2019年01月12日

フォニックス教室がくれたもの

娘は小学校2年生の頃1年間フォニックス教室に通っていました。1年間の
カリキュラムになっていて4月からクラスは始まり翌年の3月に発表会をして
終わりまた新たな年度を迎えるといったタイプのクラスやったので3-4年生は
別のお稽古を選択し5年生になり再び同じ先生のフォニックス教室にお世話に
なることになりました。年間3万円ほどの料金で発音を徹底的に学びます。
外国人の先生が教えてくれる英語村と迷いましたが2年生の時お世話になった
先生の指導法をとても信頼してたのでもう一年同じ先生にお世話になることに。
年度当初は同じ学校のお友達と一緒に参加していましたが彼女は思ってたのと
違うといって2学期で辞めてしまいました。そういえば2年生の頃一緒に行って
たお友達も途中で辞めたっけな。親の教育方針もあることですしそれはそれで
致し方ない事やと思っています。5年生は娘だけであとは低学年というクラス
になってしまいました。元々高学年が娘とお友達しかいなかったので低学年
のクラスに混ざる形で参加したのでお友達には物足りなかったと思います。
また英語の発音を習いに行っているのにグループ分をして低学年の指導等を
しなければならないことにお友達は少なからず不満を抱いていたようでした。
お金を払っているのに先生がしなくてなぜ私達がしないといけないのか?
しかもグループ責任みたいな感じで競わされることもあり娘も少し悩んでいた
時期もあったようです。今のお稽古事はもちろん何かが出来るようになる為に
その技術の取得を目的として行っていることがほとんどです。娘も塾にピアノ
を習いにいっていますが学力の向上とピアノ技術の向上を目的としてます。
それはそれでいい。しかしこのフォニックス教室の先生は発音を教えるだけ
の先生ではなく自分で考え発言し行動の出来る人間になることを教えてくれ
ます。当然出来なかったときに先生からどうすればいいかの指示はありません。
最初に先生の指導ポリシーを聞いた時この先生なら信頼できると思いました。
今の世の中与えられることが多く何も望まなくとも生まれた時から皆何もかも
持っていて言われたことだけをしてれば何となく生きて行けるようになってる。
それなのに社会に出たらやれ自分で考えろ、やれ想像的な人間になれ、やれ
仕事は自分で生み出すものやと言われます。思考し行動することを訓練して
こなかった今の子供達はいきなり大海原に放り出されて社会の洗礼を浴びて、
自分はダメだと鬱になったり、自暴自棄になったり、引きこもったり、挙句は
社会や人のせいにしたりするかもしれない。先生はそんな子供達の未来を大変
憂いていました。なので先生の授業では課題は与えるけれども自分達で考え、
自分達で行動し、自分達で答えを導き出し、最後に発表する形になってます。
2年生の頃ABCも知らなかった娘が1年間先生の指導の下簡単な英語のスピーチ
を出来るようになっていて親として子供の力にとても感動しました。
2年目で5年生の今年はそうした思考のプロセスを自分だけでなく下級生に指導
していくという経験も娘に与えて下さり、一人っ子で兄妹もいない娘にとって
とてもいい経験になったと思います。4月にはぼーっとして何も出来なかった、
下級生たちが1月になった今3月の発表会に向けて自ら思考し行動できる人間
になっている。そして自分達の思いを伝え相手の思いを聞き集団としてどう
動くか決めることが出来るようになっている。本当に良いクラスで子供達の
可能性に感動している、一度クラスを見に来てくださいと言われて私も胸が
熱くなりました。私自身は娘にお稽古事でこうしろああしろとは言わないし、
嫌ならやめるのもそれはそれでいいと思ってます。ただ自分の中でやり残した
ことや中途半端になってることがありそれが嫌なのならキリのいいところまで
やってみる、答えはそれからでもいいのではないかと娘には提案しました。
お友達が辞めたからといってその居場所で自分に与えられた使命があるらしく
下級生を残して中途半端な形でズルズル引きずられるようにその場を去るのは
嫌やと半ば意地になって3学期の学費を入金しました。久々に先生とお会いし
クラスでの娘の様子を伺うことができ、少しずつ成長していく娘の姿を思い、
私も親として胸が熱くなる思いでした。
子育てにおいては極力彼女の意思を尊重し、悪い事でなければ禁止せずに
彼女自身が考えて決めるようにしてきました。誰かに支配されるのではなく
自分の行動は自分が責任を持って自分で決める。その為に自分が何をしなくて
はならないのか?これが分からなければ本当の意味で人は自由ではありません。
私は彼女にいつも自由な人であって欲しいと思う。望めば何でも手に入る時代
です。でも誰かから与えられる人生ではなく誰かに寄りすがって生きていく
依存した生き方ではなく自分で納得して自分で決めた道を行ってほしい。
フォニックス教室ではその礎となる考え方を先生に教えてもらったと思います。
発表会まであと2か月。最後までクラスをしっかりまとめて頑張って欲しいです。
posted by menchan at 16:12| Comment(0) | 育児

2018年10月26日

新しい環境

10月から学童を辞めることになり代わりに塾へ通うようになった娘ですが
環境の変化からかそれまで滅多なことで体調を崩さなかったのにずっと
風邪を引いていて、極めつけは小さい頃以来の喘息性気管支炎で病院へ。
金曜の晩からで土曜日の朝病院へ行き幸い1週間ほどで良くなったのですが
元々アレルギー体質だったのをすっかり忘れていました。
今まで慣れ親しんだ学童へ行かなくなり、一人で家に帰ってきて鍵を開け
週に2回は塾へ行き、それ以外は友達と遊びに出かけるか一人でお留守番。
同い年でやってる子はもっと早くからやってるんでしょうが娘にとっては
色々初めての経験が重なってそれなりにストレスもあったのだと思います。
女の子特有の人間関係のややこしさも相まってしんどかったのでしょう。
私としても手はかからなくなってきたものの彼女が今思っていることや
困っていること、悩んでいることに出来るだけ丁寧に耳を傾けて行こうと
は思っています。兄妹がいればそうでもないのでしょうが一人っ子なので
どうしても色々抱えてしまうことも多いようです。
適応能力は高いので塾にもすっかり慣れて楽しく頑張っているようです。
国語・算数・英語を週二回1日90分間見てもらっていますが、英語の上達
は凄まじく本人も熱意を持って取り組んでいるようです。国語と算数も、
学習票を見せてもらいましたが真面目に頑張っています。アットホームな
環境で学童と同じ値段でほぼマンツーマンに近い形で教わっているので、
有難い限りです。子供にばかり頑張れと言っていても「お前はどやねん」
と言われてしまいそうなので彼女の中学受験に合わせて私も長らく据置き
にしてきたFP1級の勉強に取り掛かることにしました。英語とか着付とか
他にもやりたいことはありますが今一番自分に必要なものは何か考えた時
これからあと10年近く子供を成人するまで見て行かないと行けないので、
喰いっぱぐれないための仕事に直結した知識の強化に勤めようと思います。
自分は頭もそんなに良くないし(どちらかと言えば悪いです。)真面目に
頑張ることくらいしかできなくてそうやって続けてきたから今それなりに
仕事をさせてもらっていると思います。今会社で経理の責任者的な立場で
仕事をしている中でまだまだ全然知識も経験も足らないと思っています。
知らないがために会社に損失を与えてしまうこともある仕事ですしこの1年
そういったことも沢山見てきました。関わっていることを理解せずに何気
なく仕事をしていくことが今とても怖いです。私になら任せて大丈夫やと
会社の誰にも言ってもらえるような仕事をしてもっと報酬をいただきたい。
家族をもっと幸せにしたいし自分も沢山ライブにいって幸せになりたい。
要領も頭も良くないけど真面目に頑張ったら人生そんなに悪くないんやと
身をもって子供に伝えれたらなぁと思います。親子で結果出さんとですね。
新しい環境に身を置くことは誰でも怖い。慣れないうちはストレスもかかる。
けど今いる場所が窮屈に感じられたり退屈に思うならもしかしたら其処に
もう自分の居場所はないのかも知れません。自分自身も恐れんと新海に
飛び込んで行きたいですし子供にもグングン前に進んで行ってほしいと
思います。自分が動けば違った景色が見えるし違った人に出会えるはず。
特に人との出会いは人生を変える。お互い頑張ろうな。
posted by menchan at 23:16| Comment(0) | 育児

2018年09月02日

入試説明会など

娘が受験する予定の中学校で行われた入試説明会に行ってきました。
5年生で実際受験するまでは時間があるので早いかなと思いつつ参加。
彼女の中学受験は彼女が生まれた時から夫に言われていて私は教育の
ことはよく分かりませんがとにかく資金面担当で準備してきました。
一人娘で低所得者層ながらも共働きで安い分譲団地住まいで車も家も
ローンのない気楽な感じなので出来ることやとは思てます。
高校は受験して自由に選ぶことが出来ますが中学は通常私学を受験
しないと近所の公立に通うしか選択肢がない。その公立が荒れていた
場合の対策として中学受験は十分に視野に入れておかないとアカンの
で資金面はきちんとしておくようにと夫には言われていました。
夫は私よりずっと賢い人なのでまあ私はお金を貯めるだけです。
財政面は職業柄夫より私の方が優れています。
教育のことはよく分かりませんが私が一つだけ思うことは出会う人に
よって人生が変わるので彼女がインスピレーションを感じる人に出会
える環境はお金を出してでも購入しないとダメや言うことです。
彼女は結婚するかも知れないし、一人でいるかもしれない。そやけど
必ず人とは出会うし誰かと一緒にいるでしょう。どんな人と出会うか
によって彼女の人生も考え方も生き方も大きく違ったものになる。
良い悪いは後に彼女の判断に委ねられると思いますが彼女が面白いと
興味を持つ人と出会って彼女自身が何かを感じて行動してほしいです。
その行動の素養となるものはやはり教育なのかなとは思います。
私自身遅ればせながら社会に出てから大学に入って人生変わりました。
人間学歴が全てではないですが教養は大事です。本当に大切です。
学校選考はなんとなく私が行いました。超難関校ではなく普通に努力
して頑張ったら入れて伸び伸びと学校生活を送り高校受験指導をして
くれる3年コースのある学校。選択の余地はあまりなかったのですが、
通える距離に運よくありましたのでほぼそちらに絞っています。
受験組は4年から塾に通って勉強する子が多いのですがそんなに早い
時期からではなくある程度のほほんとした小学生時代も満喫して欲しい。
そんな時間はあまり長くはないのですから。そうは言ってもあまり
のんびりしていられないので秋頃から通塾を考えています。ちょうど
学童も休みがちになってきたところでたまたま学童の費用と同額の
塾が近所にありそちらに通ってもらおうかと思っています。
3万-4万円もするような高額なレベルの高い塾に通わす経済的な余裕は
ありませんので月額7,000円のアットホームな塾でその程度で十分です。
入学金も授業料も正直安くはありません。特待生制度があると言ったら
娘さん「お金くれるんやったら特待生目指してもいい」と言出しました。
それ何の意味があるねん?入試説明会はぼんやりとした部分がクリアに
なってとても良かったと思います。英検合格者には加点があるなどの
制度も知らなかったし学校の雰囲気も学生の態度も知れて有意義でした。
娘は数学の体験授業を受け中々難しい問題をさせられていたみたいで、
ちょっと興奮気味で帰ってきました。帰りに誕生日の準備品を買うため
京橋のイオンに寄ったのですが色々回らされて思いの外疲れました。
とりあえず親子共1月の英検に向けて秋からボチボチ勉強開始です。
そして再来年の1月の娘の受験に向けて私も1月にFP1級受験します。
一緒に頑張ろうぜ。
posted by menchan at 18:27| Comment(0) | 育児