2020年02月16日

2020年1月25日「BORN TO BOOZE at OSAKA」@寺田町Fireloopへ行ってきました。

DSC09376.jpg

2020年1月25日寺田町Fireloopで行われた「BORN TO BOOZE at OSAKA」に
行ってきました。お目当ては勿論我らがギターヒーローTSUKAさん率いる?
Pumpkin Sneakersを見るためです。TSUKAさんはどのバンドもめちゃ高い
クオリティで毎日がライブちゃうの?言うくらいのザ・バンドマンですが
私はこのアコギデュオPumpkin SneakersのTSUKAさんのアコースティック
ギターが一番好きかも知れないです。他のバンドに比べてライブ本数も
やや少なめなので出来る限りは見に行きたいと思っています。かなり早く
から発表が出てたのでしっかり予定を入れてました。しかも初めて行く
ライブハウス!アガル!いつもの場所もいいけれどいったことない場所へ
行くのはなんとなくワクワクするやないですか!前から気になってた箱
ですし寺田町なんて用事なければまぁそう降りることもないのでw
今回のイベントはどうもハードロックの中に混ざるパンプキンみたいな
位置づけでこりゃ絶対楽しい夜になると確信してました。いつもの同じ
ような知った顔のイベントもそれはそれで良いんですがえ?この組合せ?
みたいな意外性のある方がバンドさんも化学反応が起きて面白い感じに
なること多いんですよね。ってな訳で行って参りました寺田町Fireloop!
寺田町ということで勝手に薄汚れたライブハウスを想像してたんですが
めっちゃ綺麗な箱でした。ハードロックとかV系のイベント多くやる箱
でDROPとかそういう感じの雰囲気に近いかな。照明も綺麗でステージも
程よい高さでステージと観客を隔てる柵がありスタジオも併設されてる。
特にジャンルレスな感じで若いバンドのイベントなどもよくやっている
みたいです。音もいい。で今回はハードロックのイベントらしいので
お客さんもそれなりにハードロックな出で立ちの方が多いのかと思いきや
そうでもない?4バンド出演の予定だったのですが1バンドキャンセルが
出て3バンドでスタート時間そのままに各々若干の尺延長で始まりました。
1バンド目「Pumpkin Sneakers」TSUKAさんとアキラさんの超ウルトラ
スーパーバカテクアコギDUO。こんな素晴らしい音を聞かせるDUO知らない。
まだ見たことのない人は絶対見た方が良いです。我がアングラヲタク25年
の人生全てをかけてお勧めします。いつも場末ぽい感じの場所でフラフラ
やってるイメージがあるのですが今回は少し高めの照明バリバリステージ
でのパンプキンで尺もやや長め。いやーマジで素晴らしかった。それしか
ないですわ。波止場の哀愁みたいな感じもあれば優しく包み込むような
柔らかさもある。主旋律とリズムが交代で入れ替わるんですけどお二人
とも上手すぎる。そこに歌など要らない。何故ならギターが歌ってるから。
少し高いステージを見上げるパンプキンも素晴らしかった。このお二人
ほんと只者じゃないわー。パンプキンは結成当初はトリオだったようで
その頃のデモ音源はいただいたのですが深みあるウヰスキーが喉を転がり
まったりと落ちていくようなスモーキーで大人な味わい深い音→意味不明。
ウッドベースの入ったトリオも勿論ええんですけど今のお二人の音源を
強く所望しています。これは世界中の人達みんな聞いた方がいいです!!
今宵も素晴らしかった。初見の方も皆口々にざわついていました。
2バンド目大阪の「BLAZE」私初見なのですがオッサンに大変人気のある
アイドルみたいな正統派ハードロックバンドでとにかく楽しい!音もめちゃ
カッコいいんですけどアクトがいちいち決まっているしそれに呼応する
ファンの熱が半端ない。この観客と演者との間にある謎の信頼感が生む
熱量がすごい。こういうライブは文句なしに楽しいし感動しますよねー。
MCもさすが大阪のバンド言うことあって面白かったし終始楽しかったです。
3バンド目湘南から「VERITAS CONC.75」火影で良くお見掛けする音も達が
めちゃ良いよーって言うてくれてはってみるの楽しみにしてました!
なんでも今日はこのバンドのレコ発も兼ねているらしくて人気があるのか
湘南から?ファンのお姉さんたちも沢山引き連れて来られてました!!
音は浜の風を感じる正統派のロックンロール。渋い!スリーピースですが
ベースのお姉さんがカッコいい!彼女の下半身が好み過ぎる→変態やん。
そないに細くも足も長くもないんですけど気いつけてはるんやろうなと
思わせる鍛えてる跡が感じられて大変セクシーなのです。やっぱり変態w
少し安めのバーボンをちびりちびりやりながら音に揺られていたいそんな
ちょっと切なさも感じさせる大人の音を出すバンドです。カッコ良かった。
音源買いたかったですけどなんせ金欠。次回の楽しみにとっておきます♪
いやー楽しかったなぁ。寺田町は実は降りたんはじめてやったんですが
焼き鳥や粉モンとかリーズナブルな飲み屋さんが多い印象でFireloopに
寺田町mapもいただきましたんで次回機会があればライブ前に飲み歩きたい
と思います。演者の皆さま今宵も素晴らしい夜をありがとうございました。
そして家族の皆さま、毎度感謝です。1月あともう1本続きます♪

※写真はスター感が半端ないブルーパンプキン。痺れました・・・
posted by menchan at 23:01| Comment(0) | ライブ

2020年1月22日[NANIWAAMBIENT]@心斎橋火影へ行ってきました。

DSC09366.jpg

もうすぐ1か月になりますが・・・2020年1月22日に心斎橋火影で行われた
[NANIWAAMBIENT]に行きました。OKAHASHI NOBUHIROさんが主催で定期的に
行われているイベントらしく私アンビエントが何かもあまりわからんまま
にjigenの宮本さんのベース聞きたさに参戦を決めてしまったのですが、
なんと対バンに秘部痺れのCHANG CHANG と821さんのユニット毛羽毛現も
でるじゃあーりませんか(→チャーリー浜の口調で)ほんでもう一組は
何やら民博に展示してそうな楽器を駆使した宇宙的音楽集団となっている。
(火影の紹介文より・・・)しかも場所は火影ときたもんだ。始まる前
から楽しみにしてました。最初は日程都合がつかず行けなかったのですが
晴れていけることになりウルトラハッピー。全然予想つかない初聴の音
ばかりを聞ける、絶対面白いに違いない!時間遅めの20時スタートで必殺
時間つぶし残業して帰ろうかと思ったのですがなんか上司が早く帰りたい
雰囲気を醸し出していたので定時で退社。大阪駅のセブンで安定の本麒麟
を買って地下鉄までニューヨーカーのごとく歩飲みして少し早めにやって
きたのさー火影ー時弦旅団のCDを宮本さんにお願いしてたので無事にGET。
以前パンプキンとの対バンでお知り合いになったのですが良いベースを
弾かはるんですよねーと思たらレーベルオーナーの方でヰタセクやGYUUNE
のこともよくご存じでその日は私またもオタ愛をまき散らしてた記憶が。
火影やゼロゲージ等でなかなか面白い音を出すイベント組まれてたりして
ライブに行けるのを楽しみに虎視眈々と狙っていました。
1バンド目「marcoheibei+TinyArc」タブラ+シタール+ギター+ベースによる
宇宙的民族音楽集団なんじゃそりゃ?ですがシタールは音も知ってましたが
タブラは初めてです。太鼓なんですけど指のちょっとした指圧までしっかり
と響くようなデリケートな楽器。シンプルなだけにかなり難しいのではと
思いました。シタールとタブラが入っているので若干インド系の音楽っぽい
感じでしたがそこは宇宙的民族音楽集団。ギターとベースの合わせ方も独特
でちょっとない世界観やと思いました。今日の火影、イケる!
バンドって基本皆さん同じ種類の西洋楽器使てはるやないですか!勿論私も
それに耳が慣れてるし音楽っていや西洋楽器みたいになってると思いますが
実はそんなのは世界の楽器からするとほんの一部なんですよねー。弦楽器
もめちゃくちゃ種類ある訳で。大阪に居ながらそういう音を垣間見ることが
出来るって火影、最高だな。
2バンド目「毛羽毛現」秘部痺れのドロップアウトユニットです。ギター&
ベースによる弦楽器涅槃ドローンデュオって火影の紹介文には書いてあった
んですが821さん何やら怪しげな楽器、ベースでないことは確かwテルミン
なのかな?821さんまあ兎に角多彩な方なので何があっても何をされてても
可笑しくはないんですけどねーしかしやっぱりお二人のことドローンと言え
どもプンプン漂うサイケ臭w涅槃ドローンデュオって何やねんって最初は
思てたんですがこちらもやっぱり余所ではちょっと聞けないバンドサウンド
とは一線を画した感じでした。気持ち良かった。
3バンド目「OKAHASHI NOBUHIRO + 石上加寿也 + 宮本隆」バンド言うより
実験的な即興音楽集団みたいな感じかな。宮本さんはそんな感じで様々な
方と演奏されてますね。岡橋さんは物凄い機材で石上さんはノイズ作家やし
どんな音出すんやろと思てたんですが意外とデカくない。イメージとしては
深海を泳ぐ感じでしいて言うなら海底2万マイルの世界か。私ダイビングも
しませんし深海魚でもないので深海行ったことないんですけどたぶんこんな
感じ。あくまでイメージですwそうかと思うと海底から少し上がって光の
差す方向が見えるようなそんな音だったり。上手く言えないんですけど肌に
色々感じる音世界でした。いいなぁ。そして宮本さんのベースやっぱり好き。
いつも聞いてるバンドサウンドとは逸脱した変化球の三種三様の音世界を
存分に堪能しました。ナニワアンビエントは定期的に開催されているので
また機会があったら面白い音に出会いに行きたいなー。
いい気分で火影を後にし心斎橋駅前で見上げた大丸はこの夜も美しかった。
演者の皆さま素敵な夜を有難うございます。ほんで平日にこのような時間を
与えて下さる心優しき家族の皆様には感謝。1月はあと2本続きます♪

※写真は「OKAHASHI NOBUHIRO + 石上加寿也 + 宮本隆」青紫の照明綺麗でした。
posted by menchan at 18:29| Comment(0) | ライブ

2020年01月21日

2020年1月18日ハレンチ企画「二人羽織」@戦国大統領へ行ってきました。

DSC09235.jpg

2020年1月18日ハレンチ企画「二人羽織」@戦国大統領へ行ってきました。
実は出演バンドのうちハレンチのみ前情報なしでしてヒミツノコウドウは
噂が回って来てたのである程度予習してて音源買おうと意気込んでました。
企画者のハレンチって一体何者やねんと思いつつ特に下調べもせず戦国へ。
少し早めに着いてバーカウンターへ向かうとなんとそこにはセーラ―服姿の
セーラー服を脱がさないでのセーラー服と機関銃のダノクラのベースの方が
いらっしゃるじゃあーりませんか!なんでー何やってるんですか?と尋問
するとハレンチで六弦ベースを弾くとの情報が!うっそー私この人のベース
めちゃ好きやん!そして本日の戦国PAは鬼塚さんとのことで強烈に盛上る
爆音nightが確約されたのでありました。15分押しでキターハレンチ!!
いやー凄い変態ツーピースやわ。恰好も可笑しいけど変態やけど音が変態的
に天才。ダノクラでもその力量はいかんなく発揮されてて只者ではないと
思ってましたが6弦ベースの変態プレイ凄かった。なんて形容して良いか
分からない説明つけがたい、いやでもこんなプレイできる人そうおらんと
いうのは分かる。そやのにあの格好やし→しつこいw前歯1本ないしおっぱい
あるし、笑顔がめっちゃ可愛いし。そりゃ人気あるのもわかる!最高!
途中で五臓六腑の由美さんも血塗りのセーラーで乱入してその由美さんの
アクトが神懸ったカッコよさやったんです!惚れました。すぐ惚れるwww
五臓六腑はずっとライブを見に行きたいと思ってましたが日程が合わずで
しかしこの由美さんのアクトに惚れて2/29ベアーズ行を決めちゃいました。
東京からクロメ、これも気になってたバンドでもちろんダノクラも一緒に!
日中仕事なんですが早めに切上げてスタート間に合うように参ります。
2バンド目「KTB」一昨年のトラで行われたRING TWO PEOPLEで見たことが
あるのですが今回はドラムレスでなんとベースオンリーで舞台。どうなるか
思たんですがとてもひとりとは思えん音世界でした。途中で宇宙みたいな
ブワーって音も。あれなぁに?多彩な音世界でめっちゃ楽しかったです。
出演出来なかったドラムの方が最前で観客として一緒にライブを作ってる
のもメイクドラマで写真はそのお二人。良い感じです。
3バンド目「the booing battle of bounds」去年2月の結成から見てますが
9月末くらいから徐々に変化が見え始め11月のREBELSで覚醒。12月で脱皮。
何か心のタカが取れたというか自制してたものがライブで弾けたというか
ライブ写真を時系列に追いかけてみて見てもその変遷は一目瞭然でして。
そやからヲタやめれないんですよねーあっ年末に作ったREBELSでの演奏を
サクッと纏めたヲタビデオの出来が良かったのでライブ前に奉納ミッション
コンプリート。オフステージはお二人ともめちゃ気さくなエエ人ですが、
もうステージは痺れるな。というか痺れるええステージになってきたと
思います。元々タイセィさんの出す音に惚れまくってるのであの凶悪な
音さえ聞けたらなんでもええんですがそこにぐっさまのパンチの聞いた
ドラムが乗って音自体は最高なんです!がしかしステージアクトがなんだか
ガチガチやった・・・今までは!ですよ!見初めて丁度1年か・・・・
この変化になんだか勝手にムネアツ。ファンも結構増えてきていてアカン
私のbbbが見つかってしまうと嬉しい叫び。もう大丈夫ですね!
去年ミニアルバムを出されましたが欲張ると今年はフルアルバム欲しいな。
ええ曲いっぱいあるからなーまだ名もなき新曲もカッコ良かった!そして
リズミカルなロックの王道見たいなんもええけれどもbbbにはもっと黒い
ドス黒い心の渦を描き切るような毒を持った大作を期待しております。
4バンド目「ヒミツノコウドウ」フロム香川。やっと見れたました!!
結構関西来てくれてんのやけどなかなか日程合わず楽しみにしてました。
ドス黒い深く重い音に土着的な太鼓がもろ好みなやつ。それでいて時に
ホーリーな領域に持って行く。音源もゲットでミッションコンプリート♪
1500円でたくさん入ってるので心して聞きます。
5バンド目ラスト「TSUKAMARO」もうあのお二人は人間ではないと思います。
ライブほんまスゴすぎた!特に戦国のトリで見るTSUKAMAROは異次元の盛り
上がりぶり。何なんやろ?この高ぶる高揚感に気持ちがブワーってなって
毎回悲しくないのに泣きます。戦国が揺れる揺れる。あの会場に居た皆が
TSUKAMAROの音を欲しその欲望に神掛かった演奏で満面の笑顔で答える二人。
急にテンポが速くなったり光が差し込むような美しい音色だったりでもまた
激しくヘビィーな一本筋の通ったロックだったりで。全部ある、TSUKAMARO。
文句なしに揺さぶられる、心の泉をぐわってされる。全部裸にされる感じ。
あの場にいた人みんなそう思ってる言うんが熱気で存分に伝わりました。
戦国大統領最高。二人羽織、素晴らしい企画。さすがは尼崎の星ハレンチ♪
二人羽織@戦国大統領、さいっこう!でした!5バンド全部よかった!
こんな熱い夜は戦国でしかない!こういう夜に会えるからライブやめれない!
バンドも音もめちゃええし、オーディエンスも熱くて人もみんな優しい!
めっちゃ盛り上がるのに飛ばされるなどの危険を感じたことがない!戦国、
なんて素敵な箱なの?戦国の愛ある会場も、熱く優しいオーディエンスも、
全身で感じるラフな重低音も、最高の演者も200%オーバーな夜でした。
もうあのライブ空間に叶うものはないと思います。あの夜の全てに感謝♪
今月はあと3本続きます・・・ブッチぎりで楽しむ!
posted by menchan at 20:53| Comment(0) | ライブ