2012年06月19日

クラウドファンディング

最近私が興味を持っているクラウドファンディングについて書きたいと思います。
私はずっと今のお金のあり方に疑問を持っています。何故必要な所に必要なだけ
の資金が集まらず、必要のないところに湯水のようにお金が溢れてくるのだろう
と思っています。それは利子の存在がありお金は寂しがり屋でお金のないところ
には集まってこないからと言われています。あるところには必要がなくてもどんどん
集まってくるのがお金だとも。でも違うと思うんです。お金って本来そのもの自体
に何の価値もなくて単なる交換を円滑にするための信用手段だったはず。
人はどうしてそんなにお金に拘って生きなければならないのか、お金に振りまわさ
れるのか。ピンクフロイドは「Money its a crime」と皮肉っぽく歌ってます。
必要な個所に必要な時期に必要なだけあればいい、これが私の思う「お金」です。
今まで資金調達と言えば銀行でしか成しえなかったことを可能にするのが
クラウドファンディングです。簡単に言うとITの力を使って必要なお金を不特定
多数の人から集めてプロジェクトを実行する仕組みです。ちなみに「クラウド」は
コンピュータ関係でよく使われる「雲」ではなく「群衆」の意味だそうです。
人が銀行にお金を預けるとします。そのお金は預けた人の意思に関わらず銀行の
運用の一部となります。そのお金で国債を買ってるとしたらどうでしょう?
日本国債保有率の約50%を銀行・郵便局で占めている事実をどれだけの人が知ってる
でしょう。「私は国債を買うために貯金したのではない。」と言いたくなります。
これまで預けたお金をどのように使っているのか私は考えたことがなかったのですが
FPの勉強をして多少なりとも投資の仕組みを理解することが出来たので自分のお金
ってどうなんだろうと考えるようになりました。自分のお金が自分の意志と違う所
で使われている、ちょっとぞっとしました。意思のあるお金を使いたい、見える形
で使いたい、生きたお金を使いたい、今私は心からそう思っています。
たぶん少し金融について勉強したことがある人なら私と同じように考えるのでは
ないでしょうか?そこで私が興味を持ち始めたのが投資ですがこれもお金を増やしたい
から投資するというより必要な会社に必要な時期に必要なお金が回って欲しいと思う
気持からです。投資とは本来そういうものであり会社の株を買うのも儲けたいから
買うのではなくその企業を応援したいと思うから買うのです。儲けたいと思うから
買うのは投機です。クラウドファンディングは本来の投資を可能にするだけでなく
投資に関してのハードルをより低いものにすると思います。私自身も大博打に出る
ほどお金を所有している訳ではなく、不安にならないと言えば強がりかも知れない。
でも生活に困らないだけの一定の収入があり生活が成り立っているならそれでいい
と思っています。不安を解消する手立ては「いつでもある程度稼げる能力」か或いは
「そんなに稼がなくても生活できる基盤」を身につけることしかないと思います。
少ない現金をちちこ握りに所有してたって仕方がなくそんなものインフレが起きれば
一発でパーです。自分の持っている知識や知恵も時代の流れの中で簡単に陳腐化して
しまう恐れがあります。変化に対応出来るよう学び続けることと生活の代謝を下げること
の両建でやっていかなければ自分による自分のための自分らしい暮らしはできません。
不安は決してお金を蓄えることでは解消できず、お金はむしろ流していかないとダメです。
私が最近興味があるのはイギリスの「PledgeMusic」というサイトです。アーティスト
がレコーディング費用などをファンから集めるという仕組みです。プロジェクトが
成立したら投資した額だけクレジットカード決済で落ちる仕組みになっているようです。
投資者は見返りとしてお金ではなく様々な投資者にしか得られない権利を買います。
私はインディーズレーベルで活動しているバンドが好きなのですがファンがバンドを
直接支援する仕組みが自国には存在しない現状を憂いてます。インディーズ<メジャー
の図式が根強く残っているからなのかも知れません。けれどインディーズレーベルの
存在はとても有難いものがあります。例えば万人に受け入れられないかも知れないけれど
高品質な作品を作り上げるアーティストは世の中に数多く存在すると思います。
商業的に成功することを目指すのではなくアーティストが作りたいと思うものを作る、
でもそのためには資金が要ります。その資金調達をサイト上でファンから募るって
画期的な仕組みだと思います。100人の固定ファンが居たとして年に一人10000円投資
したとしても100万円です。投資の見返りは投資者しか手に入らないプレミアのついた
何かだったり、アルバム作成進行状況だったり、或いは手書のライナーノーツだったり。
ファン以外の人にはどうでもいいものでもファンには喉から手が出るほど欲しいものです。
さすがはインディーズ大国イギリス。EMIは身売りしてもインディーズは元気です。
中世ヨーロッパには芸術家を支えるパトロンが居て日本でも江戸時代に同じ仕組みが
ありました。良いものを作れる人を皆で支える仕組みがあっていいと思います。
クラウドファンディングならファンと言う形で芸術活動に携わる人を支えることが
出来るのではないかと思います。「群衆」がアーティストのパトロンになるイメージです。
作り手が伸び伸びとした環境の中で作品を作ることで新たな創造が生まれます。
クラウドファンディングは資金調達の流れを変える大きな可能性を秘めています。
人が自分のお金を自分の意思で納得した形で投資する、それこそ生きたお金を使う
ことになるのです。その生きたお金で今まで成立し得なかった事業が成り立ったり
多くの才能あるアーティストが自分達の納得のいく作品を残せたりします。
まだまだ黎明期なクラウドファンディングですが今後多くのサイトが立ち上がり
本当に必要なお金が本当に必要なところで生きたお金として使われるようなお金
の流れが当たり前になる日がくることを切望します。近い将来そうなるとは思います。
色んな事が大きく変化するダイナミックな時代に生きているなぁとワクワクしますね。

※私が目指しているのは経済や国力に左右される「円」に頼らない地域通貨による
暮らしですがこれについては後日機会があればまとめておきたいと思います。

※関連リンク
http://www.kickstarter.com/amerika
http://camp-fire.jp/
http://www.pledgemusic.com/
https://readyfor.jp/
posted by menchan at 12:52| Comment(0) | FP

2012年06月18日

次の目標

久々にお金の話です。住宅ローンが終わってから次は何のためにお金を
貯めようかと思ってました。私が貯金する時は必ず目標を明確にしてます。
目標設定には購入物・目標額・期間の3点が必要です。家を買うときにも
娘が小学校に上がるまでに現金一括購入が目標でしたから2年早い達成でした。
その間年利3%という金利を払ってちょっと苦い思いもしましたが少し早目
に快適な生活を得た代償やと思うようにしています。
貯金はただ収入から支出を引いた額をやみくもに貯めていたのではダメだと
思っています。というか明確な目標設定がなければ貯まりません。それに
ただ貯金額だけを積み重ねて行っても面白くありません。明確な目標を立て
それに向かってどのようにその目標をクリアすることを考えなければ貯金も
ただの節約になってしまい心が荒んでしまいます。(これ一番ダメですね。)
家計簿をつけて月に何円節約できたと喜ぶより目標にどれだけ近づけたと
考える方が同じ貯金でも達成感が違うと思います。家計簿は目標への達成が
上手く行きそうにない時や途中経過が宜しくない時に何故なのか分析する
ためのツールとして使っています。ただつけているだけではダメなのです。
またお金を手元に貯めておくのもあまり好きではなく(もちろんある程度
必要です)これは社会不安からそうさせるのかも知れませんがお金は本来
あった方がいい場所に適切な時期に適切な金額があるべきだと考えています。
お金とは使うために貯めるのであって貯めたお金を一発で使う時のことを
連想する、これは結構気持ちのいいものです。私はデカイ買い物をする
のが好きです。次の目標は教育資金。といっても子供の大学のお金です。
一応子供一人当たり600万円用意しようと思っていて、(理系なら足らんかも
知れませんが後は子供がなんとかすればいいという考えです)もう一人子供が
欲しいので1200万円は貯めなければなりません。うち700万円は子供手当
(どこまで宛てになるかわかりませんが)と子供保険(2本かけています)で
賄えそうなので500万円を貯めることになります。目標は5年。1年100万円です。
頑張れば3年ー4年で貯めれそうですが一応余裕を見て期間は5年に設定しました。
娘が小学校低学年の間に大学費用を貯めておこうと思っています。
1200万貯まったら600万円を各々子供名義の定期預金に入れて18歳になる頃に
通帳を子供に渡してやろうと考えていましたが最近は少し考え方を変えました。
大学に入る際に入学金と1年分の学費を捻出し後の3年は奨学金で自分で頑張って
もらい、無事卒業し本人が納得のいく大学生活を送れたなら奨学金を一括で
返済しようと思っています。そうでなければ社会人になってから返済させます。
卒業時に一括返済しようと思いだしたのは大学の費用が後々の生活の足かせに
なったらちょっと可哀そうだなと思う親心です。夫婦で奨学金返済だと
かなりの負担になりそうです。ただ親の金を使って行くからには大学に行く
にも明確な目標が欲しいのです。そして目標を立てたらその目標に向かって
懸命に努力して欲しい。例え職に結びつくようなものでなくても構いません。
他人から見たらくだらないものであっても夢中になれることならいいのです。
ようはその経験こそが本人の生きていく上で糧になると思うからです。
私自身大学で何を学んだかと言えば人に胸を張って言える成果があったかどうか
分かりませんが少なくとも「事が起きた時にどう対処するかの解決力」は身に
ついたのではないかと思います。本当はもっと結果が欲しかったと思った時期も
ありましたが同じ社会人大学生からの一言「働きながら自分の力で4年間学べた
そのことを褒めてやりたい」に力づけられました。自分のお金なので納得の4年間です。
でも大学自体はとても私は重要やと思っていて大学時代に習ったことが物事を深く
考えると言う点において人生を逞しく生きていくと言う点でとても役に立ってます。
大学のお金を貯めたら一応親の責任はそこまで(日々の生活は別ですが・・・)やと
思っていて塾やお稽古事は全然考えてません。自戒ありですが今の親は与え過ぎな
傾向があり過ぎると思うので何もないところから自分で考えてアクションを起こせる
子供になって欲しいと思います。「無からの創造」ですね。ただ日常生活の
中から気づきだけはちりばめておこうとは思います。あとは本人次第です。
子供の学費の次は自分達のために使えるお金を貯めます。目標は1000万円。
500万円ずつ主人と山分けです。これは10年くらいかかるかな。あと15年か。
余力があれば分譲団地をもうひとつ買ってアトリエ兼寺子屋兼文化教室みたい
にして使えればなぁと妄想の日々です。貯金は夢とリンクしていてそうなると
目標を立てて節約するのも建設的で達成感も味わえるし楽しい作業です。
posted by menchan at 12:31| Comment(0) | FP

2011年10月07日

「運用のプロが教える草食系投資」を読んで

「運用のプロが教える草食系投資」を読み終えました。いい本でした。
本当にいい本でした。直販投信を設立した3人が長期投資について熱く
語る本ですが投資の本来の姿について考えさせられます。
以前のポスト「エンデの遺言を読んで」にも書いたのですがお金と言う
ものは本来あった方がいい場所に適切にあるべきだと思うのです。
貯金ばかりでお金を貯めこんでしまうと本来お金があった方がいいところ
にお金が回りません。結果経済は回らなくなってしまい一部の富裕層だけ
にお金が集まることになる。結果貧富の差が大きくなり社会は不安定になる。
最近のイギリスやアメリカでの暴動やデモはその結果だと思います。
私がこの本を読んで感動したのは、社会を動かすのは政治でも経済でもない
私達の毎日働いたお金であり、その一つ一つの滴が会社を動かし社会を動かす
ことになる、だから自分達の意思でお金を動かさなければならないという
話です。その意思表示が月々5000円からの積立で可能になるのが積立投信です。
そして長期で投資していくことによって少ない積立でも複利の効果を利用して
一定の資産形成が出来るということも書いてありました。
この辺りは「大人の投資信託」を読んでいたのである程度理解していたのです
が儲けるための投資ではなく社会の役に立つ会社に投資することによって自分
の意思が反映されたお金が会社を助け動かすことになるのだという事実に
ちょっと感動すら覚えました。しかし考えてみると投資とは本来そういうもの
なのかも知れません。現在政治も社会も経済も不安定で将来を不安視する声が
良く聞かれます。でも嘆いていても仕方ないと思います。政治不安なんて関係
ない、自分達のよりよい社会を作る為には子供たちに明るい未来を残すため
には自分達自身が考えて動かなくてはならないと思います。
自分達の未来を変えれるのは自分達自身でしかない、人任せにしない。
お金を自分の意思で動かすというのはその第一歩で長期投資は最も優れた方法
ではないかと思っています。販売会社を通さない直販通販ならファンドの意思
が見えます。ゆっくりじっくり時間を味方にして自分の意思をそのファンドに
託すことが出来るのです。私は基本的にはインデックスから始めたいと思って
いますがある一定の資金が貯まったら直接株式にも投資したいと考えてます。
上がった下がったに右往左往されるのではなくその会社を応援したいから株を
買う、世の中の役に立つ仕事をしている会社、社会を良くしたいと奮闘している
会社、生活で身近にお世話になっている会社に投資します。
また投資信託は世界全体に投資することも出来ます。私は基本的に日本株で
運用している会社への投資を考えてますが世界に投資することによって世界に
関心を持つようになるのではないかと思っています。安定と言う面から言うと
債権もいいのかも知れませんが、国債のように国の借金に加担してその儲けを
得ようとするような投資はあまり感心できないと思っています。国債での
リターンを自分が得れば国はその利息を支払うためにまた国債を発行する
と言ったような自転車操業に加担する気には到底なれません。
このようにそんなに投資について詳しくない私にも少し仕組みを勉強すれば
自分のポリシーが見えてきてお金をどのように動かせば良いのかがわかります。
「運用のプロが教える草食系投資」はそのような自分の意思について再確認
させられる、今年私が読んだ本の中でも3本の指に入る良書だと思いました。
もっともっと勉強してFP1級を取ったらこの本の内容を少しでも多くの人に
伝えたいです。一人ひとりの力が大きなうねりになって社会を変えていく
なんてダイナミックでワクワクしますね。
posted by menchan at 12:43| Comment(0) | FP