー。特に今の時代は
何でも用意されていて与えるばかりで子供はどうしても受動的になりがち。
指示されたことをこなすことが上手くできると「良い子」と思われるけど
いざ社会に出たら「良い子」だけでは生きていけないですよねー人生の荒波
が特に私らが社会に出た時よりも強烈な荒波が彼女たちを待ってる訳でして。
障害物取り除いて何でもかんでも大人が先回りして解決して、問題提起も
しないで、こうしてればいい、こうしてれば間違いないみたいな答えを示し
続けることなんてもう出来なくなっている。私らが当たり前に思ってきたこと
私達が大切にしてきた価値観が子供達が大人になるころには変わっている
かも知れない。その時にいきなり自分で考えろぉ言われてもキツイ訳で。
池亀先生が教えてくれたのはその思考の訓練と実行することの大切さやと
思っています。こんなこと教えてくれる先生はあまりいないと思う。
発表会自体は4クラスに分かれて日頃の学習の成果を子供達で話し合って
作り上げるというスタイルで即興性もあり中々面白かったです。
娘も自分以外ほぼ低学年と言うモンスタークラスを頼りにされながら上手く
纏めていたなと思います。どのクラスも最後に1年間で自分達が得たものを
スピーチするのですが皆声を揃え「自分で考え決め行動する力がついた」
言うてたんは圧巻でした。小学生ですよ?大人でも出来ない人多いのに!
きっとこの一年間は子供達のこれからの財産になるんやないかなと思います。
残念ながら池亀先生のクラスは今年でお仕舞で外国人講師の英語村にシフト
されます。中々良さを理解してもらえなかった親御さんも多かったみたいで
娘の友達も途中で辞めました。私は娘に自分で考え行動する力への入り口を
与えていただいたこととても感謝しています。彼女の血肉にもなってるはず。
娘も最後までよく頑張りました。5年間と長らくお世話になったエスポワール
も今年で卒業です。習字、英語、ダンスと毛色の違うお稽古を破格で教えて
いただき、得たものも大きかったと思います。スタッフの方にも大きくなった
なぁ成長したなぁと言うてもらって母ももらい泣き、胸が熱くなりました。
本当にお世話になりありがとうございました。娘はん、これからも色々と
一緒に頑張っていきまっしょい!負けないよー。
posted by menchan at 18:39| Comment(0) | 育児

2019年02月16日

児童虐待死に思うこと

重いテーマなので簡単に書けないとは思ってたんですが先般の野田市
小学4年生女子児童虐待死について辛く悲しくまたその気持ちだけでは
なく今後子供の未来を大人が奪ってしまわないために何をすべきなのか
考えたくて記しておこうと思いました。

@DVは病気でそう簡単には治らない
DVは病気です。そう簡単には治りません。幾ら愛する人だと言っても
命には代えられません。まして相手が自分のことを本当に愛している
ならば愛している人に手を挙げたりはしないと思います。
もしパートナーに身体的に手を挙げられるようなことがあれば相手と
離れることを検討した方がいいです。何度もあるなら即逃れるべき。

Aパートナーに経済的・肉体的・精神的に依存しない
今回の事件では母親も夫からDVを受けており経済的にも精神的にも夫
に支配されて結果自らの子を殺める手助けをしてしまったと思います。
大切な人を守るには自分が自立している必要があります。この人から
離れたら私は生きて行けるのだろうかという不安がDV男から離れられ
なくし支配されていくのでしょう。そのような男などいなくても大切
な子供を周囲の協力を得つつ守り抜く覚悟を持つこと。そのためには
やはり自分が自分の脚で立ってないと厳しいと思いました。

B困ったとき自分はどんな支援を受けれるのか知っておく
国の制度は申請性です。声を上げないと誰も助けてくれないどころか
どんどん落ちていきます。本当に困ったときに自分がどんな支援を
受けることが出来るのか?何処へ行けばいいのか?誰に相談するのか?
全ては知らなくともトリガーとなる機関は押さえておくべきです。
無知では子供を守れません。

C暴力には被害届を出す
家庭で起こった暴力は虐待・DVという言葉で歪められがちですが傷害
という立派な犯罪です。いじめも然り。身内から受けたものであっても
暴力には被害届を出すべきです。虐待ではなく傷害致死罪です。

D血縁を絶対視しない
家庭の問題と家庭内で起こる暴力は踏み込んで介入し辛い場合があると
言います。たとえ血縁があろうとも暴力親は犯罪者です。子供の安全と
今後の育成を第一に考えて暴力親から子供を守らないといけません。

E自分には関係のないことだからと見過ごさない
以前私の周囲でも似たような事象があり児童相談所に通報したことが
ありました。その際は地域でも連携し見守りをながら結果的に良い方向
へ向かいました。少しでもおかしいと思ったら自分に直接関係はなかった
としても見過ごさないことが大事やと思います。一人一人の意識や行動で
救える子供の未来があります。

私にも小学5年生の娘が居ます。亡くなった娘さんと同じくらいの年です。
全ての大人に絶望し10年足らずの短い人生を終えたと思うと本当につらい。
輝かしい未来も沢山あっただろうに。同じ大人として恥ずかしい思いです。
本当に申し訳ない。私に出来ることは少ないとは思いますが関係ないと
無関心で居ないことと子供や若者が未来を楽しみに生きれるような一端を
少しでも担える大人であれるよう尽力します。
posted by menchan at 22:48| Comment(0) | 育児