2020年02月18日

2020年2月9日「COME BACK LIBERTY in 2020」@難波845へ行ってきました。

DSC09880.jpg

2020年2月9日に難波845で行われた「COME BACK LIBERTY in 2020」へ行ってきました。
この企画は2019年8月15日に行われる筈だった「TAKE OVER LIBERTY 2019」が台風の
ためボツになり企画者のカドイリョウさんがリベンジ公演で企画くださったもの。
なんと面子もその時と全く同じらしくて奇跡に近いやんっ→大袈裟。実は私は8月15日
の公演は父親がその少し前に亡くなったので元々行けなかったのでちょっとラッキー。
16時スタートいうことで音も達と難波ウォークでランチしてヲタトークに花を咲かせ
少し早めに845にインしました。出演者の方も多いので既に知った顔でいっぱいな845。
このアットホームな感じ好きだなぁ・・・あくまでBARなのでガッツリとライブを見る
も良し、カウンターで飲みながら見るも良し、ソファーでダラダラするも良しと割と
自由な感じなんですよねー。バーカンとステージも分かれてないから何処にいても音
は感じれるのが良いですよねーどんな感じで音に触れるかはその時の気分次第な自由
さも好きやなー。FOODは安くて早くて美味い大阪ライブの台所「平田屋」さん!!!
今日も鉄板の御品書きを用意してくれてはりました!いつもありがとうございます。
今更何言うてんねん?なんですがカドイさんって845の方やったんですね!今更・・・
そんな訳でリベンジ公演「COME BACK LIBERTY in 2020」始まりましたー♪
一つ目「畑拓朗」前回REBELS@戦国で見た時はそない響かなかったのですが良かった!
印象全然違ってて驚きました。エモーショナルにがなり張上げる感じの歌も良いけど
この人は丁寧に優しく歌う方が向いてると思いました。柔らかな歌声とても良かった。
二つ目「斧出拓也」ちょい癖のある浪人の浪曲みたいな弾き語りで歌い方もベランベぇ
調で声もリズムも独特ですごく良かった。ギターの使い方も多彩で独りでステージ
立つ人はちゃうなぁ思いました。かなり好きな感じです。
3つ目「奥村由希」以前から名前は知ってて岡崎公演のイベントで見そびれたリベンジ
を果たしました!あの時は時間が間に合わなくてウンラヌさんからしか見れなかった
んですよねー大阪で良くお見掛けするお名前なので大阪の方と思ってましたが京都の
方なんですねー。伸びのあるパンチの聞いた声が強いインパクトやけど歌詞がとても
いいなと思いました。カドイさんが唯一カバーした?「帰り道」いう曲良かったです。
ものすごく繊細な方なんやろうと思いました。バンドバージョンも見てみたいです。
4つ目「juhachiban」2回目。随分前に845で見たことがありその時はあまり記憶に
残らなかったのでほぼ初見。すごく良かったです。何なんやろなーなんであの時は
あまり記憶に残らんかったんやろ?ツーピースなんですがギターうっま!と思たら
ギターの方「ぼくたちのいるところ」の人やったんですねーどおりで!なんか界隈は
繋がってると思いました。ドラムの方のyoutuberネタを駆使したMCも面白かったです。
5つ目「ノラ一味」845の狭いフロアでどうなるんやろう思いましたがパラダイスの
平成ラストスタンド来のグチャグチャぶりwみんな叫んで笑って歌って拳振り上げて
踊って最後はトゥタフトゥダイで泣き笑い。しあわせしかなかったです。大好き。
あいしてる。ホンマに大阪の誇りやと思います。全世界発信したい。この日はノラ
の新譜をいただいたのですが初回限定版は一枚一枚イタさんがラッカーで装飾した
とても美しい盤。先日音源も拝聴させてもらいましたが改めて聞くとノラ一味って
めちゃくちゃ楽器が上手な集団なのですね→何を今更!ところどころ疾走感溢れる
メタルリフが炸裂してて最高です。本当にいつもパワー頂いてます。
6つ目「Seiya Isono」とにかく声が美しい。ギターも歌も上手い。ファルセットが
もう圧巻で聞きほれました。あんなに汗かいて弾き語りライブする人初めて見たん
やけど、考えたらバンドより気力も体力も使うかも思いました。また聞きたいです。
7つ目「戸田大地」.個人的にはこの日の弾き語り全部良かった中でベストアクト。
声もギターもめちゃいいし語りの展開が面白い。ショートショート読むみたいに
浮かぶコマ。ずっこけるオチwたばこの歌めちゃ面白かった。オッサンみたいな
タバコ吸う彼女は彼氏おったんですねwwwざーんねん♪
8つ目「らせん」ずっと見たくてやっと見れました!前に谷口さんとぐっさまの
セッションは少し見てすごい良かったんやけどフルの威力半端ないです!ちょっと
形容しがたいバンド。自分大好き谷口さん、最高♪ベースの人バカテクで口も達者
やわー滑らんな。ほんでぐっさまの叩いてるバンドは全て外さん法則更新中です。
9つ目「ジャカランタン」感動の虎魂でのシムさん辞めます宣言から半年・・・
普通に居てはるやんwバンドあるある辞めます詐欺やんwバイト的存在で叩く言う
割にブリブリのプレイで意志を貫くロックンロールに痺れました。MCもええこと
言うてはったなぁ。日々大人である私達は未来の大人である子供達のために世の中
良くする努力をせなアカンと思てるんですよ、そやし瀧井さんのMC沁みました。
ほんでPちゃんは今日もめちゃめちゃ格好良くて完全に私得でしかなかった・・・
10つ目「WORLD」正直ようこんなバンド名つけるわと見る前は思てたんです。
でも世界背負ってます、このバンド。エモーショナルロックの極みって昨日も同じ
こと言うてたんですけども!とことん曲がええし、魂に揺さぶりかけてくる。最高。
牡丹氏の愛ある毒舌MCとお茶目な山中さんの関係性もツボる。ほんでイシトさんの
ギターは本日もエモエモでした。山中さん「今日は脱がへん」言うてはったのに。
ライブ前に誰かに脱がされて●首ドリルすなー状態でしたwNatural Stoneだわ。
ラスト「カドイリョウ」2回目。前回はパラダイスでBBBの対バンで見たんやっけ。
新種の長渕みたいな感じなんですが、暑苦しい主張が不思議と刺さって好きです。
今回はストロングゼロの歌なかったけどラストの曲が有島武郎の「小さき者へ」
みたいで沁みたなぁ。そしてリベンジ公演ありがとうございました♪感謝です。
ホンマ最初から最後まで楽しかった。ええライブに、平田屋の美味しいフードに、
和やかな箱の雰囲気に、美味しいお酒。やっぱ私の居場所は階段降りた地下世界に
あるなぁ思た次第です。最高。弾き語りとバンドがほぼ半々くらいやったんで
長丁場やし弾き語りの時にちょっと休憩しようと正直思てたんですが全然休憩
させてくれへんかった・・・かなり体力持っていかれました・・・。
演者の皆さま今宵も素晴らしい演奏をありがとうございました。そして毎回ですが
家族の皆様には本当に感謝しております。家のことも仕事も頑張るからライブだけ
は行かせてください。今後ともよろしくお願いいたします。

※写真は企画者のカドイリョウさん。また今年の8月も楽しみしてます。
posted by menchan at 23:38| Comment(0) | ライブ

2020年02月17日

2020年2月1日「‟Grass Roots Party」@京都夜想へ行ってきました。

DSC09705.jpg

2020年2月1日に京都夜想で行われた「"Grass Roots Party"」へ行ってきました。
京都は久方ぶり?いや、昨年末にリキバタのワンマン行って以来かな?若干遠い
し大阪のノリが好きでついつい大阪のライブハウスに入り浸ってしまいますが、
京都には京都でしか絶対見れない恐ろしいバンドが結構居てはるんですよねー。
しかも京都でしかあまりライブしないバンドとか!Viceもその一つで京都では
何回か見てるんですけど大阪で見たことが一度もない。しかも私は夜想でしか
見たことがない。でも夜想に行けばviceを見れる!好きなんですよねーvice。
それにRose de Reficul et GuigglesとJacob's Ladderに †13th Moon†まで!
†13th Moon†はずっと見て見たかった東京バンドで遠征は出来ないから今回
京都に来てくれてめっちゃ嬉しいです。そんな豪華面子で始まりましたー!!
ワタクシまたしても地下鉄トラップに引っかかりまたも5分くらいオチコクして
夜想に着いたらもうvice始まってました。Siouxsie And The Bansheesでしたか?
なんかviceは例えられること多いのですがワタクシ正直全然通ってなくて
チラと聞いたことあるんですけど自分的にはちょっとよく分からなかったので
(聞きこんだら良いのやろうと思います!)ニューウェイブとかポジパン
とかも正直よく分からないんですよ。オジパンなら知ってる。ルーツとか歴史
とか本当に関心がなくてもしかしたらもっと勉強すればもっと色んな世界が
広がるのかも知れないんですが今この地下室で見れてるものが自分の全てで
音楽を勉強しようとかは全く思ってないです。楽器も演奏しませんし。そやし
音楽好きの人とも共通用語を持たないんです。バンドさんとも話合わないしw
過去の通ってないものほじくり返さんでも今目の前に素晴らしい音楽を奏でて
くれはるバンドが居てるんで私はそんで十分です。viceは自分らの好きな自分ら
のスタイルを貫き通す感じが本当にカッコいいと思っていて音もスタイルも全て
私達はこうありたい言うのを変えないんですよ、迷いやブレがないんですよ。
viceやないと出来ないことをviceやから演ってるそれが本当に痺れます。その
1本筋の通った感じはナッシーさんの芯の強さからくるものなんやろうか??
少し潤みを含んだ真直の瞳が本当に綺麗やし歌唱も鍵盤も絶妙で曲がめちゃいい。
力強い曲もあるけど祈りに似た美しい曲もあって素晴らしいバンドやと毎回思う。
去年REBELSで見たThe Stone That Burnsとタイプは違えど親和性があると思うの
で是非京都の地で対バンして欲しいなぁ。TSTBも夜想で見てみたい。
2つ目「Rose de Reficul et Guiggles」何回か見てるRoseさんとGuigglesさんの
ショーですが今回はウサギさんと本原さんも居なくてちょっと残念。こじんまり
した感じだったんですがそれでも科白を使わない表現力は圧巻で毎回のことながら
見る側も言葉を失います。初見の方も圧倒されてる感じでしたねー。
3つ目「†13th Moon†」東京のバンドでずっとジュウサンムーン言うてたんですが
勿論英語読みですから!英語で読むんか日本語で読むんかどっちかにせえよってw
めっちゃ踊れるゴス、前後の動きのあるボーカル、速い、速い、高速。好きな感じ。
そしてベースはなんとFPCの貴族やん!こんなところで貴族様にお会いできるとか、
マジか?この人カッコいいのに面白いんですよねーベースもめちゃ上手なのに動き
がいちいち諄いwwwいや決まってます。照れもなくあの動き出来るのって貴族
しかいないです。ボーカルのナオさんが投げた薔薇も加えてシャー!みたいな!
やるか??そしてそんな貴族と対照的にクールな感じの美少年ギター。この美少年
が最初はクールな感じやったのに演奏がヒートアップするにつれて壊れていく感じ
がめちゃ良かった。雰囲気も夜想に会うしまた是非京都に来て欲しいです!!!
4つ目「Jacob's Ladder」言わずと知れた夜想PAでありオーナーのシュウ様率いる
和ゴス of ゴスバンド。私特別ゴスが好きな訳やないと思いますがジェイコブが
ゴスならやっぱりゴスも好きなんやと思います。毎回思いますが貫禄が違うしもう
帝王ですよねー。演奏メンバーも天才と変態の集まりで言うても曲がめちゃいい。
ジェイコブのライブ見る度に恐山とか潮来とか忘れられた古き日本みたいなのを
思い起こすんですよね。よく分からないけど自分が生まれる前の記憶にアクセス
してくるみたいな曲もあって何なんやろなーゴスやけど決して西洋の真似事やない
自分らの表現したいことをゴスというジャンルをちょっとだけ借りてるいう感じ。
ジェイコブを知らない人はやはり一度体感してみるべきやと思います。圧倒される
音楽世界とはこういうもので終演後は立ち尽くすしか出来ない、魂抜かれます。
でもシュウ様抜くところは抜いてMCも鉄板でめちゃ面白くてお茶目なんでそのGAP
にみんなジェイコブを愛さずには居られないんですけどねー。嘆きのNadiaいう曲
初めて聴いたけど震えました。京都にはやっぱり怪物が棲むと思います。
久しぶりの京都、楽しかったなー。それぞれの土地でそれぞれの風土がありバンド
も少しづつ違うなと思います。お金と時間があったら地方遠征もしてみたいなぁ。
京都で久しぶりに会う音も達とも沢山話して踊って本当に楽しかったです。まさか
のあの人にもお会いしサイバネの3月の予定を尋問しましたーw
演者の皆さま、今宵も素晴らしい演奏をありがとうございました。そして今月も
まだ始まったばかり。家族の皆さま引続きこんな私を暖かく見守って下さいまし。

※写真は「†13th Moon†」めちゃ雰囲気ある良いバンドでした。必見♪
posted by menchan at 22:45| Comment(0) | ライブ

2020年1月26日"FUNKY SCREAM THE FINAL !!"@神戸三宮アートハウスに行ってきました。

DSC09668.jpg

2020年1月26日に神戸三宮アートハウスで行われた”FUNKY SCREAM THE FINAL”
に行ってきました。WORLDとSMITHMISSと京極堂以外は知らないバンドばかり
なのですがなんかいっぱい出るイベントなので神戸も久しぶりでアートハウス
はたぶん初めて行く箱なので音も達と一緒に少し早めに神戸で待ち合わせて
肉三昧してから行こう!言うことになりましてw全然知らなかったんですが
なんか割と人気のあるバンドの解散ライブらしくそのバンドにゆかりのある
バンドを集めてのイベントみたいです。なので完全なアウェイ感でしたが元々
神戸ってN川市民の私からしてらハイカラな町でアウェイなので気にしない。
というかむしろアウェイ上等w昔友人が三宮に住んでいたのでよく徘徊してた
んですがその頃確かアートハウスはなかったような→何十年前やねん!!!
三宮のノッツいうステーキハウスで音も達とマシンガントークでヲタ話して、
やってきたのさ三宮アートハウス!なんか生田神社の近くなんですねー。
こちらも昨晩のFireloop同様ええ感じの箱でして。以前FIFTHがライブ映像を
上げててええ感じで気になってた箱ではあったのですがやっぱりステージの
高さとですねー観客との距離感と照明と程よく音の抜ける客席の広さが良い!
1バンド目「6 ball pockets」トップに相応しいエネルギッシュなスリーピース
バンドでした。こちらを拠点にしてるみたいで大阪にいると全然お会いしない。
ドラムの人の既知感と顔芸が凄かったけど他で見たことあるかなぁ。良かった。
2バンド目「Jamie」ボーカルの人が大槻ケンヂみたいな服着てて髪形は昔の
つっぱりハイスクール六ンロールみたいなんやけどwギターの人どこかで見た
記憶有るなぁ思たら音聞いて思い出した!BRODYの人や!どうもサポートギター
らしいのですがそれにしては存在感アリすぎやろ?ライブ全体を〆る独特の
アクトも良かったです。ちょっと異色な感じあるけど上手いなぁ。
3バンド目「LAME DUCKS」姫路のバンドらしいのですが音出しの段階でこれは
お湿りイケるやつと確信。音も達とも目を合わせてニンマリ→なんやねん!
やっぱりビンゴでした!めっちゃええ曲描くーエモい!若いバンドなのに
なんでこんな湿った憂いのある曲描けるねん。やっぱセンスなのかな?音楽に
絶対的に求めるものが憂いor様式美or暗黒のどれかでして全部あるといいの
ですがなかなか一つだけでも難しいのですよ。そんで理屈ではないのです。
こちらも神戸近辺で活動してはるらしいので是非大阪でも見て見たいです!
4バンド目「カリニャンクール」これが音も達と私二人ともダブルでツボった。
なんか不思議なバンドなんですよ。スリーピースでドラムが歌うCCBやんと
思いきや可愛らしいベースの女性と恐らく絶対V系出身で在ろうと思われる
バカテクの全てが決まりすぎているギターそんでそれだけならまぁあれですが
ドラムの設置位置がおかしくてなんでやねんと思てたらどうもそれはギターの
方の花道スペースを確保するためみたいなんですよねー知らんけど!曲もPOP
なのかなんなのかよく分からないんですけどとにかく上手いのでなんか残る
んですよねー極めつけはやっぱりギター!ターンの体幹のブレのなさ凄すぎ
やし何処を抜いても決まってるアクトが決まりすぎて笑ってまう。また見たい。
5バンド目「京極堂」2回目。前回みたのは怪我童子のパラダイス周年企画
やったかな?そん時も良かったけどステージ違うとこんなに違うものなの?
アートハウスで見る京極堂、もうスターそのものやった。ケンタさんのアクト
決まりすぎでしょ?ケンタさんにパラダイスは狭すぎたのだわ。よっぴぃの
ベースも好きやなぁ何回か柵に昇ろうとして失敗するところも可愛くてキュン。
そんでやっぱりギターやで!上手すぎる。というか曲の構成がオカシイ・・・
勿論いい意味で。余所のバンドに絶対描けないような曲なんですよねー。
京極堂みたいなバンドに出会うとインディー界隈彷徨ってホンマ良かったなぁ
と思います。まぁケンタさんメトロロの人やしちょっとおかしくて当然か?
音源その日は買えんかったんですがまたWEBで入手して聞きこまな思てます。
6バンド目「Paparazzi Panic」前の京極堂が強烈でちょっと記憶が薄いの
ですが結構ええ曲やったんちゃうかなぁと思います→適当ですいません・・・
7バンド目「SMITHMISS」尼崎でしょっちゅう見てるんで尼崎のバンドかと
思いきや神戸のバンドやったんですねー何回も見てるけどやっぱとんでもない
ツーピースやと思うんですよね。思い切りふざけてるのに音は有りえない位
カッコいい。リズムも抜群。なんやねん?この真面目に格好良くふざけれる
ってのは卓越した技がないと出来ないと思うんですよね。最近は一日一俊を
見たいがために俊介さんフォローさせてもろてます。ごちそうさまです。
8バンド目「WORLD」この日のWORLDはネタが多すぎてもう書ききれないので
別の劇場設けたいくらいなんですがwいやー素晴らしかった!スターですよ。
最初WORLD見た時にようこんなバンド名つけたな恥ずかしゅうないんやろうか
と失礼ながら思てたんですよ。でもWORLDは世界背負ってますよ間違いなく!
牡丹さん、ギタボに必要なものロックスターに必要なもの全部ある有りすぎ。
それから曲が圧倒的にいい!キャッチーで心にすっと入ってくる歌詞、優しく
エモい歌唱。そうエモロックの極みなのです!いつもはフロアライブとかで
見てたんでカッコいいバンドやなくらいしか思わんかったんですけどこの
アートハウスのステージで見るWORLD最高過ぎた。毒まき散らしながらのMCも
スターだから許される。だって牡丹さんだから!そんでイシトさんのエモエモ
ギターも炸裂。私この人のギタープレイホント好きなんですよねー加入して
くれはって本当にうれしい。そして特筆すべきは我らが山中さん!黒いシャツ
にグラサンをかけておりこの日はなんかいつもと違う髪形。どうしたんですか。
普通にめちゃイケメンなんですけど!ええ音出すしこのまま我らの山中さんが
お目ざめになられたと思ってた瞬間でした、キターデビルマン!シャツをこう
ぱぁぁぁあと開襟されてですねー脱いだんですよwwwやりやがったなー。
やっぱり普通にカッコいいままでは終われない、山中さん最高です、天然石。
いや-WORLDほんまええバンドやなー普通に売れてなオカシイやろとおもいます。
9バンド目「THE SOUL JUNKIES」このバンドの解散ライブやったらしくてもう
お客さん凄い熱気。私は長丁場でめちゃ疲れてたので後ろに下がらしてもろた
んですがソウルフルでファンキーな踊れるええバンドでした。アートハウスが
揺れる揺れる。みんな悲しみでも楽しみながら思い思いに身体揺らしてました。
時間も遅かったんでこのバンドの途中で離脱。いやーでも楽しかったなぁ・・
神戸って大阪から少し離れているだけなのにやっぱり毛色の違うバンドに沢山
出会えて良かったです。若干遠いんで中々行けないんですけど通箱県内ですし
また行きたいなと思いました。1月も沢山ええライブ見たなぁ。演者の皆さま、
今宵も素晴らしい演奏をありがとうございました。そして家族の皆様には毎度
のことながら本当に感謝してます。2月も飛ばしていきます。

※写真は「THE SOUL JUNKIES」アー写も様になるええバンドでした・・・
posted by menchan at 00:22| Comment(0) | ライブ