2018年03月25日

2018/03/03 MASONNA×BACTERIAツーマン@難波ベアーズへ行ってきました。

DSC07763.JPG

2018年3月3日に難波ベアーズで行われたMASONNA×BACTERIAツーマンに行ってきました。
MASONNAは名前だけはずいぶん昔から存じ上げておりますが今回初見です。そして
東京からの刺客BACTERIA。こちらも初見でですが音源を予習しておいたのでビンゴ!
絶対好きなやつやぁと満を持しての参戦です。ひな祭りやのにぉPAINT IT BLACK!
そのものやないかぁ真っ黒けっけ!最近ベアーズのこの真っ黒けっけの心地よさに
殺られています。あっとライブ時にはもう少し照明頼みますね。あとお客さんと演者
の距離感も好きでサロン的な空間もいいんですけど時に居心地の悪さを感じることが
ありあー何なんでしょうね?人間嫌いか?私。19歳の頃初めて行ったライブハウスが
ベアーズやってライブって常に緊張感があって演者に話しかけるなんてご法度!!
ファンタンゴの楽屋から演者が降りてくる何とも言えない空気感!海が割れるのよぉ
天童よしみか?今はそんなことはなくなってSNSで気軽にやり取りしたり出来るように
なったのですがライフワークにして追っかけまわしている箱推しバンドでさえも、
未だに馴れ馴れしくお話しできないシャイGirlです、ワタシ。そやし未だにライブ
予約メールもバンドさんにではなくライブハウスに直接送ってしまう内気な私。
集客とかあるからホンマはバンドさんに直接言うた方がええかも知れんのですが。
そんなこんなで始まりましたートップバッターBACTERIAさん!ベアーズこの日は客の
入りも凄く人気あるバンドなんですね。時々演者だけちゃうん?って日もあるんですが。
前列には既に女性客で埋め尽くされていて私前列を占拠することが出来ず2列目での
観戦と相成りました。ツーマンいうことで長めのセットでやってくれはったんですが
BACTERIA最高!もうめっちゃカッコいい!轟音・ノイズと聞いてはいましたが不快感
は全くなし。時々轟音・ノイズってお仕置きかいうようなバンドさんもいてはって
好きな人には堪らんのでしょうがどちらかというと私苦手でして、とくにノイズが。
いやけどこのバンドは細胞レベルで訴えてくる音を出す。何聞いてどんな生活送ったら
こんな音出せるようになるんやー思います。人間ちゃうかったことあるんちゃうの?
ホンマに生き物として反応してしまうっていうか・・・まあバクテリアやし・・・
転換も間の取り方も流石としかいいようがなく、轟音で暴力的かと思いきや、エグさは
なくて非常に洗練されている。関西のノイズバンドやとこうはイカンなw
時に涙腺を刺激するメロディアスな曲もあり、なんやろなぁもう美しさも垣間見える。
ずっとずっとこの音の波と戯れていたいと心地よさを感じていました。また見たい!
古くから活動されているバンドさんで音源も沢山出されているみたいなのでGETします。
2演者目「MASONNA」さん。マゾさんは前回サディストでもう完全にノックアウトされて
しまってマゾさんをみたいがために参戦したのですがちょっと思ってたんと違うぅぅ
物凄いノイズ、この時点で私、なんかアカンってなってたんですがいきなりマゾさん
フライングニードロップで(ニーを狙ったかどうかは謎)飛んできてワタクシ転倒、
臀部打撲。アイタタタってなってる間に別の客席で暴れまくって3分21秒ですか?
ライブ終了。あれれ?なんだったんだ3分21秒いう感じでした。聞けばMASONNAの
セット?としては長めらしいのですがそんなん知らんし。とにかくお尻痛いがな!
マゾさん自体はめっちゃ好きやのでバンド編成でまたサディストで見たいです。
いやでもでもBACTERIAを堪能できただけで自分にとっては十分すぎるくらい収穫の
ある夜でした。臀部の痛みを抱えながら帰還いたしましたとさ。やっぱり面白いよ、
ベアーズ!ベアーズにしかないブッキングは3月まだ続きます・・・・
posted by menchan at 10:27| Comment(0) | ライブ

2018年03月21日

2018/02/23 宮悪戦車 with 面黒楼卍ライブ@秘密倶楽部アニマアニムスへ行ってきました。

DSC07720.JPG

2018年2月23日に秘密倶楽部アニマアニムスで行われた宮悪戦車 with 面黒楼卍の
ライブへ行ってきました。面黒楼卍さんを初めて見たのは去年の4月のカレーイベント。
いやでも私その前にも面黒楼卍名義ではないけどライブ見てますね。とにかく圧倒的な
熱量で何か分からないけど揺さぶられるステージを魅せてくれる。全身全霊で歌ってる
というよりも表現してる、何もかも剥き出しにさらけ出した感じが好きでああ表現する
ってこういうことなんやなぁと思ってみてます。感じるものあるんですよねー。
でこの告知が出た時は迷わず行くと決めていました。平日ですが味園やし開演も20時から
とゆっくりめやったんで楽勝チン。18時に大阪で仕事を終え味園へ向かってもまだ19時。
でずっと行きたかった夕顔楼で一杯引っかけて行きました。昔自分が好きでよく行ってた
酒場は全部なくなってしまって、まあ仕事帰りに一杯やる時間もお金もないんですが、
たまには一人でマスターとしゃべりながら異空間でお酒を飲みたいなぁと思います。
とはいうてもお酒の蘊蓄あんまり分からんのでいつも店主のおまかせなりますけども。
で夕顔楼はtwitterでフォローしててずっと行きたい、行きたいと思っていたので、
チャーンス!アニアニと同じフロアにある夕顔楼へと先に足を運びました。
写真ではもっと天井の高いイメージを勝手に持ってたんですがめちゃこじんまりしてて
ええ感じです。あーこれ近所にあったらスナック代わりに通ってしまいそうなるなぁ。
難波で良かったよ。早い時間もあってか客も私一人。店主もめっちゃ陰気な感じの方で
店内も暗いし、ちょーいい感じ。妖しげな人形もある。お酒も豊富で蔵書もたんまり。
うわーここ好きやーバーは暗い感じがいいですね。音楽ガンガンとかは苦手かなー。
店主の方にハイボールお任せしてバナナチップと出てきたハイボールが美味かった。
カナディアンウイスキーで銘柄忘れましたがお任せしないと絶対飲まない銘柄。
少しお話をさせてもらってお酒や本の話等、訥々と話されるんですが面白かったなぁ。
居心地よすぎて仕事で疲れてたせいか途中寝そうになりましたがなんとか20時5分前に
起きてアニアニへ。秘密倶楽部アニマアニムス。「アニマ」男性の中の女性的元型。
「アニムス」女性の中の男性的元型でしたっけ?コピペママ。いいですねぇ。
丁度トップバッターのザジさんが始まる直前でした。お名前は前から存じ上げてましたが
今回初めてお目にかかります。映像と音を使ってなんやろう独特の世界を生み出してて
終演後ご本人に少しお話をお伺いしたのですがイベントによって全然違う感じなのだとか。
4月14日に面黒楼卍さんのイベントにもではるらしいので次はどんな感じか楽しみです。
2演者目「志万田さをり」さん。今回のイベントでは自分的に一番ヒットしました!
埼玉(だったと思う)から来られた弾き語りアーティストで兎に角言葉と歌声に圧倒的
な説得力を持つ。強い、強すぎる。弾き語りって最も勇気のいる表現手法やと思ってて
ピアノでもギターでもそれなりの伝えたい強い思いと覚悟がないとキツイなという気が
してるんですが私の好きな弾き語りアーティストの方みんなそんな感じです。
まず一人でやってはる訳ですし、楽器は添え物、でも下手やとアレレッてなりますし
何より伝えたい言葉に強さがないと伝わらないと思います。誤魔化し効かないというか。
志万田さをりさんの歌は結構重くてキツイテーマが多いんですがそれは彼女自身が
ライフワークとして向き合ってきたテーマを表現する手法がたまたま音楽だったと
言う感じで音楽をやりたいからという感じではないと思いました。勝手に感じただけで
間違ってたら申し訳ないですが。それくらいの強さが彼女の歌にはあったということ。
中でも「IMAGINE」のカバーは良かったなぁ権威や性差やその他の力でねじ伏せようと
する上下関係に存在する力や言葉や全ての暴力に通じそれに徹底してNOを叩きつける歌。
そして貴方は何も悪くないんだよと優しく包む柔らかさも沁みこませてくる救い。
丁度会社の絶対的な圧力に緩ーくしなやかに戦っている最中の私にはとても沁みました。
音源を買い忘れて後でネットで購入しましたがまた聞けずにいます。覚悟がいるので。
3演者目「瀉葬文幻庫」による火葬国風景。流石苺楽団の団長。ほとんど一人芝居と
いってもいい感じやったと思うんですが何人も人がいるみたいで、海野十三のあっちに
いるのかこっちにいるのか何処にいるのか私は誰なのか、何が本当で何が幻か分からない
本の世界をそのままに見てる側を連れていく。私この物語は知らなかったのですが、
見終わった後、一冊の幻想ミステリーを読み終わった気分になりました。しかも残照も
しっかり残っている。圧巻でした。
4演者目「面黒楼卍」さん。好き好き言う割にはライブはさほど見に行けてないのですが
やっぱり好きすぎてこの間写真集を買いました。ご本人にはお伝えしたんですが一寸
吃驚したんですよ。てっきり綺麗に化粧した面黒楼卍さんが多い感じなのかなと想像
してたんですが確かにそういうショットもあるんですけどスッピンとかちょっと弛んだ
お腹の肉なんかも包み隠さずそのままに表現されてるんですね。そしてそれが私には
とても潔く美しく感じたんです。色気とか美しさって若さだけに認められた特権では
決してないんだなぁと。残照さんというお方はそういうその人も良く分からないその人
のらしさというかそういうのを切り取るのがとても上手なお方やと思いました。
「おいてけ堀」買い案件です。演奏の方はまあ安定の剥き出し感で今夜も殺られました。
あの絶望的なピアノの旋律。何ですか???はよ音源欲しいですわ。
そして5演者目「宮悪戦車 with 面黒楼卍」さんのスペッシャルセッション!苺楽団の
昔の曲らしいのですが「彼岸花」いう曲がもうとにかく美しくてちょっと涙がでました。
初めて聞く歌で涙出るってなんなんやろう。二人の久々の再開とか面黒楼卍さんが、
一生懸命練習されて古巣の団長といい関係で熱の入ったセッションされてるとか、
まあ曲もとても美しかったのですがそういう姿ですかね。年なんですぐ泣くんですよ。
その日はもうとても満足でその日のその時間にあの場所に居れてあの場所に居た方々
とちょっとないレアな時間を共有出来て本当に良かったなと思いました。
良かったばっかりで語彙がなさすぎですが最近本当に良かったライブばかりですもん。
演者の皆さま、今宵も素晴らしい演奏を本当にありがとうございました。
私はまだ知らない世界が沢山あるし世の中にはまだまだ素敵な音や演者で溢れてる。
もう生きていくのが楽しくて仕方がありません。皆様のアクトが私の日々の活力。
そして毎回家族には本当に感謝してます。3月も仕事してライブ行って頑張るよー。
posted by menchan at 22:00| Comment(0) | ライブ

2018/02/10 ダークメルヒェンショウ@心斎橋火影へ行ってきました。

DSC07664.JPG

2018年2月10日に心斎橋火影で行われたダークメルヒェンショウへ行ってきました。
この日は各地でいいイベントが被っててですねー最初私は別のライブへ脚を運ぶ
三段やったのですが中谷ぃさんが関わってるイベントの告知が到着。迷わずこっち。
しかもデマンダも出る!私Genoさんめっちゃ好きやん!デマンダめっちゃいいやん。
この頃好きなバンドさん増えすぎて被るとめっちゃ悩むんですが犬並みの嗅覚で
自分の好きなもんは分かります、この日は火影へ逝きなさいと神様のお告げが・・
私火影で迷わなかった試しがなく、特に帰りは何故か宗右衛門町ブルースで帰るの
が常套手段となっておるのですが適当に行くんじゃなくてちゃんとGoogle先生に
お聞きしてこの日は迷わず辿り着きました。しかもお遅刻なしのオンタイムに!!
私ヨヰ子。到着から火影のステージはまあいつも妖しい感じですけどより一層
妖しさ満載でして小道具とか色々用意されております。Guigglesさんのご挨拶から
始まりました!私人のこと覚えるのホンマに苦手でよう考えたら去年の蝶葬で
ユーテロさんのサイバーパンクで踊り倒してた赤パン先生はGuigglesさんでは
あーりませんか!いやいや赤パン先生とか大変失礼いたしました。
こんな暗黒ゴシックロマネスク舞踏派集団を率いているお方とは恐れ多い!!
1バンド目「デマンダ」以前に夜想で見てからもう釘付けで自分の撮った写真が
もうカッコよすぎて勝手にフォトジェニック賞をgenoさんに授けてたんですけど
この日のデマンダ、本当に凄かったです!どなたかも書いておられましたけども
間が素晴らしいですよーこのバンド。ドゥゥーミィなギターリフも最高ですし、
なんてっても中谷ぃさんのベースですからぁぁ。安定感半端ない。リズム隊最強。
そしてそしてフロントgenoさんの音と曲の世界観の一寸の狂いもないアクト!
あれは音とそして自分の表現したいものを徹底してないと出来ない動きと思います。
カッコいいくて歌も上手くてみたいなボーカリストの方沢山見てきましたけども、
あれだけ空気を司どりしっかりアクトを合わせて決めてくるボーカリストは私、
ちょっと存じ上げません。genoさんとはちょっと共通点もあり勝手にシンパシー
感じた私は終演後迷わず音源求めて物販一直線。ちょっとお話しする機会を得た
のですがそれが見た目裏腹めっちゃジェントルマンでクレバーな紳士なんです。
でよう見たら結構男前やないか!よう見たら!聞けば自分でも満足できるような
アクトを出来るようになったのはここ最近とのこと。いやーやっぱりかかるのね。
音源ゲットで缶バッジもつけてくださって私会社のカバンにつけて出社してます。
2演者目「永井幽蘭」さん。東京からお越しになられたそうでRoseさんのお友達。
優雅な歌の世界に誘われるかと思いきやそこはダークメルヒェンショウですから。
一筋縄には参りませぬ。そこかしこに散りばめてくる黒・黒・黒!真っ黒けじゃ
ないんですけどね。発声もキチンとされてて美しい歌声に美しい鍵盤、なのに、
時々魅せる狂気に似た旋律。流石や・・・この時点で私もう既に立てない・・
とへたり込んでいたらGuigglesさんが座るように促してくださりラッキーでした。
とそんなで始まりました。Rose de Reficul et Guigglesのダークメルヒェンショウ。
ゴメンナサイ、ワタシフランス語分らんのでコピペですがなんとお読みするのか?
フランス文学専攻の夫君に確認しておきます。
私このショーは初めての鑑賞ですが凄かったなー。最初SilentHeadのearlyさんが
演じられて最近SilentHeadのアクトに演劇性を強く感じるんですが影響ありますね。
私が最初にSilentHead見た時はこんな感じではなかったんですけど・・・
そして激情的で甘美で官能的でけどやはりダーク。立ってるだけのウサギさんがいる。
登場人物も色々で時々雄たけびのようなはあるんですが基本科白はなし。ダークな
サイレント映画を劇場版で見てるかのようなけれどカラフルで日常ではない世界。
Rose de Reficul et Guigglesは先の怪帰大作戦日本暗黒化計画でAUTO−MODのゲスト
で出てはったので正確には初めてではないのですがゲストとは全然違ってました。
自分自身きちんと表現できる言葉を持ちません。だけど人を惹きつけてやまない何か
を持ったショウやったと思います。下僕の女性と男性がいいスパイスになってました。
5月にまた夜想で見れますが場所が変わるとまた違った感じになると思います。
火影では煮えたぎるような激情に突き動かされるかのような赤黒い感じでしたね。
異空間の宴をしっかり堪能させてもらいました。
いやー今宵も素晴らしかったです。演者の皆さまありがとうございます。いっぱい
刺激をいただいてまた自分の世界が広がっていくようなそんな夜でした。
そしていつも夜出歩く自由をくれる家族に感謝。2月はもう1本続きます。
posted by menchan at 17:06| Comment(0) | ライブ