2020年12月27日

十三参り

Eppm3wQUUAAQD8m.jpg small.jpg

2020年12月20日に娘の十三参りへ京都の法輪寺へお参りに行きました。
本当は3月に行く予定だったのですがコロナの影響で延び延びになって
しまって娘が土曜日学校だったり夫が土日仕事の日が多かったりで、
なかなか家族の日程の調整がつかず、でも今年中に行かないと数えで
14歳になってしまう為暮れも押し迫った20日にねじ込み決行しました。
嵐山の法輪寺で祈祷をしてもらい知恵を授けていただいて渡月橋を
振り向かずに渡ります。夫が一生懸命娘の姿をビデオに取る様が
親バカで微笑ましかったです。この人は本当に素晴らしい父親だな。
寒い日でしたが京都はお天気で久々に嵐山に来れたのも良かったです。
やはり美しい街で暫く来ないうちに変わっててまたゆっくり来たいです。
彼女が生まれてもう13年も経ったなんて信じられない気分です。
保育園児だった頃はそれなりに手もかかりましたしアレルギーもあった
ので多少大変な面もありましたが小学生になってからは手のかからない
自由で面白くて賢くて可愛い子で私も夫も彼女が大好きです。
思春期になって私に対しては色々生意気な口をききますが余所では、
きちんと弁えて行動できる賢い子です。(夫に似たのでしょうw)
彼女が私達の娘として生まれてきてくれたことを誇りに思います。
芯も強くてしっかりしてでも人を思いやる優しい心根も持ってるので
私は彼女のことは何の心配もしていません。子育てで出来ることはもう
8割方終わったと思っています。あとは邪魔せず見守って困った時には
助けるくらいですかね。身体はしっかり大人になりました。後は
しっかり勉強して色んな経験して自分の人生をしっかり歩んで下さい。
成人するまではいくらでも援護射撃できるように母も頑張ります。
posted by menchan at 00:00| Comment(0) | 育児

2020年12月26日

REBELS Fes 2020-12/5@nano,12/12@火影,12/19@戦国大統領

rebels2020.jpg

今年もやってきました!FIFTHNEWHEAVYのフロントYoshiさんの企画REBELS2020!
今年はなんか変な年で数々のイベントが中止になる中で暮れも押し迫った12月に
敢えてブッコんできた3日間。去年もすごく楽しませてもらったんで今年も全日
制覇する気満々でした。去年はFIFTHNEWHEAVYに出会って間もなかったので一人の
人が3日間も企画からアテンドからデザインから搬入の手伝いから自らのライブ
まで全てこなしてしまう、そしてその全てに手を抜かない姿勢に度肝を抜かれて
驚きと称賛を持って体感させていただきましたが今年は少し免疫がついてきて、
そーそYoshiさんってそういう人だよなー手を抜くことが出来ないさそり座の男w
ちゃんと寝てるのかどうか、睡眠を再生の最も重要なファクターにしている私は
常に陰ながらオカン心で心配しておりますがそんなことは関係なくバシバシ行く
のがYoshiさんでありFIFTHNEWHEAVYなのです。今年自分も転機になったライブが
あり忘れもしません4月12日@戦国大統領!コロナで緊急事態宣言が出た直後
でほとんどのイベントがキャンセルになりほとんどのライブハウスが休業の中で
FIFTHのライブに前もって予約を入れてた私は一旦キャンセルをしたんですねー。
仕事上絶対何かあってはいけない時期でもありましたしバンドさんにも予約がある
ことでライブの決行か中止かの決断に影響があってはいかんなと思いまして・・
一旦予約したものをキャンセルするほどカッコ悪いものはないのでやっぱり予約
はあまりしたくないなと思った次第ですがその際に帰って来たリプが男前すぎた。
で私は案の定戦国へホイホイしてしまいまして・・・やっぱりライブ最高、ライブ
ないと生きていけないってなったきっかけの夜でした。私の話はどーでもいいやん
なんですがいや、どうでも良くなくてどんだけYoshiさんが音楽に懸けてるのかを
お伝えしたかったのですよ。まぁ皆生活もありますし大事なモノだって音楽やって
はる皆さん音楽だけとは限りませんし色んな選択肢があって然るべきだと思います。
自分も家族が「ライブに行くな!」というならそれを押してまでは行けません。
ただコロナ禍の下で見たライブは今まで見てきたライブより一層生きてる感じが
したし本当に音楽を愛してて音楽がなくては生きていけない人たちの生々しい姿
がありました。自分はプレイヤーの側ではないですが日々生きてく中でライブに
数々のものをもらって迷いやモヤモヤも燃やして流してもらってるので同じかなと。
無くても生きていけると思っていたけど無かったら心が死んでしまうと思いました。
出演者も2020年にFIFTHと新しく関わったジャンルは違えどもベクトルが同じバンド、
関西の同じくライブがなければ生きていけない最高に尖った音を出すバンド、そして
Yoshiさんの面白い音に対する飽くなき探求心が掘り起こしたバンド(考古学者かよ)
の組み合わせに場所は前回の楽園から大好きな火影へ。やはり戦国と火影が好きです。
nanoはFIFTHの京都のホームなのかな?今回は全日土曜日開催で翌日もゆっくりできる
というおまけつき。結構しんどいですからねぇREBELSは。ワタクシ最近6バンドとか
聞いてんのがつらくなってきてドラムの音をずっと聞き続けてるのがきついのです。
間に弾き語りとかアンビエントとかドローンとか電子音楽入ってるとバランス良いな
と思ってるんですがそういう変なイベント組むの進さんだけですよねーwww
しかし欲張りなのでどうせなら全てを食い尽くしたい、日曜は疲労回復DAYに充てます。
開催が近づいてきた11月に入ってアパレルのデザインが出た時には参りましたねー。
いやこの人ホンマなんなん?何でもできるやん!去年のデザインも素晴らしかったん
ですがTシャツもう要らないしって思ってたらパーカーがあってそのデザインに一目
惚れしてしまいました。パーカーやTシャツのデザインにしとくには勿体ない!!!
で高かったけど奮起してWEBでパーカーを購入したんですがこれがまたあったかい!!
部屋着にもライブ着にもめちゃくちゃ重宝しております。前置きなのかもうこれで〆る
勢いなくらい書いてしまってますがまだ始まってませんw本編サクッといきましょう。

2020/12/5(sat)DAY1@京都nano
折角二条城近くのライブハウスなので何回も夜想に行ってて一回も行ったことのない
二条城庭園へ。紅葉が美しかったです。その後Green&Gardenで尖った展示を見学して
モスで休憩していたら鬼塚さんがモスを持ち帰りしている場面に遭遇。始まるの早い
から遅れたらアカンでーと言うてもらって無事にオンタイムに辿り着きましたー
nanoに来るのはFIFTHのワンマン以来かな?まぁ真面目にやってるライブハウスという
印象です。音があまりデカすぎなくていいんですよねーここは。
トップ。FIFTHNEWHEAVY、REBELSの幕開け相応のクソ熱いライブでした。なんつーか
このバンドの背負う責任みたいなもんを感じました。私はFIFTHをただのカッコいい
バンドやと思ってなくてもっと重たい、でも明るいアングラの未来を背負ったバンド
やと認識してます。何回も言いいますがロックはアティチュードなんです。まんま
体現してるような清々しいまでのブレのなさ、ホンマに好きです。
2つ目、No Fun、初見。exピアノガールの秋さんの新バンド。めちゃ良かったです。
秋さんは言葉が強い。そんでやってることパンクやのに音楽性はワールドミュージック
みたいでした。知らない知らない、こんな綺麗なアンサンブル。胸にグワァっとくる。
期待以上の出来でした♪好きー!また見たいです。
3つ目、ザ・シックスブリッツ。去年REBELSで見て殺られて本当に楽しみにしてました。
今回はコーラスの女性の方も入ってより一層深みが増した感じ。コミカルな外見、歌も
とびきり上手い訳なじゃない。曲も明るいのにめちゃ憂ってる。泣き笑いしてるみたい
でハートをクシャクシャにされる。なんなんすか?好き。また大阪でも見たいです。
4つ目、ノラ一味。京都のノラはどうなんかと思いつつオーディエンスとしてぶちかます
つもりで観戦。そんな心配無用でしたね。いつもいつ見ても最高に幸せでスッキリするし
カッケーし大好きです、ノラ一味。京都の人の心もあっという間に奪ってしまいました。
本当に最高のライブをするバンド。愛してます。個人的にはこの日TSUKAさんのスーツ姿
が見れたので最高にハートぶち抜かれました。
5つ目、THE DISASTER POINTS、もうねーライブの良いとこお手本みたいなバンドですね。
最高にrock'n'rollしてる。転がっるんですよねー。曲は単純でシンプルなものが多いのも
すごくいい。めちゃ分かりやすくてライブが兎に角気持ちええ。みんな楽しい。こういう
バンドなかなかないんですよねーカッコいい。好きー!
初日、ちょっと普通はない組合せ。yoshiさんの音に対する貪欲さと面白いバンドに対する
アンテナがビンビンに張られてるのを感じる夜でした。そうして普通じゃない界隈以外の
組み合わせが繋がってくのもとてもいいです。まだ初日始まったばかりで既に楽しい。

2020/12/12(sat)DAY2@心斎橋火影
おっとその前に戦国でFIFTHはNO THANKSに出るということで最高にイカシタ面子で、
ワタシ前日も戦国に居まして最高に幸せでもうどんだけ好きやねんからの火影ー。
この日はちょっと気合入れて行きましてワタクシの正装であります着物で参戦しました。
今年は色んな行事もあったのですが着物を着ていくことがほとんどできなかったので、
年内最後のイベントであるREBELSでキチンと正装で行きたかったのです。まぁ和装でも
いつもとやること同じ!ですが!ついたらmaiさんのDJ始まってまして曲はカッケーん
ですが音がデカい。即耳栓入れました。最近はちゃんと耳も保護しつつ楽しんでます。
いきなり聞こえなくなったらいやだし、長く音楽を楽しみたいので・・・
トップ、FIFTHNEWHEAVY。2夜連続で飛ばしてましたね。REBELS DAY1に引き続き
FIFTHトップて贅沢しかないけど不思議と貫禄みたいな感じはない。いつも新しいもの
面白い音を探してでしょうかね。セトリも良かったです。DEEPERD、めちゃいいです。
上手く言えんけど深く埋められじわっと広がる感じが好きです。聞き込みたい。
2つ目、the booing battle of bounds、先週toraで見たばかりで更にええ感じでした。
男性の固定ファンもいてる。同性に好かれんのはええバンドやと思います。sisterと
ironyって曲が良かったです。タイセィさんらしさが出てる。途中でyoshiさんボーカル
入ると曲が締まるなと思いました。Yoshiさんが終わってから「もう大丈夫」て言うて
はったんが印象的で結成時の不安定な状態からでもこいつら何かやってくれるやろうと
ずっと見てきて、去年のレコ発をREBELSとかまして盛り上げて応援してきた道程を思い
ちょっとじんわりした瞬間でしたね。
3つ目、The probes。かなり久しぶりでしたがTSUKAさん見るのは今月4回目ですwもう
追っかけやん!さすがに中にTSUKAMAROがインされてるだけあり安定の格好良さですが
このバンドはベースの音が男前なんですよねー女性なんですけど!勿論ギターヒーロー
TSUKAさんのギターは今日も最高でした!
4つ目、BLONDnewHALF。このバンドに関しては何も言葉がないです。いつも最高なん
です、気持ちよすぎます。よく聞いたらベースもギターもドラムもエッグい音出してる
のに感じさせない心地よさ。溶けました。火影のブロンド好きですねー。
5つ目、DRAW INTO DISORDER。今日は特別イカれてました。個人的に後半泣きの要素
が強かったです。マイナー調なんですよね。ドローで泣き出すのメンヘラか思いますが。
湿ってんですよね、爆音なのに!グシャグシャなのに!このところヒロシさんのベースが
成長著しい気がして(謎の上からw)めちゃくちゃ好きです。最高。
6つ目、裸絵札。こちらも昨日見たとこですが火影の絵札も好きなんですよねー。マチコ
さんのスター感半端ない。にしきのあきらかよ?前半は私も調子こいてアッパッパ―を
かましましたが後半ちょっと息切れして省エネ気味でいてまいました→年です。フロアも
全狂い、めちゃええ景色でした。
フード出品してたマイクさんのホットドックも美味しかったです。写真撮る間もなく速攻
喰い散らかしましたwINKADDICTIONさんのシルクスクリーンを頼もうと思いましたが
詳細が分からず問い詰めた結果、羽織にシルクスクリーンを施した例を魅せてもらって
めちゃいいと思ったんで無地の着物にエモい柄シルクスクリーンしてもらいたいと思い
ました。好きなデザインで。INKADDICTIONっていい名前ですね。インク中毒。懸けてる。

2020/12/9(sat)FINAL@緑橋戦国大統領
ファイナルはやっぱり聖地戦国大統領で。もう此処しかないし今日しかないブッキング。
Yoshiさんしかない組み合わせ。でももしかしたら今日のブッキングがまたライブハウス
やバンドの新たな出会いを生んで面白い明日の組み合わせが生まれるかもしれない。
また見に来る人も目当てのバンド以外のバンドのカッケー音に触れて別の世界が広がる
かもしれないと期待できる組み合わせだと思います。
1つ目、CODED。いやー見る度エグくなる、この二人。実はインストは私はそんなに好き
ではなかったんですがこのDuoを体感して考えが変わりました。素晴らしいインストを
知らなかっただけ。この二人に歌など要らない。グルーヴ半端ないですもんねー。
どんだけ音食ってるんよ?プレイも正確でエモい。大好き。
2つ目、秘部痺れ。こちらも引き続きエグいスリーピース。女性ドラマーめちゃめちゃ
良いなぁ。いつもTシャツやけど今日の衣装良かったです。そこ?いえいえあの目つき
が最高です。ビリビリのバッチバチやし爆音やのに心地よすぎる。ギター天才、821さん
も勿論天才。またアルバム聞き直したくなりました。大好き。
3つ目、sixteencoins。久しぶりに見たけどいやー良かったです!久しぶりに見てめっちゃ
いいと思えるってええライブ重ねてんやろなと思います。激しいのに切なくて丁寧で繊細
なんだよな、コインズは。もう泣いちゃうわー。千絵さんのドラムもうアスリートやなと
思いますね。美しい。大好き。
4つ目、不祀。いやーマジで戦国で見れるとは感無量です。久しぶりに見る不祀は以前
私が見た時よりもより一層怪しい感じでステージ上がった瞬間から仕上がってましたね。
ライブはもう最高。お決まりのモッシュあったんで途中引きましたがあの唯一無二の楽曲
とライブアクトは圧巻です。大好き。また戦国来て欲しいです。評判も良かったんでまた
あらたな繋がりが出来るといいなぁと思います。
5つ目、444capsule。暫く3人体制で演ると仰っててそれでも444は強い強い!ライブ
前にステージをどう作るか打合せしてはるのを盗み聞きしてましたが真剣そのもので気合
を感じました。こちらもモッシュあったんで少し引き気味ででもラストは堪らず最前線で。
強くて暖かくてクールで最高にカッコいい音。もう大好き。
6つ目、TATARA。バーフロアでなくてもいいんじゃってくらい仕上がってるなぁ。コンガ
とサックスのDuoってちょっとないと思うしホンマのインプロ。サカさんのサックスダメ
ですわーエロ過ぎて壊れてまう。アンコールのモルダウも渋いアレンジ素晴しい。大好き。
ラスト、FIFTHNEWHEAVY。初っ端からDEEPERDのセトリがヤバかった。最近アルバム
中心の似たセトリが多くて、今日は新鮮てか相当しんどい?Vanishing2020Version
もめちゃ良かったし、Damn itもう官能的すぎて溶けました。そんなバンドちゃうやろに!
REBELSのラストを飾る圧巻のライブでしたね。今後もずっと見ていきたい。愛してる。

コロナ禍の中3日間無事開催され大盛況やったREBELS2020。個人的に去年より良かった
と思います。仲良し・界隈、まぁ普段はそれでもええですがFESなんでそんなんじゃなくて
尖った真剣に音楽と向き合うバンドの音が聞きたい。温さ一切なし。全身大火傷しそうな
3日間でしたが関西アングラシーンの未来は僕らの手の中で明るいと感じました。
首謀者のYoshiさんと出演して頂いたバンドの皆様に心から敬意と感謝。お疲れ様です♪
今年もこの祭典を纏めてなんらかの形に残しておきたいなとは思っています。

※素敵デザインのバンダナをFIFTH火影色に染めてみましたwライブ後こうなってました。
posted by menchan at 17:13| Comment(0) | ライブ

2020年12月08日

喪失感

昨日一通の喪中はがきをいただいた。この時期には良くある風景だ。
その中身を読んで吃驚した。とてもお世話になっている先生の娘さん
が永眠されたとのこと。娘さんとも懇意にさせていただいていて一家
にとてもお世話になっている。つい先月お会いしたばかりだった。
私より10歳くらい年上か?それでもまだ50代とお若い。特に持病が
あったわけでないと思うので突然死だろう。電話をして確認しようと
思ったが気持ちの整理がつかずご遺族に懸ける言葉も見つからない。
少し時間を置いて連絡をすることにした。まだ信じられないのだ。
身内でもない私でさえこうなのでご遺族の深い悲しみは計り知れない。
彼女には子供も孫も居てまたお母さんもご存命だなので親より先に
この世を去ってしまったことになる。事情は知らないけれど親の嘆き
と喪失感は相当なものと想像する。既に家族葬で葬儀は済ませている
様子なので週末に連絡を取りお線香だけあげさせてもらうことにした。
仰々しくしたくない気持ちは分からなくもないが葉書一枚で懇意に
していた方の逝去を知るのはなんとも辛い。知ったとて何が出来る訳
でもないけれどとにかく気持ちを何処へ持っていけば良いか分らない。
日々日常を過ごしているとやらなければならないことが山積している
ので集中している間は忘れられる。泣き喚いて寝込むほどでもない。
ただ何かの折にふと気持ちの隙間に喪失感が入り込んで悟る。彼女は
もういない、会うこともないのだと。著名人の死は特に何も感じない。
身近な人の逝去は辛い。しかも突然にいなくなるのはとても困るのだ。
私も40代後半に差し掛かり少しずつ何かを失っていく。大事な人も、
そのうちのひとつだろう。そんな経験も若い頃より顕著になってきて
自分自身もこれから生きる時間はこれまで生きてきた時間より少ない。
大事な人やものが予告もなくなくなるのは本当にキツい。時々自殺する
にはその人なりの理由があるから理解してあげて欲しいとか死なせて
あげたらいい、などという人がいる。私は絶対に反対だ。生きたくて
生きたくて仕方なく死んでいく人も居る。突然命を絶たれて残された
人に深い傷を残す。人は独りで簡単に死ねない。死は自分を大事に
思ってくれた関わってくれた人たち全ての気持ちも連れて行くからだ。
また一人で生きている人間などいない。勝手に自分の命だと生きている
つもりになっているけど多くの種から選ばれ生かされている命だと悟った
方が良い。自分の命は自分の勝手でどうにかしてはいけない。
もう彼女に会うことは出来ないけれど今自分が関わっている人が絶望感
を抱くことのないように出来るだけのことはしたい。自分がそうあるため
にはまずは自分が自分に決して絶望しないように生きて行こうと思う。
いろいろ沢山お世話になりました。本当に有難う。週末お別れしてきます。
posted by menchan at 21:58| Comment(0) | 雑記