2019年07月03日

2019年6月21日[The Wind Chasers Club Japan Tour]@火影に行ってきました。

DSC03524.jpg
The Wind Chasers Clubs

7月になったというのに、私の6月は終わんない。結構強烈やったんで
終わらないんです。6月3本目[The Wind Chasers Club Japan Tour]@火影
に行ってきました。ドはまりしているFIFTHNEWHEAVYが出る、見たかった
馬車馬が出る、大好きなBlack Dolphinsが出る、外国の人はよう知らん。
というのでイカン手はないでしょう。平日やけどスタート遅めの金曜日
やので行ってきました。スタート19時半と若干遅めやったので18時に仕事
終わらせてFIFTHNEWHEAVYの3rd特典欲しさに行って来たのさ戎橋ー。
3rdはもちろん持ってます、というかここから私のウザヲタ街道は始まった。
ほやほやのデモ曲「SEXFILE」がフルで聞きたかったのとそのまま売出して
良いんじゃないのっていう出来のアートワークに魅せられて特典を買いに
参りました。やーもうね、ヨシさんの機動力半端ないですよー。
出来立てほやほやのデモ音源を即座にパッケージングしてジャケ作って
歌詞カード作って翌日の朝店舗にお届けって凄くないですか?
音源ドはまり組の私ですがこの機動力に骨抜きにされております。こんなん
言うたらアレですけど、勿論音楽活動だけやってはるんじゃないと思います。
皆さんそれぞれに食ってかんとイカンのでお仕事抱えておらえると思います。
そやけどそんなん問答無用で超えてくる、超人的ガンダム的な機動力。
まあここまではいいでしょう。その仕上げてくる出来がねー完全に殺しに
掛かるくらい素晴らしいのですよ、ホントに。いやーないわーこれはないわ。
ウザヲタ生活ずっと続けてますがこれはないわー。今日のブログはこの機動力
について書きたいがために朝も早よから書いてるんです→勉強しろよw
なんかねー心打たれるんですよね、表現することへの一途さというか実直さと
いうか。実力が伴うと忘れてしまうパッションをずっと持ち続けられる。
そのパッションと作品の素晴らしさに音源だけじゃなくアートワークや映像の
編集etc・・・すべてフルでぶわーっと押し寄せてきてそりゃハマらんという
方が無理です。強い、圧倒的な強さ。言い訳一切問答無用のフルスロットル。
同じ人生生きるんやったら自分も極力そうありたいなと思いますね。
とまぁこの話は別の劇場にお任せするとして戎橋のTSUTAYAで友人に頼まれて
いた分も購入し私が購入した分は音の分る綺麗なものを愛する友達への返礼
として購入して戎橋から火影へ移動。全く方向感覚のなさに自分でも萎えますが
戎橋から火影めっちゃ近いやんっということに気づき若干早めに火影にイン。
大好きな友達も早めに着弾wされてたので少しお話しできて良かったです。
1バンド目「馬車馬」ギターかと思いきや6弦ベースとドラムのツーピース。
お名前前から存じ上げててずっと見たいと思ってました。ドビンゴでした!
ホンマに馬車馬のごとく暴れ狂い鳴らしてくるこの感じ好きだわー。
トップバッターに相応しいエネルギッシュなライブでした。こりゃいいぞー。
2バンド目「The Black Dolphins」以前数回見たことがあるんですがめちゃ好き。
4人のバンドですが現在ベースがサポートの方なのでその折々に若干違った色を
魅せてくれます。今回は摩擦原因のPさんだったかな。またねーこの方のベースが
グルーヴがええんですよー。このバンドドアーズに例えられたりしてますけど、
私的にはRare EarthとかIron Butterflyを思い起こす感じですけどね。ドアーズ
やとちょっと弱い。めちゃめちゃパワー溢れるステージアクトも素敵。めちゃ好き。
3バンド目「The Wind Chasers Clubs」こちら遠路はるばるアメリカから。
ゴッタゴタのガラクタみたいなガレージパンク?ですが音はめっちゃしっかり
してて好きやなー。音出しの時から絶対いいと確信。全然違うと思いますけど、
昔TOY DOLLSとか好きでよくライブ行ってたん思い出しました。無条件に楽しい。
靴を脱ぎ散らかしたりラストはおパンツにならはったりとホント楽しかった。
4バンド目「FIFTHNEWHEAVY」ヨシさん、直前までThe Wind Chasers ClubsのTシャツ
着てはって、今日のイメージカラーはオレンジか?思いましたが黒にお召し変え。
余談ですがヨシさん、WCCのTシャツ即買いでWCCのライブにそれ来て即乱入という
これまた機動力1000パーセントのお・も・て・な・し、海外から来られた対バンの
方にとってめちゃ嬉しいと思います!流石だなーサラッとそういうことしてしまうん
ホンマにビリビリ痺れますやん。
KAZUMAさん、着てはったシャツを脱いで肉体美という衣装にお召し変え。
この鍛え上げられた墨の素肌にCHANELのサスペンダーいうスタイルたまんないです。
ライブはもう火影ですからねーぐしゃぐしゃになりました。フロアなんでステージ
との目線が一緒で距離が圧倒的に近いいう状況でFIFTHを見るん初めてですが
ブチ抜かれました。3rdのレコ発回ってる段階で新曲ぶち込んでくるってマズない?
火影の黒みかかった赤がFIFTHの毒にピッタリでスタンダールかよ?高いステージ
でスター感満載のFIFTHも勿論ええんですがこの毒が渦巻く感じに毒をまき散らす
ように飛び散る汗。クソ熱いやん。フロア全体を揺らす鬼塚さんの美しい轟音。
いやーもう最高でした。FIFTH@火影、似合うわー素晴らしワ。
この日はFIFTH初見の方も結構いてはったと思いますが完全に持ってかれてました。
パッションの塊やろ?ライブってこうあるべきみたいなの体現ですけど毎夜軽々
超えてくるって何やねん?FITHNEWHEAVY、恐ろしい4歳児・・・
ヨシさんハンドメイドのチョーカーも無事にゲットし本日のミッションコンプリート。
いやーええ夜やった。プレミアムフライデー言うんはこういう夜のこと言うんやで。
演者の皆さま、梅雨空を吹き飛ばすクソ熱い素晴らしい夜をありがとうございます。
それから家族の皆様にはいつも本当に感謝しております。ありがとうございます。
6月はまだこれでハーフ終わったところ・・・エグい夜は続きます。


posted by menchan at 07:00| Comment(0) | ライブ

2019年06月29日

2019年6月8日[SOMEWHERE IN TIME VO.2]@心斎橋火影に行ってきました。

DSC03472.jpg

もう6月も終わるというのに・・・おせーよはなしにして、2019年6月8日
に心斎橋火影で行われた[SOMEWHERE IN TIME VO.2]に行ってきました。
もりもりさんという方の追悼イベントらしくて、私もりもりさんは存じ
上げないのですがとにかく沢山のバンドが出るというのと好きなバンドが
沢山出る、しかもしかもマイアイドルTSUKAさんが何回も拝めるというので
迷いなくこの日は火影をチョイス。というかTSUKAさん一体いくつバンド
やってはるんですか?それだけでも凄いのに全てが違ったテイストで、
全てがハイクオリティ。この日はパンプキンスニーカーズを特に楽しみに
していました。ノラ一味でTSUKAさん知ってからtwitterでフォローさせて
もろて去年の夏やったかなー西成かどこかで座って弾き語りしてはる写真
が上がってたんですよ、それがもうどストライクでして、カッコいい!!
即ロードして大切に保存し時々拝んでいます。勝手にすみません。
私のライブ友ニコイチU嬢が「オオカミが見たい」というので新世界の
ジャンジャン横丁で串カツ定食を食して1本空けて、その後オオカミを見に
天王寺動物園へ。U嬢オオカミとの交信時間長いww動物園自体はゆっくり
堪能できなかったんですがオオカミのとおぼえを聞くというミッションは
とりあえずコンプリートしたのでいそいそ火影へ。ついたら始まってました。
1バンド目「CYBERNE」以前ソクラテスでノラ一味を見た時に一緒に見たかな。
ラスト2曲くらいしか聞けんかった。変態じみた轟音と変拍子がナイスです。
2バンド目「Pumpkin Sneakers」TSUKAさん第一投目です。なんかPOPバンドの
お手伝いでもしてはるんか思うようなバンド名やったんですが全然違いました。
これは凄い!凄いしか語彙力ないんもう嫌なんですがとにかく凄い。
アコースティックギターだけのインストDUOなんですけども異国情緒漂う波止場
のジプシーミュージックいうんですか?私音楽の専門的なこと全く分かりません
でホンマに自分の経験上の雰囲気だけで書いてるんですけど素晴らしかった!
こんなん初めてよ。ギターが泣いている。ギターが歌っている。ギターが・・
こんなんやったら下手なボーカル要りません。だってギターが歌ってるやん。
TSUKAさんの座りながら足を仕草がもうセクシーで好きで堪らないんです。
予習なしで行っていきなり心臓ぶち抜かれました・・・
3番目「佐野あつし」さん。火影の人ですねー。今日はソロです。いつも物凄い
セットなんですが結構準備が手際よくて、前にベアーズでBIRUSHINAH見た時は
私がトイレ行ってる間に金属太鼓セットされてたんですよ、すごい。
この日も凄いセットでグワングワンに鳴らしてたんですがなんせ一人ですんで
色々忙しいwカサカサと音を鳴らしてビニール袋から何かを取り出したと思たら
火を噴きましたーわーもう私火影で皆と一緒にお陀仏の覚悟しましたよ。
素早い消火活動も勿論セルフでwwwウケる。佐野さんはヒョウ柄のシャツに
ポニテが個人的には好みなんでポニテを所望しておきましたw
4番目「BlackLab」私サバスが大好きなんでめちゃくちゃ好きなんですよ!!!
しかもギャル2ピースであの世界観鳴らしまくるってホンマ凄い!最初に見たの
BEARSで秘部痺れとの対バンやったんですがそん時もラストで圧巻でした。
3曲くらいしかやらなかったと思うんですけどもうめっちゃ堪能した。いつまでも
この音は揺られてたいし、聞いてたかった・・・
5バンド目「kidaki」楽しかったのは覚えてるんですが記憶がうろ覚えです。
でも楽しかったです。→なんしか時間が経ってましてわすれんぼですんません。
6バンド目「エークソダス 」TSUKAさん、第2投。今回はなんとボーカル!!!!
うそやん!しかもエクソーダすのコピバンでボーカルやって!もうヲタ歓喜!
ほんでこれがめっちゃ痺れるくらいカッコいいんですよ!TSUKAMAROでTSUKAさん
がめちゃ歌えるのは確認済みですが、もう完全に撃ち抜かれました。
堕ノ蔵の方のギターもめっちゃ好きやし、もうめちゃくちゃカッコいい!
いつもの緩いパンツやのうてややスリムなパンツにNIKEのスニーカーの出で立ち
もとってもとってもイカしてました。
7バンド目「Kowloon Ghost Syndicate」若干予習しててかなり好みな感じなんで
楽しみにしてたんですがやっぱりビンゴでした。徹底的に赤黒に拘った照明は
その世界観をバッチリ表現してましたね。ハードな中にも美しさを感じられて
私はかなり好きです。機会があったらまた見たい。
8バンド目「poetry of torch」ちょっとしんどくなってきたのでバーでお酒飲んで
途中で見たんで若干記憶があいまいです。すみません。でもカッコ良かった。
9バンド目「unai」さん。TSUKAさん3投目。亡くなられたもりもりさんの奥様なの
でしょうか。もりもりさんのことを愛おしく語っておられお子様の話なども少々。
自分も娘居てるんでウルウルしてしまいました。大切な人が亡くなるってどんな
やろう?残された人の絶望、でも支えられる暖かい人が居てその人たちが大切な
人のために集まってCD作って演奏して美味しい酒を飲んで楽しんでくれている。
そのことで彼女も歌を紡ぎながら少しずつ救われていくのかなと感じました。
彼女の歌にそっと寄り添うTSUKAさんのフルート?オーボエ?みたいなギターに
また惚れました・・・なんなんですか?なんなんですか?誰なんですか?
10バンド目「ノラ一味」火影のノラはお約束でフロアぐっちゃぐちゃにして戦国
さながらの楽しさなんですけど今日はねー泣きの要素も入れてきて困ったもんです。
ラスト「トゥタフトゥダイ」を前にイタさんが業務連絡でフロアの電気を明るくし
皆の泣き笑いがはっきり見える中での「トゥタフトゥダイ」そしてもりもりさんを
偲んで「もりもりと酒が飲めるぞー酒が飲める飲めるぞぉ酒が飲めるぞぉ」皆で
合唱。私らもりもりさん全く存じ上げないのに古くからの友達みたいな親近感。
あの一体感は何なんだ?BARカンでももりもりさんの映像が流れていたり笑顔が
ステキな遺影には大好きやったんでしょうかね?ワインが備えられていてなんか
もう今思い出しても泣いてしまう。追悼ライブって大抵湿っぽくなることが多い
のですがみんなが楽しく泣き笑い。最高の一夜になりました。奥様もホロリでした。
ノラ一味最高だわ。イタさん超男前の中の男前。その「こーこーろーいーきー」に
殺られました。6月は本当に特別な夜が多くてまだまだ続くんですが間違いなく
記憶に残る忘れられない音楽って素晴らしいライブって最高やと感じた一夜でした。
演者の皆さま、長丁場、本当にありがとうございます。
そしていつもライブに行かせてくれる家族に感謝。本日も宜しくお願いします。
posted by menchan at 17:09| Comment(0) | ライブ

2019年06月17日

2019年6月4日NEMU presents「The Fragile」@SocoreFactoryへ行ってきました。

DSC03334.jpg

2019年6月4日SororeFactoryのNEMU presents「The Fragile」へ行きました。
この日はFIFTHNEWHEAVYの3rdアルバム全国リリース前夜祭いうことで対バンは京都の
EATにTSUKAさんのThe ProbesにNEMU(主催者です。)イカン手はないでしょう?
というか5月3日にFIFTHの3rdアルバムを入手してその盤の出来の良さにドはまりして
5月17日のライブで1stを手に入れてこれまた深みに、また更にこの日2ndを手に入れて
もう沼から這い上がれなくなるんですけどね。それについてはまた後程別の劇場にて。
20時スタートと遅めなので折角のリリパやし私マイホビーのブルーローズを求めて京橋
を徘徊してたんですけど地元では1輪500円で売ってるのに予約で3000円もすると言われ
あっさり玉砕、ごめんよ涙。まぁ勝手に生花送られても迷惑やろうし、ええか?
と自分を言い聞かせてやってきたのさソーコアファクトリー!最初に来たのは結構
キツいイベントやってリキッドバタフライを見に来たんですが顔がないとか盆と正月
とかなかなか面白い顔ぶれやったな。ええブッキング当ててくるなと思った記憶があり
そんでステージがめちゃくちゃ高い!見上げてごらんソーコアのステージを、首痛なるわ。
いやいやフロアで一体化するライブ最高に好きですけどこの高いステージで照明ガンガン
に浴びながら押しを拝み倒す至福と言ったらない!音もいいし好きなんですよーソーコア。
鰻の寝床みたいな縦長の箱でDJブースが真ん中にあり結構独特な作りなんですよね。
1バンド目「The Probes」ノラ一味のTSUKAさんのバンドで外国の人がギターボーカルで
ドラムはTSUKAMAROの人でベースが女性。つーかTSUKAMAROいてる!前回アトランで
TSUKAMAROにハートをぶち抜かれまたしても本日The ProbesでTSUKAさんに釘付け。
もうねー何から何まで好きなんですよ。フワフワの髪の毛やらギターの弾き方やら出立ち
やら音に関してはもうギター神か?いう位申分なし!サウンドもご機嫌で堪能しました。
2バンド目「EAT」前から見たいと思ってたんですよね。京都には時々妖怪みたいなバンド
が居てて自分の中では「不祀」もそうなんですけど案の定EATもそやった。とにかく凄い
音圧。もう機材が半端ないし地鳴りのするような音。そんで視界先が50センチも見えない
位のスモーク。トイレ行かれへんやんっ先行っといてヨカタ!好き嫌いハッキリ分かれる
と思いますが私は音が襲ってくるようなこの感じ、めっちゃ好き。また感じたいです。
3バンド目「FIFTHNEWHEAVY」初見ではただカッコいいバンドやなーくらいしか思って
なかったのに・・・音源死ぬほど聞いてライブに向かうとホンマに隅々までカッコいい。
完全に音惚れから始まって沼なんですがFIFTHの何が好きって音楽に対する姿勢なんです
よねー。作品に対する徹底的な拘り、自らで映像編集くらい出来るやろうに変態映像作家
に制限なしでMV制作を依頼する化学反応を楽しんでるかのような余裕と潔さ、洗練された
アートワーク、貪欲な取りに行く姿勢、そんで何よりもブレと媚のなさに殺られました。
ロックってそういうアティチュードなんやないかなと私自身は思っていてええ音楽やって
ても中々そこまでブレずに貫き通すって大変やと思います。それは生き方の問題でもある。
曲げなアカンこととか唇噛んで我慢せなアカンこととか生きてたらいっぱいあるんですが
それでも自分はこれだけは譲れんいうプライドみたいなん。ギラッギラにFIFTHにはある。
まあ私中身オッサンなんでそういうとこに堪らなく惹かれるし男女問わずFIFTHカッコいい
ってなる理由があるんやと思てます。勿論音は一音漏らさずカッコいいのですが!
ライブはEATのスモークの残骸が濃く残っててそれが照明に照らされたFIFTHのシルエット
を美しく映し出し映画を見てるみたいでした。唸るベース音に歪みまくりのギター、
若干曇りがあるものの通る楽器音みたいなボーカル畳みかけるように攻めてくるリズム。
高いステージから飛び散る汗が最高のエロス。こぶし振り上げて狂う観客。最高でした。
終始音と交わってるエクスタシーを感じてもう何がなんやら分らんくなって昇天!!
ええ思いさせてもらいました。もうFIFTH沼から死ぬまで抜けられそうにありません・・・
次回21日の火影はフロアライブなのでぐちゃぐちゃになること必須で出来るだけ沢山の
人とFIFTHの音宙を泳ぎたいなぁとぼんやり妄想してます。→行くんかいっ行きますとも。
4バンド目「NEMU」お初にお目にかかりますがお名前は以前から存じ上げていて見たいな
と思ってたんで今回見れて良かった!最初は「ん?」って感じやったんですが段々と上げて
来てベースボーカルの方の気怠い歌も印象的でサイケで浮遊する感じなんやけど底知れぬ
闇に落とされていくような暗さもありかなり好みです。気持ちいいしカッコいい!
アンコールも大変心地よく楽しませていただきました。企画有難うございます。
いやー楽しかったなソーコアファクトリー!演者の皆さま、素晴らしい演奏を本当に
有難うございます!そして夜ノコノコお出かけする自由をくれる家族の皆様には本当に
感謝しております。今後もしっかり働くからライブ行かせてください、宜しく。

※写真は燃滾るFIFTHNEWHEAVY。もうシルエットだけで魅せるシルエットロマンスや。
現場の人間も燃えました・・・現場からは以上です。
posted by menchan at 23:16| Comment(0) | ライブ