2019年07月27日

2019年7月14日「恋のモバイルフェアリー1000%」@日本橋R/H/Bへ行ってきました。

DSC04019.jpg

2019年7月14日に日本橋R/H/Bで行われた「恋のモバイルフェアリー1000%」へ
行ってきました。山本新さんの企画なのかな?かなり前に告知が出てて、
全て初見の方ばかりなんですがこれ絶対いいイベントやとまたも野生の嗅覚で
告知が出た時から参戦を決めてました。この日は敬愛するbbbが激しい雨で
ライブやったんですがまあ被るん仕方ないですよね。諦めて予定通り日本橋へ。
bbbハードレイン似合うやろうなぁとか面子も良いんでどんなライブになった
かなと後ろ髪ひかれつつそやけど迷わずR/H/Bへゴー。前回来たときはbbbの
ライブやって平日でお客さん少な目やったんですがめっちゃ楽しくてR/H/Bが
大好きになってしまった私です。その後山本新さんが月一でDJをされていると
知りディスコタイムになったらどんなんやろうってずっと気になってました。
私ディスコ世代より若干ヤングなんですが就職した頃まだ少し残り香がある
感じで何回か行ったことはあるんですね。その後すぐにライブハウス通いに
なったしディスコはあまり存在しなくなったので自然と遠のいたんですが。
まさか日本橋のこんな如何わしい場所にこんな楽しいところがあるなんて!!
ってな訳でやってきたのさ、小ぬか雨フル雨の御堂筋ならぬ日本橋R/H/Bへー
結構ギリギリに入ったのでりぼんちゃんのDJを聞くことが出来ぬままかけつけ
一杯のんでたら始まりましたー「恋のモバイルフェアリー1000%」このイベント
タイトル、出演者さんに因んでなんですよねーリスペクトと愛を感じる...
私単純やし感受性だけはビンビンうお座の乙女なのでこういうのアカンのです。
人の色んな感情や思いを感じ取ってしまうんですよーエスパーか?おい。
というか良い感情だけです、悪いのはスルーしてます。良いことないんでね。
若い頃はアカン感情もいっぱい吸い取ってしまってしんどくなって悩んでたり
したんですが年取るといい意味で図太く鈍感になってムテキングなりましたw
1つ目「THE 1000%s」男性二人ボーカルユニットなんですがめっちゃ好きー。
夏にピッタリのカルロストシキ&オメガトライブを思わせるような爽やかな感じ。
しかしややダサいwそのダサさがまた愛らしく可愛い。曲もバラエティに富んで
歌唱もいいし、喋りも面白い。下手なお笑い芸人より間の取り方も上手い。
もう私のっけからノリノリの踊りまくり!だってディスコティックな素敵な夜
ですよ、今夜だけでもシンデレラボーイなりますやんか。終わってお腹が減り
バーカウンター行ってDHA成分入りのお魚ソーセージを一気喰い。前もこれ食べて
美味しかったんですよねー頭も良くなるような気がするし。フロアに戻ったら
ナカイユタカさんのDJタイムが始まっててこれが神ってた。DJするってこういう
こと!幅広いマニアックな楽曲の数々に華麗なるDJプレイ。曲がかかってる間
レコードの盤をきちんと魅せてくれて、本人お客さんよりノリノリの踊りまくり。
私こんなDJ初めてだわーたいていボックスの中で難しい顔してる人多ないですか?
もう楽しい!最高に楽しい!80年代私の幼い頃に掛かってた曲もガンガンに鳴り
まくり。懐メロなんやけど懐かしいのよ、ほんで音楽と一緒に大きくなったんよ。
2つ目「サイモンガーモバイル」夫婦のヘンテコファンクユニットなんですが。
これが凄かった。夫の方つのだひろ顔負けの超絶ファンキーな声量で曲も超
カッコいいのにテーマがひたすら日常のあるある珍事なんですよーこれは中々
できない。イケてる女の携帯画面が割れてるとかwwめちゃ面白かったです!
ピロリ菌の歌みたいなんもあってええ大人がディスコフロアでピロリ菌叫んで
踊ってるってホンマに傍からみたら狂ってるとしか言いようがないですが良い
じゃないですか?楽しいんだもの!曲作り歌詞のハメのセンス尋常じゃない。
そしてまたもナカイユタカさんのDJタイム。フロアの大人たちももう思い思いに
踊って歌って大フィーバーですよ。これは楽しい!私またもお腹が減ってきて
ドリンクのお代わりとフードを追加。踊りすぎ歌いすぎ笑いすぎやろ?
3つ目待ってましたの「山本新」さん。ずっとすごい凄いとは聞いてて知って
ましたが衝撃を最大限に味わいたかったので敢えて一切予習はせず臨みました。
ホンマすごいエンターティナーですわ!音鳴らしてるいうのに留まらんです。
一人でやってはる人ってそれなりの覚悟持って皆さん活動されてると思います。
自分のやりたいテーマがあって拘りがあって表現したい伝えたいことがある。
山本さんの場合は自然と生き物・食べ物に対する畏敬の念なんでしょうか。
但しそれは歌で直接的に歌い上げて伝えるというよりもっと直感的に人の心に
強烈な印象で滑り込んでくる手法を取られています。耳をついて離れない面白い
フレーズだったり幼稚園児も喜びそうな踊りだったりするんですがその癖曲の
レベルが半端なく高い。ギターもめちゃくちゃ上手ですし魅せるプレイもお話も
とにかく全てが魅せる伝える楽しませるために全力でその世界を作ってはる。
殺られました。初見の衝撃、強すぎです。また子供と一緒にライブに行きたい。
山本新さん終わって流石に連日のライブで疲れたのでりぼんさんのDJは聞かずに
お暇したんですが、いつもと毛色の変わっためちゃ楽しい夜でした。
いい。R/H/B素晴らしい箱。沢山の人と楽しい時間を共有出来てハッピーでした。
演者の皆さま、最高のパフォーマンスをありがとうございます!そしていつも
ライブに行かせてくれる家族の皆さまには本当に感謝しております。
7月はあと3本。続く・・・
posted by menchan at 22:56| Comment(0) | ライブ

2019年7月13日TSUKAMARO Presents『FATAL BREW』@戦国大統領へ行ってきました。

DSC03957.jpg

2019年7月13日に戦国大統領で行われたTSUKAMARO Presents『FATAL BREW』へ
行ってきました。この週はちょっと詰めてライブを見過ぎたので時間的には
そんなに経過してないと思うのですが随分昔のことのように思います。
書かないと忘れてしまう。書いても忘れるけどまた見たら思い出すので。
この日は最初ベアーズへ行く予定をしてたのですが強烈な布陣の魔力に
そして戦国大統領という場所の威力に勝てなかった。東京からのRuinsAlone
以外は知ってるバンドばかりですがこれ、ミラクルな面子。この中でも2つ
揃ったら参戦を決めるレベルですよ。今日は苗場ではフジロックが開催されて
いるようですが私関西に住んでて近場にええライブハウスいっぱいあるし、
強烈に個性的なバンド沢山いてはるし、これからも名前だけ知ってるけど
絶対ええはずと思って観戦を虎視眈々と狙っているバンドも沢山あるので
大きなフェスには今後も行く予定はないやろなと思います。色んな音楽の
楽しみ方がありますね♪少し前にプロとアマの境界線が何もかもほぼなくなり
その際に優秀なというより自分の嗜好に近いキュレターの存在が重要になる
と言うようなことをブログに書いたんですが音楽においてはもう自分が20代の
頃からそう思てます。有名とか無名とかそれでご飯食べてるとか食べてない
とか自分の中ではごちゃ混ぜで関係なくて今までいろんなアーティストの音に
歌に感銘うけてそれを目の前で鳴らしてくれるライブハウスが本当に好きやし
この文化が大事に受け継がれてどんどん広がって行けばいいなぁと思てます。
1バンド目「ノラ一味」トップにノラってなんなん?思たんですけど、この日は
TSUKAMAROの企画なのでTSUKAMARO最後やろうしそういう出順なのかな?
トップでお客さんの入りもボチボチやったんで戦国にしてはやや大人し目の
ノラでしたがそれでもやっぱり戦国で見るノラ一味が好きなんです。最高に
鳴らしてくる、グイングインに前に出てくる、全力で演奏してくる、観客も
一体になって揺さぶられ歌いまくって最高に幸せになれる。生きてて世の中の
おかしいやんと思うこととか納得いかないこととか大人やし我慢せなアカン
こともいっぱいあるんですけど全部ノラ一味と一緒に叫んで洗い流してまた
明日から頑張ろうって思えるんですよねー。月1回はノラらんと無理。
2バンド目「馬車馬」前回火影で見て完全に殺られたんですが戦国で見ると
火影の3倍くらい馬力マシマシ。6弦ベースの出す音が際限なく逝ってるし
リズムもフレーズも多彩でカッコええ!ふんだんに魅せるアクトなドラム。
これツーピースで出す音なん?最近自分の中でツーピースが熱いのですが
このバチバチ感二人やで手抜きが一切許されない感じが好きなんですよね。
また8月に虎魂で見れるん楽しみです。
3バンド目「BLONDnewHALF」最初に見たのは大和田かどっかのライブバーで
そないに刺さらんかったんですよねー。ただ人気のあるバンドでお客さんめちゃ
居てて、また見ることあったら見たいなくらいで。次に見たのが京都やって
そん時はいいなぁと思ったんですがお客さんの反応がもう酷くて可愛そうで。
とにかくライブ本数が半端ないライブバンドなので色んな箱でされてますが、
今年の1月に見た戦国でのライブが最高でやっぱりめちゃええバンドやんって
なってます。同じ音の延々との繰り返しこれに徹底的に拘っている感じで、
時折グオンって曲がるんですよね。戦国の音響とライティングが世界観を演出
してそれはもう音だけの映画を見てるみたいな感覚。美しかった。
4つ目「Ruins Alone」吉田達也さんという世界的にすごいドラマーのソロで
みなさん、すごいすごい言い張るんですけど、ごめんなさい私無学で無知で
白痴ですごいのはすごいと思うんですけど何も感じませんでした。まぁ楽器も
弾かないし何がどう凄いのかも全然分かんないし、好きか否か、感じるか感じ
ないかは自分自身の感覚的なものなんで仕方ないですよね。
5バンド目「TSUKAMARO」前回アトランで見てもう完全に虜にされてしまって、
というかTSUKAさんが好きなんです。もちろんTSUKAMARO大好きですけど!!!
さまざまなバンドでさまざまな音を奏でてはってそれも全て違ったテイスト
やのにその全てがハイレベルでしかもTSUKAさんさらっとすごいなんて本当に
カッコいい!ライブ終演後にいつも上げてくれはる笑顔の遊んでくれたみんな
ありがとねー写真は本当に癒しやし全ロードしたいくらい。神ってる。
TSUKAMAROは出す音全部が好みでもうセンスの塊としか言いようがない。
ゴリゴリのハードロックやけどその出す音全部ダサさが全くないんですよ。
で魂の叫びみたいなTSUKAさんの歌唱が本当好き。今宵も堪能しました・・・
TSUKAMAROは次回こちらも虎魂で確か見れたはず。この日はTSUKAさんのソロも!
終演後打ち上げでイタさんが大量のカレー鍋を作って来てくれてはって折角
なのでご馳走になりました。大きなお鍋に2杯も。このカレー鍋がぶった煮
まさに「漢」の料理で強くて優しい男の味がした。ココロイキ、沁みました。
残って持って帰るの大変やから2杯ノルマー言うてはって自分も演奏しはるのに
こんな風に振る舞い鍋作って持ってきはるってホンマに大変やと思います。
そういうのホンマにアカンのですよね。人ってうまいこととかカッコええこと
いう人ようさん居てるけどやっぱりその人がどう行動したか何をしたかが全て
やと思うんですよねー。イタさんホントカッコいい!ノラ一味の方とも少し
お話しできてメンバー皆さん本当に人間性も素晴らしくまた好きになりました。
素晴しい夜をありがとう、TSUKAMARO、イタさん、そして戦国大統領、最高の箱。
いつも夜ふらつく自由をくださいます家族の皆さま本当に感謝しております。
7月はまだ始まったばかり。続きます。
posted by menchan at 20:54| Comment(0) | ライブ

2019年07月16日

2019年6月30日「フェティッシュロックな面々 Vol.2」@京都夜想へ行ってきました。

DSC03843.jpg

2019年6月30日京都夜想で行れた「フェティッシュロックな面々 Vol.2」へ行きました。
発表が出た時から楽しみにしてたイベント。今回Vol.2ですがVol.1もめちゃ良かった!
Jacob's Ladderの企画は外さんのですよねー。今回も強力な布陣。京都から2大阪から2
で4バンドでどれも強烈な面子。京都はJacob's LadderにGhost Medicine Machine,
大阪は怪我童子にMerry Ghostsとこれお化けバンド対決ですやん!Jacob'sとGMM対バン
って言うだけでもレアやのにそこに怪我童子とMerry Ghosts当ててくるてハッキリ言うて
狂ってると思う。勿論エエ意味で!前回怪我童子が夜想に出た時にshuu様がええバンド
やねー言うてはって私強く対バンを所望したのですがまさかこんな形で実現するとは!
いやー絶対似合うやないですか!Jacob'sってゴス言うより和の要素も割とあるし民謡
チックな歌もあるし私はあんまりゴス寄りやと思ってないんですよね。怪我童子は
思い切り純和風情念ロックやし、こちらもお囃子とか謡の要素が満載ですしね。
そこに私の京都の一押しバンドGhost Medicine Machineを当ててくるなんて!こちらは
怪奇大作戦ならぬ彼岸おいでませあの世へバンドやないか!気をしっかり持ってないと
完全にあの世に連れていかれそうになるので大好きやけどライブは2-3か月に一回で良い。
それくらい聞くのに全魂取られるバンドです。Merry Ghostは何回か大阪で見たことが
あるけどバッキバキのツーピースでこれホンマにあり得へん組み合わせ!
バンドさんも仲良かったりすると自然と集まってくるし音楽性が似通ってくると似た感じ
でイベント組むことも多いと思います。それはそれで面白いし好きな人にはたまらんし
バンドさんも知ってる人が沢山いて好きな音楽聞けて楽しいと思います。そやけど私は
そればかりやとなんか足らんのですよね。もうその夜が透けて見えてしまうというか。
そやので今回のイベントはめっちゃ楽しみにしてました。
1バンド目「Ghost Medicine Machine」もう書き尽くしたのですが前回5月のライブは
見れなくてちょっと久しぶりかな。そやけど少し空いてるくらいが丁度いいのです。
前回見た時はリンリンスッピンでしたがキター我々のお化粧リンリンが帰ってきた!
ってご本人曰くステージがスッピンだからスッピンか?やっぱりお化粧リンリンが
好きなのよー。そしてギターも勿論良いけど初めてリンリンを見たのがGMMでベースで
「この人何?」ってなったからやっぱり私はリンリンのベースが好きやのよー!!
だってGMMにはほら強烈なスライドギター居てはるやん。全くなーどうやったらあんな
曲作れんのか今でも迷宮のアンドローラーですがこんな音・こんな曲何処にもない。
バンドのレイゾンデートルをバチバチに感じるGMMのようなバンドが大好物です。
3ピースになってレイファーさんのドラミングになってバンドもええ感じに脂が乗って
ハマモーさんの妖し酒焼けボイスも凄みを増しててリンリンのベースに至ってはもう
神!!敢えて言います!神!あなた本当にギタリストなの?まあどっちも凄いけど。
曲も安定して凄みを増してきているのでそろそろ音源が欲しいなと思ってるのですが
良いものを聞きたいので待ちます。そんな簡単にできないやろうし!
2バンド目「Merry Ghosts」最初にベアーズで見て次にtoraで見たんやったかなー
見る度に良くなるんやけど多くを語るにはも少し聞きこまなアカンな思います。
夜想でも何度か演奏されているみたいで京都の地に割と馴染んでたないう印象です。
京都のお客さん割と厳しいんですけどねー。そこはやはり演奏力なんでしょうね。
3バンド目「怪我童子」1月に夜想に君臨して以来京都の観客の心を鷲掴みにした
と思てます。まあその徹底した世界観ね。こちらもGMM同様他にはないんですよね。
好きなバンドの変化や進化をライブを見続けることで肌で感じていくのは本当に
感慨深いものがありますが初見のベアーズから演奏技術は勿論上がっていると思い
ますが姿勢は一貫してますね。そういうところもカッコいいんやな。あんなに可愛い
梅丸さん、実は中身かなり漢なんやないかと睨んでます。Jacob'sに感謝の気持ちを
込めてと描いてこられた新曲がまた凄かった。ようこんな曲描くわ。初めて見た
お客さんも皆、怪我童子圧勝や、強すぎる言うてはりましたねー。大阪のいつもの
地でいつものバンド同士の中で見る怪我童子、勿論良いんですけど今日みたいな
バッチバチの環境の中で揉まれて圧勝してまたデカくなって凄いバンドになってく。
そういう姿を目撃していくのはファンとして感慨深いものがありますし、今後も
きっとどえらい化け物バンドに成長していくことと思います。
4バンド目「Jacob's Ladder」個人的にはGMMと京都のツートップやと思てるんです。
もちろん私が見てきたバンドの中で私の好みも加見してなので異論は認めます。
京都には凄いバンドも沢山あります。でもただ上手いとかただ楽しいとかそういう
のを軽々超えてくる圧倒した何かを持ってるバンドは実は自分はそんなにないと
思っていて「Jacob's Ladder」はそういう意味では妖怪です。ライブハウスいう
空間をすべての飲み込みもう一度黒い何かを吐き出すかのような妖怪。けど邪悪な
ものではなくて何処か茶目っ気もあるし楽曲がバラエティに富んでて素晴らしい。
実は若干久しぶりに見たんですが曲の雰囲気が変わったなと感じました。というか
ゴスいうカテゴリが私の中ですべて取っ払われました。完全に破ってきましたね。
最初に見た時、圧倒されてもう完成してるやんと思たんですがバンドって軽々と
超えてくるから怖いですよねーやっぱり時々京都には妖怪参りに来ないといけない
と思いました。本当に京都には独自の世界観を徹底して貫いた妖怪みたいなバンド
が居てるんです。お土地柄なんですかね?いやーただただ感動しましたよ。
私達観客もこの奇跡的なイベントにかなり魂を持っていかれたんですがバンドさん
もとてもいい刺激になったのではないかと思います。めちゃええイベントでした。
こういう夜はあまりないだろうけど貴重やし機会があったらまたお願いしたいなぁ。
演者の皆さま、今宵も素晴らしい演奏をありがとうございました。そしていつも
私の我儘を許して下さる家族の皆様には本当に感謝。6月はこれで終了。7月へ続く。
posted by menchan at 23:12| Comment(0) | ライブ