2020年07月24日

FIFTHNEWHEAVY 3rd Album「You Need To Know From The...Seven」

7.jpg

This is FIFTHNEWHEAVY's third album, released in June 2019. Through the transition of their sound from rare tracks, first and second, this third album is a full-length effort that more simply embeds the loud, heavy and noisy sound they want to express into their rhythms. Nevertheless, the narrative that can be felt from the structure of the entire album is like watching a sound film, and you will be in that world from the beginning to the end.I'm fascinated. They have a unique view of the world and have a unique presence in the Kansai independent band. This is not a detailed description of the sound, but just an image of the sound by the listener. If it is something you're interested in, please pick it up and experience their world.

●Track1 You Need To Know From The...Seven
The desperate sounding keys and the sound of sinking water remind us of underwater ruins.It's as if Port Royal has been brought back to life. This song is just a prelude to awakening a story that has sunk.

●Track2 SuicideD
The particle of the psychedelic sound heard from SuicideD is rough and sandy.It sounds like the world of 'Woman in the Sand' which was written by Kobo Abe.Is this the story of escape from the sand?In the sound sources, you can feel the carefully crafted sound here and there, which cannot be felt in a live performance.

●Track3 DamnIt
I don't know of any song that uses the single-note keys so effectively. The noise guitar, floating psychedelic sound, shrunken harp sound, and bowed bass are tremendously strong.The screaming vocals on the track expresses the pleasure on the edge of despair. It's a peculiar and beautiful song, so I can clearly imagine the image want to use it in.

●Track4 MES
A short song, but with a mescaline effect that drives, rouses, stirs and jumps. There's no need for a melodic guitar solo on FIFTHNEWHEAVY.The most important ones are the hammering rhythms and five-string grooves. Noisy guitar and sandy, rough vocals are everything in this song.This is the most important song on FIFTHNEWHEAVY's third album, so you should not hesitate to buy the international version for this song!

●Track5 MADCANT
The scale without intonation, and just something dusky and sinister swirling incessantly is like an unholy feeling manipulated by a black magician.The disquiet, as if mocked by a creature with black, wriggling red eyes, is underpinned by an indigenous drum. This is my favorite song of the 3rd.

●Track6 WIERD
It begins with crude drums and a sound reminiscent of the cries of a flock of ominous blackbirds. You are almost electrocuted to death by the heavy, fattening fifth string. Then we're painfully rained down on the fuse-blown sixth string. It is unpleasant and strange music, so while listening to it, your mind is burned by the sound, and it is the ultimate in danger. But strangely enough, it's not that bad.

●Track7 ZOEY
From the first listen, the image of the song as consistently Army-like remains the same. Line up, salute, march, crawl, and charge. It's a world of armadillos. Live music is a pleasure in the extreme. It is also a pleasant garden of pleasure to be swayed by the gentle waves of the fifth string that gently caresses you after the assault.

●Track8 INSIDE
A single-note keyboard ringing with three desperate notes, supported by a beating heart-like sound. It's a beautiful and terrifying thing, as if everything it has in itself is laid bare. FIFTHNEWHEAVY's music as a whole seems to go deep into the sanctum sanctorum of the mind, pretending to help, but ultimately it'll push you off. Of course, that's still present in this song.

●Track9 Hades
It is a suitable sound that it is exactly sounding in the underground world. Is it the unconsciousness of this world that the beat attacking the blinking lamp and the crazy noise guitar stir up? At first, the wandering ghosts can be clearly seen vaguely and gradually. What is depicted may be the ambiguous boundary between all the fuzzy worlds.

●Track10 Delight
The swell of five strings and a rhythmical tambourine mating in this brighter dance number is unusual for FIFTHNEWHEAVY.The rain of noise guitars pouring down effectively on the SANDY and SMOKEY vocals causes a slight dizziness in the body that is shaken. Both the number of notes and RiSM are quite simple, but that's why I'm amazed at how well they work together.

●Track11 FIXHOLE
This song is the key track of the third album which sounds like the first movement of the monochrome film.Although it is RiSM stable as usual, it is scorched by the noise of the guitar, and is almost bitten to death by a crazy shout of vocal. But after listening to this song for the 101st time, the fear turns into a pleasant.

●Track12 SWAY
It's tempting to abandon your dusty, hazy vision and swallow a craft bourbon knob creek with an electric lightning strike. Of course, the drinking method is rock. At the halfway point, a prayer-like light comes through and almost takes you to the other side of the world, but it's called back by the punch of a drunk electric and rock. The too long time is cunning.

●Track13 You Need To Know From The End
It's a genius composition that makes the listener more conscious of the end of the song with half the sound, even though it's the counterpart of the opening. Electronic noise is short-circuited to a simple keyboard, and a sound similar to the sound of water indicating a dark hollow is mixed. But it is not finished in this music.

●Track14 INSIDE naked.ver
This is a Requiem that is played through a heavy door. When I lost my own father, I listened to this song to soothe my heart.Even though people stop breathing, their souls are still floating for a while, and I listened to this song and sublimated my various thoughts about the soul and my deceased. It can be called music therapy in a way. I was saved. I'm very grateful for their work.
posted by menchan at 17:35| Comment(0) | ライブ

2020年07月23日

2020年7月19日「Sengoku Beefheart」@戦国大統領へ行ってきました。

DSC09984.jpg

2020年7月19日に戦国大統領で行われた「Sengoku Beefheart」へ行きました。
発表出た時から楽しみにしていた企画。6つのうち4つがどれも好きなバンドで
後の2つも良さげな予感しかしない。特に予習はしていなかかったんですが私
が長年アングラ街道を歩んできた野生の勘と申しますか嗅覚が教えてくれます。
イマイチそうだなぁと思う企画には行きませんのでね。このところ100戦練磨で
選択した夜がしょうもなかったことがないです。自分の好きな夜に行くので
当然と言えば当然なのですが。ライブ前にもうひとつ嬉しいことが!なんと、
FIFHTNEWHEAVYのヨシさんとDRAWINTODISORDERのヒデさんがインディペンデント
レーベルを立ち上げたとのこと!すごーい!というかヨシさんは遅かれ早かれ
レーベルはやらはるやろなとは思てまして逆に自分としてはまだやったのか?
って思ってしまうくらいまぁ精力的に活動してはりますよねー。アングラ街道
を歩くようになってからCDはインディー界隈のものを買うことがほとんどで、
音楽レーベルと言えばインディペンデントになってる私にとって推しバンド
のフロントマンがレーベルやらはるとは嬉しい限りです。自分が痺れたのは
関西のインディーズバンドに海外への扉を開こうと思っているみたいな文句で
これはもうレベルが違いますね。私も40代後半になって自分のこともまま
ならないことが多いですが日々それだけでええんかと思てます。私が若い頃に
先輩や上司にしていただいたこと、人生も後半戦に差し掛かった身としては
次の世代のために何が出来るかを考えて生きることはある意味使命と思います。
育児かもしれないし仕事かもしれないしライフワークかも知れませんがええ年
でいつまでも楽しけりゃええと自分のことばかり言うてたんではアカンかなと。
前置きが長くなりましたが勝手に感銘を受けて自分のお尻もパンパンした次第
であります。アーテイストの活動はファンにとっては次への力となるものです。
この状況で敢えてくだらん言訳も戯言も言わんと進む姿勢は称賛に値します。
なんやねん!とこれで〆れそうな勢いですがこの辺りにして本編を書きますw
日曜日に6つも入れてきてそれも全部きつそうなのばかりで相変らず素晴らしい
戦国大統領、アイシテル。今日はスタートも早い目18時半なので家の用事して
たら戦国着いたらほぼオンタイムでしたー。速攻ステージフロアへ移動・・・
1つ目「GottaNealExperiment」今日も酔いました。コロナ禍以降結構な割合で
見ていてすっかりメロメロにさせられてますが今日はシンセの音に釘付けでした。
方々から聞こえる絶妙の心地ええeroticな音に身も心も溶けてそうになりました。
いやー本当に素晴らしいんで多くの人に聞いてほしい思てます。もっと布教せな。
音の面白さがまさにゴッタ煮なんですがあらゆるリズムや音を消化して自分達の
オリジナリティを生み出した最高にセクシーなバンド。ホントに大好きです。
2つ目、ピアノガール(ソロ)、秋さんのソロも戦国で3回目です。今日はエレキ
の弾き語りでした。一音一音撫でるように緩やかで心地いい音、そこに乗る刺さる
ストレートな歌詞。ホント好き。ゴッタ煮の次に持ってきてまた深酔させられた。
ソロが良すぎてバンドどんなやったか忘れてしまったので次はバンドで見たいです。
3つ目「霜降り猫」初見。SHOWさんがドラムで名前だけは知ってて見たかったので
今回みれて嬉しいです。様々な初期衝動を思い出させてくれるめちゃええバンド。
ベースめちゃええと思たら何のことないNihonAlpusの人でした。なるほどー通りで。
SHOWさんのドラムは色んな所で聞いてますがこのバンドめちゃ合うなぁと思います。
4つ目「NUKE」福井のバンドで初見。ヌークやと思てたんやけどヌケなんですねー。
ブロンドニューハーフと親和性があるなと思いました。一緒にイベントされたりも
してるみたいですね。何とも言えないポップなヌケ感と面白い音の繰り返しが癖に
なります。心地良くてとにかく音のセンスがええバンドでめっちゃ楽しかったです。
暴走族の歌?かっこよかったな。また大阪に来て欲しいです。
5つ目「FIFTHNEWHEAVY」見るたびに強くなるし音デカくなるしもう存在が圧巻です。
今日は久々にお会いする方のヘドバンもバッチリ見れましたねーあと最近お見掛け
するようになった若いカワイ子ちゃんも最初は遠慮がちに下がって見てはりました
がライブが加速するにつれ最前で踊りまくってはりましたwいいなぁそういう壊れ
ていく感じ。自分も含めなのですがオーディエンスをあれだけ狂わせて昇華させる
ことができるライブバンドはそうないと思います。なのでまたイソイソと見に出掛
けて行ってしまうんですねー。次和歌山遠征ですわーどないしましょ!
6つ目「BLONDnewHALF」今日も只管走り続けるエイトビートに揺られ続けました。
ブロンニューハーフのベースがやっぱり好きなんです。あと浮遊するギターも、
アップビートで打ち付ける太鼓も→結局全部好きwアンコールは亡くなった友人に
捧げる一曲で泣きました。なんなんでしょうね、追悼とか湿っぽいことではなくて
もう姿は会えなくても音でちゃんと繋がってる気がしました。心が熱かったです。
それほど懇意でなかった故人に対して何かものを申し上げるのは差し出がましい
気がするのですが去年のモリモリさんのトリビュートライブを思い出しました。
湿っぽくなくて彼を知らない人も彼のために一緒に泣きながら楽しめるライブで
もしかしたらそんな感じでまた楽しみながら故人を思って音楽を紡いで歌っていく
のかなと思うと音楽が繋ぐ縁と共有した時間は素晴らしいなと思いました。
今回は古いカメラのRX100一郎を引っ張り出してきて撮ったのですが五郎よりも
オートフォーカスが早くて合わせやすくて必ずしも新しいものが全て良い訳では
ないなと思った次第です。一郎はやはり中々の名機。お蔵入りにするのは勿体ない
のでメンテに出してもう一度使ってみようと思います。アーティストの皆様、今宵
も素晴らしい演奏をありがとうございました。そして家族の皆様、もう呆れられて
いますがいつも大変感謝しております。明日も宜しくお願申し上げます。
posted by menchan at 00:17| Comment(0) | ライブ

2020年07月13日

2020年7月11日五臓六腑×ogna×ぐうたら狂@茨木アナーキーへ行ってきました。

DSC09505.jpg

2020年7月11日五臓六腑×ogna×ぐうたら狂を見に茨木アナーキーへ
行ってきました。ホントはもう一バンドありましたがボーカルの方の
体調不良とかなんとかでキャンセルになりまして、代わりに急遽代打
イタさんがソロでトップバッターを飾るという完全に私得な展開!!
しかもですねー今宵はワタクシのアナーキーロストバージンなのです。
今まで来よう来ようと思っていて茨木かぁと二の足を踏んでおりました。
茨木って阪急なんで阪急私の住んでるところから結構遠いんですよね。
お京阪なんでお上品な阪急沿線とは完全に距離があるのであります。
がしかぁし!お京阪にはモノレールと言う強い見方があったのです。
そやそや門真で乗り換えてモノレール乗ったら南茨木までいけるしぃ
南茨木まで行ったら阪急に乗り換えできる!所要時間は38分、近い!
そしてこの日は大好きな五臓六腑も見れるというので勇み足サミー
(古いバービーネタw)で参戦を決めました。当日は雨がパラついて
たのですが帰りはバスがないのでチャリンコで駅まで行くことを決意。
割と阪急茨木市駅まえではサクッと辿り着いたんですが大手町って
何処やねーん?ウロチョロしていると音も達が迎えに来てくれた!!
アナーキーの窓から私が彷徨っている姿を目撃したとのこと、スマセン。
アナーキーの禁断の扉を開けてしまった。チャージ1500円ドリンク込み。
安っ生ビールもちゃんとあります。ここはイタさんのおうちも兼ねてる
とお聞きしていたのである程度狭いのは覚悟していたのですがフロア
本当に狭いw赤いw演者と音から逃げられないやつですよーこれはっ。
ゾクゾクしてきた。バーカンもPAもそして出演まで全てこなしてしまう
イタさん、自分のお店とはいえ本当に凄いです。トイレに行ったら奥に
洗濯機が置いてあり生活臭がプンプン漂うやないか!素敵すぎる・・・
今回はヲタ活ではないのですが憧れの由美さんに奉納物があり(そんなん
ばっかりやな、ワタシ・・・)無事にお納めしミッションコンプリート。
これで心置きなくあとは音に身を委ねるのみ。トップバッターはイタさん
ソロから。初めて聞きましたがアコギで弾き語りでノラの曲はバンドの時
と違った感じでめっちゃ良かったです。新曲の「世知辛い」も沁みる。
ホンマ心意気、男前すぎます。最初は余興や言うてはったんですが恒例の
「今日はアナーキーで酒が飲めるぞぉほれ!」言うのもあって何処が余興
っていうくらいのガッツリした出来でした!
2つ目「五臓六腑」とにかく由美さんがいる限り五臓六腑で私は由美さんが
兎に角好きで全て格好良い。今日は殺害のTシャツにデニムのショーパンを
合わせててライブ前にクシャクシャって逆毛立てていました!カッコ良すぎ!
ライブではとにかくカッコいいのにステージ降りたらおもろ可愛くて最高が
過ぎます。この日はドラムの方が熱を出してお休みされたので急遽ティン
さんがドラムを叩くという、そしてギターはサポートのウォッカさんの
ベースレススリーピース特別編成。当日に決まって当日にそんなのどうにか
なるものなんか?と思てたんですがそこはティンさんですから!天才なので。
ベースあんなに上手なのにドラムもあんなに上手いなんて凄すぎます。普通
にドラマーとして十分ステージに立てる腕前ですよ!五臓六腑強いなぁー
この日ステージが終わってから5月6日の五臓六腑の日のことを思出しました。
あの日もキャンセルバンドが幾つか出て、急遽入ってくれた左京さんらが
ホンマ素晴らしくて結果的に忘れられへんええ夜になったんですよねー。
やり切る強さに周りが飲み込まれる。そういうの、ホンマにダメですワタシ。
好きになってしまう。イベントを辞めない、ライブに穴を開けない、って
バンドは人の集まりやし色々ある中でやっぱり大変やと思うのですよ、
ある程度は仕方ないのかなとも思います。それやから尚更のことやり切る
強さを見るとブルブル震えがきますね→アルコール切れではありません・・・
3つ目「ぐうたら狂」最狂!全員逝かれてます!神戸恐いのおる思いました。
良かったです。ずっと気になってて見たかったんですよねー割とライブ本数
多いバンドみたいなんですがなかなか機会を得ずで今回見れて嬉しいです。
狂ってるのに洗練されたライブをするバンドで神戸のバンドってやっぱり
ややそういう感じがあります。蛸地蔵とかもそうやったな。またみたいです。
4つ目「ogna」近い、近い、汗浴びる!めっちゃ良かったです!音も達が推し
ててすっかり引き込まれてるんですが元々こういう邪悪な世界が専門です。
何のこっちゃwトコトン邪悪やのにと時折めちゃホーリーなん何ですか?
何か分かりませんが救われる。来月FIFTHと火影で対バンなん楽しみすぎです。
ボーカルの方のスクリーミングと嗚咽に似た慟哭の交差する感じがもう好き。
いやーアナーキーお初にしては楽しみ過ぎてしまいました!五臓六腑の音源
も2枚ともゲットして今聞いてます。覚えて歌って踊らなければ!お鍋のええ
匂いがしてたんですがなんしか田舎に住んでおりまして、お後宜しいようで
したがライブ終わったらソッコーおいとましなアカンのが寂しすぎました。
演者の皆様、そしてイタさん、素晴らしい夜を本当に有難うございました!
そして今宵も快く送り出して下さった家族の皆様には本当に感謝してます。
毎度有難うございます。7月あと4つ飛ばして参りますので宜しゅうに♪
posted by menchan at 20:52| Comment(0) | ライブ